札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

尼さんシンガーソングライター やなせななさんのお寺コンサートに行ってきました

2013-03-24 17:17:17 | 音楽
[やなせなな] ブログ村キーワード
2011年の11月11日、「シンガーソングライターで尼さん」↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=3948436
昨年1月13日、「歌う尼さん ラジオ番組再放送」↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=4100927
そして昨年の9月10日と、「尼さんシンガーソングライター ラジオ出演」↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=4516369
↑に紹介した、浄土真宗本願寺派、歌う尼さん住職の、やなせななさん
http://www.yanasenana.net/
↑が3月20日に札幌でお寺コンサートをすることをここから↓
http://www.yanasenana.net/schedule
↑前の日に知り、早速行ってきました。
会場は、曹洞宗浄国寺(札幌市西区山の手1条12丁目)↓
http://www.joukoku-ji.jp/
↑です。
彼岸の法要の後、午後2時から1時間15分ほど、「震災復興チャリティーコンサート」として行われたようです。
以前にも書いたように、彼女のことを知ったのは、2011年10月16日だったか、NHKラジオ第2放送の「宗教の時間」↓
http://www.nhk.or.jp/program/kokoro/
↑を聴いていた時でした。
その番組を聴いていて、彼女のお話と歌に何か引かれるものを感じたのでした。
普段ハードロック・ヘビーメタルを聴いていて、以前はアマチュアバンドでギターを弾いていたりして、そんなクリスチャンの私がやなせさんの歌に聴き入ってしまうことは、なんだか似合わないですかね。(笑)
その後検索すると、彼女のホームページ、そしてTwitterを見つけフォローさせていただきました。
それからTwitter上で、何度か彼女とやり取りをさせていただいてます。
そのコンサートの前の日にも、Twitterにおいて、コンサートに行かせていただくことを、彼女に伝えておきました。
そして場所を確認する意味でも、コンサートの会場となる寺院に電話しました。
そのついでに、
「コンサートに普段着で伺ったら浮いてしまいますかね?」
と聞いてみると、
「派手でなければ大丈夫ですよ・・・・」
とのことでした。
これは普段私が冬場外出時に着ている、ピンが着いた皮ジャンで行く訳にはいかないなと、一人で苦笑いでした。(笑)
もちろんそもそも最初から、そんな気はなかったのですが・・・・。
ということで、ジャケットにコートを羽織っていくことにしました。
山の手地域方面は私としては殆ど行くことがなく、雪道でもあるし、また寺院となると多くの場合敷地が広く、入り口が通りに直接面していることは少ないことが想像されるし、ましてその日は雪も降ったりやんだりで、やはり全盲の自分としては、そのことから地下鉄28丁目駅からタクシーで行くことにしました。
会場の浄国寺には時間に余裕を持って行ったので、午後1時半過ぎに着いたかと思います。
玄関先で靴を脱ぐようになってましたが、寺院の関係者と思われる年配のご婦人が、ちょっとしてからそこに出て来られて、私は彼女にコンサートに着たことを告げました。
コンサートが始まるまでロビーで待たせていただき、その後コンサート会場となる本堂に案内していただきました。
私としても以前勤めていた時は、仕事で何度か寺院に行ったことがありましたが、それだけになんとなく新鮮な感じもしました。
そしていよいよコンサートが始まりました。
カラオケの演奏にあわせてやっていて、歌もマイクを通しているので、最初正直ステージがどちらの方向にあるのか、全盲の私には分かりにくかったのですが、MCの途中何度かマイクを通さないで声を出していることがあり、それで分かったというところでした。
歌とともに、映像を交えながら、震災ボランティアのこととか、やなせさんが大病を患った時の経験などから、いわゆる仏教で言う説法となるのでしょうか、話されてました。
歌と共に、尼さんのありがたいお話を聞けたというのも、クリスチャンの自分にとっては、これまた新鮮な感じでした。
コンサートは1時間15分ほどでしたか、帰り際、やなせさんの最新アルバム「春の雪」のCD、そして、震災に対しての募金にもなる「まけないタオル」(詳しくはこちら)↓
http://www.yanasenana.net/makenai/
http://www.youtube.com/watch?v=kJhadSWD3oU
↑を買わせていただきました。
私は当然部外者ですので、ここで帰るとするところなんですが、係りの方にCDにサインしていただいてはと言っていただき、その際私の名前を伝えると、前の日Twitterでやり取りしたこともあり、やなせさんは私に気付いてくださり、ご挨拶することが出来、そして握手までしていただきました。
本当にありがとうございました。
また、視覚障害者で全盲である私を案内していただいた、浄国寺の係りの方に対して、お礼申し上げます。
さらに、クリスチャンである私を受け入れてくださり、ありがとうございます。
(実際その場では私がクリスチャンであることを、わざわざ伝えた訳ではないですけどね。)
さて、クリスチャンである私がこのようにお寺コンサート、つまり他宗教の施設に行ったことに対して、原理主義キリスト教徒は意義を唱えることでしょう。
それに対する私の考えは、また改めて書かせていただきます。
あしからず、私は原理主義者ではないもので・・・・。
 追記: 私の勝手な感覚で書いたものだけでなく、やなせさんご自身のブログをあわせて読まれると、この日の様子がよく分かるかと思います。↓
http://nanayanase.blog113.fc2.com/blog-entry-745.html
↑会場の写真もノセテおられますので、どうぞご参考にして下さい。
にほんブログ村 札幌情報




この記事をはてなブックマークに追加

セブンスデー・アドベンティスト改革運動の番組

2013-03-17 15:59:59 | キリスト教
以前2010.12.10で触れたのですが、↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=3331419
↑1995年頃、短波ラジオで「World Harvest Radio(WHR)」↓
http://www.whr.org/
↑という、アメリカのキリスト教放送を聴いてました。
今ではインターネットでも聴くことが出来ます。↓
http://www.leseanet.com/stations/dsp_home.cfm
↑こちらから入った方が、見つけやすいかと思います。
殆どが英語なのですが、曜日は忘れましたが、確か当時は朝日本時間の7時頃だったか、いきなり日本語の番組が始まりました。
日本語ではあるものの、なんせ激しいフェイディンクとノイズの中聴いてたので、それほど内容が理解出来ませんでした。
ただ、健康に関する事もけっこう触れていたりして、セブンスデー・アドベンティスト教会(SDA)と関係ある番組ではないかと思いました。
ここまでは以前書いた時に触れましたが、そこのコメントに、油公さんが書き込みしてくれまして、これはSDAの主流派とは別の「SDA改革運動」の教会の関係者が行っている番組とのことでした。
油公さんのコメントをそのまま引用しますと、
「WHRの日本語放送を短波で聴いたことが有ります。その放送の信仰的背景を尋ねたことが有りましたが、そのグループは「SDA改革運動」とのことでした。本来のSDAの有り方に立ち戻ろうとして、SDAから離脱して出来たものらしいです。SDAよりセクト性がかなり強いようです。」
とのことです。
さらにその後のコメントも引用させていただきますが、
「律法のある部分を取り出して、それにこだわって、他のキリスト教を排斥しているというのが実情です。ぶよを濾し出してラクダを飲み込んでいるわけです。貰ったテープを、忍耐して最後まで聴いたのですが、何か小さいこと(詳細は忘れてしまった)でSDAと対立して離脱してしまったようです。彼らにとっては、聖書そのものより、忠実なSDAである(という自負が持てる)かどうかの方が重要なのだという印象を受けました。
あるとき、クリスマスを批判する放送をやっていて、「サンタはサタンだ」と言っていたのを記憶しています。クリスマスを否定できれば、全てのキリスト教を足元に置いて、自分だけ頂点に立つ事が出来ますから。」
とのことです。
確かにクリスマスシーズンに聴いた時、「サンタはサタン」と言ってました。
日本語の「サタン」の「ン」と「タ」を入れ替えたりして「サタン」だとか、英語でも「Santa」の「N」を末尾に持っていくと「Satan」になるなどというように、言葉遊びまでして、サンタをサタンに仕立て上げていました。
このようなキリスト教の一派もあるんだなと思わされましたが、やはりしょっちゅう聴いていると飽きてしまいますね。
番組内容も、なんだか以前の番組を使い回ししているような印象も受けます。
ただ、健康に関係する話などは、私がよく書いている事とけっこう近い感じです。
まぁ、その意味では私としても、けっこう参考にはなります。
番組の時間帯は、9930キロヘルツで、火曜日木曜日、日本時間の午後9時から、土曜日午後5時から、「主の来臨に備えて」という番組名でしています。
インターネットでは↓
http://www.leseanet.com/stations/dsp_home.cfm
↑ここの「Angel 3」です。
日曜日も午後2時から、冬は15610キロヘルツで、夏は13650キロヘルツで、「聴けると思います」なんて言ってましたが、少なくともインターネットでは、以前書いた2010年の12月にはすでにこの時間帯に行ってはいませんでした。
その番組をしている団体のHPは↓
http://namihira.org
↑で、アメリカミシシッピー在住の日本人信者のようです。
にほんブログ村 キリスト教


「お小遣い稼ぎならGetMoney!」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TPPに関して自分勝手な一言

2013-03-16 19:26:00 | 時事ネタ・その他社会
TPPを支持するという意味ではありませんが、日本がTPPに参加したとして、私が普段食べている、北竜町の佐藤さんが作っている無農薬の玄米である「ゆきひかり」(5キロ2700円)、
少なくともこの米に関しては影響はないものと、勝手な想像をしています。
だからとてそれでいいとかとは、けして思ってはいませんが・・・・・。
その他、玄米ご飯を炊くのに、十勝地方で作られている無農薬のアズキを混ぜて炊いています。
また、味噌・醤油・豆腐・納豆などの大豆製品も、極力北海道産の大豆から作られている物を、普段食べています。
これらもTPPの影響は少ないのではと、思ってます。
上にも書いたようにもう一度強調しますが、だからとてそれでいいとかとは、けして思ってはいません。
私としても複雑な思いですが、勝手ながらTPPに対する思いを自分勝手だと感じつつも書いてみました。
にほんブログ村 札幌情報






この記事をはてなブックマークに追加

研究会活動も豪雪で欠席者が

2013-03-11 17:34:56 | その他
一昨日から昨日にかけて、ここ北海道全域が豪雪でした。
昨日、私が今年から支部長を勤める、経絡治療による鍼灸の研究団体である、東洋はり医学会札幌支部↓
http://toyohari.web.fc2.com/
↑の例会におきましても、JRが運休したりで、欠席者が何時もよりも多いという感じでした。
「今日は出席出来ない」ということで、朝から私の携帯に、電話やメールが何時もになく多かったです。
私は市内の中心部に近い所に住んでいますし、地下鉄11丁目駅まではバスに乗って行くにしても、バスの本数は比較的多いので、それほど支障はありませんでした。
それはそれとしても、学生二人を含む聴講者が、四人参加されました。
いずれにしても、うろ覚えではありますが、札幌で3月に130センチの積雪があるのは、67年ぶりだとからしいです。
降雪量も確かに例年より多いには違いないのですが、気温がプラスになる日が殆どなかっただけに、解けずに積雪量が増えるということらしいです。
にほんブログ村 鍼灸(はり・きゅう)


北海道十勝から有機野菜とこだわり食材をお届け

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加