津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■職五朗様江祝儀

2017-04-24 09:28:09 | オークション

                                                  職五朗様江御祝儀・あと読めず、38cmx15.6cm

 最近連戦連敗のヤフオク、運よく21日に落札したのが「職五朗様江祝儀・あと読めず‥」という文書。
以下に度支彙函から職五郎に関わる記述を抜粋してみたが、上記文書の「祝儀」とは如何なるものか、文書の到着が待たれる。


■職五郎(ヨリゴロウ、茲詮)齊茲三男、寛政八年九月晦日に江戸で生まれた。文政元年四月十九日没、23歳。生母は山科氏女・正操院

   (享和二年并文化元年、細川和泉守立之仮養子となる)

   一、(文化二年)職五郎様四月六日江府被成御發途候段申來候、此許御着之上所々御出之節、士席以上於途中御行列ニ参り懸り
      候節ハ、左ニ片付鑓ヲ伏せ被扣居御時宜可被仕候
   一、軽輩・陪臣下々共避候ニ不及、参り懸りニ平伏仕罷在候儀不苦候
   一、門前御通り之節、形儀手桶等指出候ニ不及候
     右之通被相心得、組々えも可被達候、以上
        五月八日                     奉行所

   一、(文化六年)來ル九日職五郎様三丁目御屋敷え御移徏之筈候、右御門前御塀内は御屋敷内同前之場形ニ付、下馬可仕候、
     尤家来末々迄堅可被申付候、此段觸之面々へも可被達候、以上
        二月朔日                     奉行所

   一、(文化九年)職五郎様、當春被成御出府筈ニて、此段御用番松平伊豆守え御届之御書付、舊臘十一日被遊御差出候處、無御
      滞被成御受取候段申來奉恐悦候、依之來月三日御發途之筈ニ候、此段觸之面々えも知せ置可申旨、御用番被申聞候條、
      已下同断
        文化九申正月廿一日                御奉行中

   一、職五郎様(文政元年)先月二日夕より少御腹痛御熱候も被成御座、同八日より御両足御■(馬ニ夫)上御浮氣被為見、其後御
     食事も御乏敷御出来不出来ニ被為在候處、次第ニ御容躰被差重御療養務御叶、同十九日巳刻御死去之段御到来有之恐入
     候、依之御國中諸事穏便ニ相心得、繕作事は明後日迄被相止候、此段觸支配方えも可被相觸候、以上
        文政元寅五月朔日                 奉行所 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■冥途の土産 | トップ | ■苦蒼蠅、責蚤蚊 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オークション」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。