真正中学・真正ジュニアソフトテニスクラブ

活動や大会結果などを随時更新

4/23小学生県大会

2017-04-23 19:56:53 | 大会結果
 4/23土岐総合運動公園で開催された小学生県大会に男子6ペア、女子1ペアが参加した。

【男子】
 1位:長谷川・小木曽(多治見)、2位:大前・工藤(泉)、3位:安立・中村(関)、樋口・廣岡(大垣)
 5位:森・糟谷(多治見)、黒木・松尾(大翔会)、錦見・高橋(池田)、吉田・松本(瑞穂・関)

【女子】
 1位:若子・鈴木(多治見)、2位:榎本・上野(岐南)、3位:廣瀬・高木(瑞穂)、桒原④・錦見④(池田)
 5位:愛甲・諸戸⑤(大垣)、川田・長谷川(瑞穂・岐南)、林田⑤・大野⑤(池田)、大塩・山田(多治見)

 県大会ベスト8からが本当のテニスの試合であると思っている。リーグやトーナメント1回戦は、まだ始めたばかり選手がいたり、練習量の少ない選手がいたりして、ミスの多い試合である。しかし、ベスト8からはミスはグッと減り、ポイントの取り合いの面白い試合になる。

 消滅の危機を乗り越え復活して2年が立つが、上位ペアには真正の名前はない。他のクラブの方から見たら、まだテニスをしているとは認めてもらえないと思う。選手への最後の話は当然厳しいものになる。

 しかし、個人的は全ペアが最下位脱出し、リーグ1位が4ペア、ベスト16に3ペアであり、良く頑張ったと思う。何より嬉しかったのは各ペア共、声出して元気出して精一杯やってくれたこと。勝つか負けるかではなく、精一杯やったかどうかが、私の評価基準であるので、ベンチに入っていても楽しかった。自分の中では、昔の真正が60%位復活したような感じがした。

 過去、1人を除いて辞めてしまった事件以来、その理由が不明で悩むことが多く、思いっきりできないのであるが、時代も変わったのだから、心新たに、最近の真正のキャッチフレーズ、「元気2倍、声2倍、笑顔3倍」で、地元練習中心に選手を鍛えて行こうと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 救世主登場初日 | トップ | 長時間労働 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大会結果」カテゴリの最新記事