津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■この監物殿は誰?

2017-03-13 08:47:28 | オークション

                                        長岡監物より有吉将監殿へ・口上之覚・私妹溝口蔵人0後妻縁組・・・少し虫喰い

                 長岡監物より有吉将監殿へ・口上之覚・私妹溝口蔵人0後妻縁組・・・少し虫喰い

                                             口上之覚
                   私妹溝口蔵人と
                   後妻縁組仕度奉存候
                    以上
                   六月    長岡監物
                   有吉将監殿 

 米田家の当主は代々監物を名乗る。この監物殿は何方?
溝口家も代々蔵人を名乗るからなかなか難儀であるが、ヒントは監物殿の妹が溝口蔵人に嫁ぐ(後妻)ということ。
この書状には付け紙があり、溝口氏の名が書かれていて貞幹(さだとも)とある。天保九年のことらしい。
監物についても「細川藩・主要家臣系図」を見ると、米田是豪の妹に「溝口貞幹嫁」とあつてこれにて一件落着。
姉妹が沼田延裕、清水勝茲、田中氏庸、平野長因にそれぞれ嫁いでいる。華麗なる姻戚関係である。

溝口家は小笠原秀政の七男・政房が家臣・溝口美作貞康の養子となり、その子政登が承応元年に肥後に罷越して細川家家臣となった。
政房の兄は豊前小倉藩主・小笠原忠眞、杵築藩主・小笠原忠知、姉が細川忠利室である。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■米田家と宇佐大神宮大宮司・... | トップ | ■九州の小笠原(秀政)一族 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オークション」カテゴリの最新記事