石川県新生活運動協議会・石川県生活学校連絡会~~~あしたのまち・くらしづくり~~~

〒921-8105
 石川県金沢市平和町1丁目3番1号 石川県平和町庁舎内
 電話・FAX 076-245-6581

平成29年度野々市生活学校総会開催される!

2017-04-20 11:31:10 | 日記
平成29年4月19日(水)13:30~15:30 野々市市中央公民館 第4会議室

虎井会長あいさつ

来賓あいさつ 生涯学習係長           板尾朋代氏
       石川県新生活運動協議会 事務局長 林 貴江氏
       補佐メンバー           竹内雅則氏

議事
 平成28年度事業報告
 平成28年度決算報告・会計監査報告
 平成29年度事業計画(案)について
 平成29年度会計予算(案)について
 その他 4月26日(水)よもぎ摘み
     5月11日(木)市各女連総会
     6月13日(火)ふる里の味めぐり
     6月28日(水)日帰り研修
     5月10日(水)定例会



講演「野々市市のゴミの現状とこれから」
講師 野々市市総務部環境安全課 環境衛生係長 中田清司氏
   野々市市総務部環境安全課 主事     中村洋一氏



説明をしている中村さん↑

 一般廃棄物処理基本計画(平成23年度~33年度)
   目標 住民一人1日あたりの排出量(資源収集を除く)を平成21年度に比較して
      20%減量させ、リサイクルを25%とする

 27年度現状  一人1日当たり 約460g(平成21年度 480g 4%減)
         リサイクル率16%(平成21年度 20%)
 
 28年度ゴミ質調査結果より
         一般ごみ 73.9%
         紙類   13.6%
         布類    8.7%
         容プラ   2.2%
         びん    0.5%
         缶     0.4%
         燃えないゴミ0.7%    約25%が資源ごみ→分別の徹底によりごみ量削減が可能

 ごみ処理費用  収集運搬にかかる費用は約1億3500万円(委託料)
         ごみ処理のために広域事務組合等に支払っている費用 約3億700万円
         合計で約4億4200万円(一人当たりの負担は約8000年/年)
 
 今後ゴミを減らすための方法

質問 金沢市がごみ有料化になると、金沢市と隣り合わせの地区のごみが増えないか心配
回答 現在、ごみ量を調査、蓄積している。対応策を市で検討中



***********************************************

今年は、HABテレビと北陸中日新聞が取材にきていた。
当日午後5時36分からのJチャンネルで放送された。
翌日、北陸中日新聞に記事が掲載されるなど、今年の総会は啓発校下が大きいものとなった。

古くて新しい課題、ゴミ減量に取り組んで40年近くになる野々市生活学校
生ゴミの減量にとボカシを制作販売。ボカシの効果を実験する「実習田」で野菜をつくり
学校給食へ供給したり、野菜の加工品を市のイベントで販売したりするなどしている。

開かれた活動を目指してきた野々市生活学校だが、
 (遊びの伝承、もちつき、じゃがいも掘り、米粉でおやつ作りなど)
メンバーが高齢化する中、作業が困難になりつつある。
一緒に活動してくれる方を募集中だ!!

食品ロス削減に向け、フードドライブも昨年に引き続き行っていく予定だそうだ!

*************************************************
         
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜこんなに桜に心躍るのか?! | トップ | 平成29年度宇ノ気生活学校... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。