真正中学・真正ジュニアソフトテニスクラブ

活動や大会結果などを随時更新

過去は思いのままにやってくる

2017-01-25 23:05:30 | 練習日記
 「過去と友達の気持ちは変えられない。変えられるのは自分の気持ちと未来である。何かを変えたいと思えば、まず自分が変わることである。」子供達にこう話すことが多い。未来志向で自己の責任を明確にして生きることが、大切と考えるからである。

 未来の夢を語ることが多い反面、自分の中で、過去を上手く表現する言葉を持っていなかった。ある本に「過ぎ去った時間は戻ってこない。しかし、過去は呼び戻せばいつでも思いのままにやってくる。過去にこそ、自分の姿が集積されており、これに光を当てて、姿勢を修正し、明日の生き方を探る。これを経験を活かした生き方という。」と書いてあった。

 「過去は、いつでも思いのままにやってくる。」という部分に共感した。確かに、過去は嫌なことも嬉しいことも走馬灯のように雑多に思い出される。過去の歳月を検証し、生きる姿勢を考え修正し、残りの人生を味わって生きたい。歳も重ねてきたこともあり、未来より過去の方が長いのだから、先人の知恵を活かして生きたいと思う。

 しかし、子供達には、未来の方が遥かに長いのだから、今まで通り「過去と友達の気持ちは変えられない。変えられるのは自分と未来である。」と言い続けていく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐南ドームの女子ミズノカップ | トップ | 1/29岐南ドームの男子ミズノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む