札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

大豆は肉に匹敵するほどの蛋白源らしい

2012-03-27 18:32:10 | 医療・健康
この前の日曜日、ごろごろしながらNHKラジオ第二放送を聴いてました。
13時20分からの「こころをよむ」という番組で、このところシリーズで私の関心在る内容だけに、用事がない時は聴いてます。
一応HP↓
http://www.nhk.or.jp/r2bunka/kokoro/1201.html
↑から引用しますと、
 
2012年1月~3月の放送予定
テーマ :「食べるということ ~ 民族と食の文化~」
講師 : 小泉武夫(東京農業大学名誉教授)
「食文化は国の歴史であり、財産である」という小泉氏が、日本人の食の変化(伝統食を口にする回数が減ったことや、噛む回数が減ったことなど)とともに変わってきた日本人の心について語る。例えば、集中力がなくなった・キレやすくなった・・・など、近年、着目されている心の問題にはミネラル不足という食の問題も関係しているという。実際、小泉氏の研究によれば、昭和の初め頃と現代の食事を比べた場合、海藻などのミネラルの摂取量は4分の1ほどに下がっており、一方、肉などの動物性タンパク質の摂取量は4倍に上がっているという。
そこで今回は、この身近な「食」から「心」を考えたい。出演は日本全国の食はもちろん、世界の食にも造詣が深い小泉氏で、様々な角度から日本人の食生活を再考して頂く。そして、特に伝統食に込められた知恵や工夫、健康を促す力を見直すとともに奥深い日本食の世界を、ひいては日本人の本質を考えたい。
<内容>
◆食育の先に見えるもの
食育は知育・徳育・体育の土台であり、子供だけの問題ではない。変わり行く社会情勢に翻弄されがちな大人にも大切な「心づくり」を踏まえた食育を通して、心豊かな暮らしと長寿を考える。
◆心をつくる食事学
古くから日本人が親しんで来た食は、根菜・菜っ葉・青果(果物)・山菜・豆・海藻・米(麦)・魚などである。これらの摂取バランスが大きく変化した戦前と戦後の比較などから食と心を考える。 
(↑以上、HPからの引用です。)

ということで、今回は「大豆を食べよう」と題して、話されてました。
その中で印象に残っていることとして、大豆は肉類に匹敵するほどの蛋白質を含んでいるということで、昔は味噌汁に豆腐と引き割り納豆を入れていたということでした。
ごろごろしながら聴いていて、さらに少々居眠りしていたこともあり、蛋白質の割合も話していたので、あまり自身がないです。
確か、大豆に肉と同じ割合に水分があると仮定して、牛肉が16パーセントで、大豆が14パーセントの蛋白質が含まれているだったかな・・・・???
あまり当てにしないで下さいね。(笑)
いずれにしても、牛肉よりちょっと少ない程度ですね。
ちなみに、今日の私の昼食は、前にも触れた「煮干出汁の自家製インスタント味噌汁」↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=4194689
↑にとろろ昆布を入れ、玄米ご飯に納豆です。
納豆は道産大豆です。
味噌汁の味噌は道産ではないものの、国産大豆には違いありません。
無添加です。
とろろ昆布は国産昆布とは表示してあるようですが、具体的に産地を表示してもらいたいものですね。
玄米は、ここ札幌から北西の方に車で2時間ほどのところにある、北竜町産の無農薬ユキヒカリです。
と、実は味噌汁にとろろ昆布を入れすぎてしまい、とろろ昆布の味が強くなり、もう少しきちんと味噌汁本来の味を味わいたいと思いました。(笑)
なんだかまたくだらないと思いつつも、私の昼飯を書いてしまいました。
一応、今日は比較的質素な昼飯だと思ってはいるのですが、いろいろな意味で、質素ではないと言う人もいたりして・・・・。(笑)
にほんブログ村 鍼灸(はり・きゅう)











この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ領事を交えての洋楽カラオケ大会

2012-03-21 15:23:45 | 国際交流
昨年の12月7日に書いた、札幌在住のアメリカ領事が主催する、気軽な英会話の集まり↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=4037611
↑に参加してきました。
最近は、といっても今回私は4回目の参加ですが、自分より英語が話せる人ばかりで、会話に付いていくことが少々大変だったりしてますが、これを乗り越えないとという思い出、他の人に迷惑かけているとは思いつつ、頑張っています。
今回はその後に、カラオケボックスに移動して、洋楽カラオケ大会です。
といっても、私も入れて4人の参加でした。
少人数で2時間やってましたので、順番が回ってくるのが早くて、自分が歌える洋楽のネタが切れてしまいました。
ましてや、私がきちんと歌詞を覚えている曲は、ある程度限られます。
また今回は、英語を分かっている人達の集まりでもありますから、うろ覚えでいる歌詞で適当に歌っててもと思い、何曲かはあらかじめ点字に書いて用意して行きました。
英語の歌詞を覚えておくだけでも、英語の上達に繋がりますからね。
そこで今回私が歌った曲です。
Billy Joel「Honesty」↓
http://www.youtube.com/watch?v=xAfKZEp7nQI
↑実はこの曲は、私が中学生の頃、内容を理解することなく、耳で聞こえたとおりに歌ってもいました。
ある程度英語が理解出来るようになってからも、8割り方聞き取れていたのですが、今回改めて歌詞を確認したところ、思っていた単語と違うところもありました。
次は、Rod Stewart「Sailing」↓
http://www.youtube.com/watch?v=FbziF5Oxais
↑Rod Stewart自身のライフスタイルはともかく、これは確か元々ゴスペルで、歌詞の内容はクリスチャン的です。
私はこの歌から、新約聖書の「使徒行伝27章」を思い起こします。
ちなみに、この歌に関しては、完璧に歌詞が頭に入っています。
と、ここまで比較的静かな曲から始めましたが、10数年前はロックバンドをしていた私としては、ついロックボーカリストがやるように、アドリブでメロディーを崩すなど、高い声で歌ったりしてしまいました。(笑)
そして、皆も盛り上がってきたところで、ハードロック系で、BON JOVIの「Runaway」↓
http://www.youtube.com/watch?v=s86K-p089R8&ob=av2e
BON JOVIだと、それほどハードロックを聴かない人、特に今回参加した女性にも比較的受けは悪くはなかったようです。
でも、原曲でしているように、エンディングに近いところで、しっかり1オクターブ高い声で歌いましたけどね。(笑)
そろそろネタ切れかとも思いつつ、かなり歌詞を忘れていましたが、これまたBON JOVIの「She Don't Know Me」↓
http://www.youtube.com/watch?v=6Rp6bxsOVk8
↑この歌詞の内容からして、当時気になっていた女性を思い出しました。(笑)
これもしっかりエンディングの方では、ハイトーンを張り上げました。
これ以上はそれこそネタ切れと思っていましたが、アメリカ人の彼が私がVAN HALENを好きなことを知っていて、VAN HALEN歌わないのかと言われてしまい、「Jump」を歌いました。↓
http://www.youtube.com/watch?v=OgtGrs-9LTI
2コーラス目の歌詞がうろ覚えで、ちょっと失敗でしたが、この曲はけっこう聴いたことあるひとが少なくないようですね。
最後はネタ切れを開き直って、せっかく点字で歌詞カードを用意していたことからも、DEEP PURPLE「Smoke On The Water」↓
http://www.youtube.com/watch?v=arpZ3fCwDEw
↑これでハイトーン張り上げて、シャウトしまくりました。
さらにこのカラオケは気が利いていて、上に上げた音源のように、ライブ版になってました。
カラオケで女性からドン引きされるパターンの一つとして、ハードロック・ヘビーメタルを歌ってシャウトすることというのがありますが、ここまできたら、そんなこと気にしません。(笑)
ちなみに私にとっては今回何十年ぶりかで、アルコールなしでカラオケをしました。
他の人達も歌が上手でありながら、私がしらふでハイトーン張り上げたりシャウトするなど、こんなこと抵抗なく出来るのも、元々ハードロック・ヘビーメタルのバンドをしていたからかもしれませんね。(笑)
そのアメリカ領事の人も、けっこうロックが好きで私と話が合うのですが、ニールバーナーなどのロックも歌ってたものの、私のようにハイトーンを張り上げることは、さすがにしませんでした。
カーペンターズなど、けっこう静かな曲を歌ってましたね。
ということで、英語の歌詞をしっかり覚えておくことも、英語の上達に繋がりますし、楽しみながら英語を勉強出来るので、お薦めです。
あくまでも歌詞を「しっかり覚えておく」ということで、耳に入ってきた音を単に覚えてしまうだけでは、けして英語上達には全くなりません。
そのあたりは勘違いしないで下さい。



にほんブログ村 札幌情報

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

偽預言者 謝罪する

2012-03-12 16:01:59 | 宗教・カルト問題
これまでもこの私のブログにコメント書き込みをしていただいている、アタナシウスさんのブログで知りましたが、↓
http://blogs.yahoo.co.jp/yhwhicxc/archive/2012/03/09
昨年5月20日に書いた、「
明日はキリスト再臨の日(笑)」↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=3668613
5月24日、「世の終わり 2011年5月21日 携挙の日はとっくに過ぎましたが」↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=3676593
10月20日、「
明日10月21日 世の終わりの日(笑)」↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=3955297
↑で紹介した、偽預言者ハロルド・キャンピングが謝罪したそうです。
ベニー・ヒンは、キューバのカストロが1990年代に死ぬとか、イエス・キリストが肉体を伴って現れるなどと、偽予言をしたそうです。
また、ピーター・ワーグナーは、2000年までに日本人クリスチャンが一千万人になると言ってました。
このことは、1997年11月24日に、札幌市南区に在る、北海道青少年会館で行われた集会で、私は彼の目の前で聞いていますし、録音テープも持ってます。
これらの偽預言者も、キャンピングを見習ってもらいたいものです。
(以下、
http://www.christiantoday.co.jp/article/4257.html
からです。)
 
 偽預言者として全米で議論を醸していたキリスト教ラジオ伝道師ハロルド・キャンピング氏(90)は今月に入り、同氏のラジオ局「ファミリーラジオ」番組リスナー向けの手紙上で、同氏によって今後「神の裁きの日」を予言する計画がないことを明言した。さらにラジオのリスナーに対し、これまで間違った予言をしてきたことについて謝罪の意を表した。6日、米クリスチャンポスト(CP)が報じた。
 キャンピング氏は「私たちはすべての創造物は神様の御手に委ねられていることを学んできました。神様は神様の時に従ってこの時代に終わりを告げられるでしょう。それは私たちの時に従って生じるのではないのです。私たちは謙遜になって神様が神様の民に対し、キリストの再臨の時を告げていないこと、さらに神様の民それぞれの肉体の死が訪れる具体的日時もお知らせになられていないことを認識しなければなりません」と述べた。
 キャンピング氏は過去数十年間にわたってキリストの再臨の時と世界の終わりの日が来ることを予言して全米を騒がせてきた。キャンピング氏の最近の予言では昨年5月21日が神の裁きの日であるとされ、米メディアの注目を受けていた。しかしキャンピング氏の予言の日が過ぎ去っても、神の裁きの日は来なかったにも関わらず、これまで予言の過ちを認めず、「裁きの日は肉的な意味合いではなく、霊的な意味合いで生じたのだ」と言い逃れをしていた。さらに昨年10月21日には、キャンピング氏は世界が物理的に崩壊するだろうと予言していたが、この日もまた何事も起こらずに過ぎ去った。
 キャンピング氏とキャンピング氏のラジオ番組「ファミリーラジオ」スタッフは3月に入り、「どんなに真面目で熱心な人も間違いを犯すことがあります。私たちは多くの人々がキリストの再臨の時を知りたいと願っていることを知っています。事実『ファミリーラジオ』ではそのような願いを叶えることに失敗しました。『その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます(マタイ24・36、マルコ13・32)』と聖書に書かれてあることが正しい理解であり、『ファミリーラジオ』の予言は間違いでした。神様の裁きの日は神様の神性なるご計画の中に隠されているのです」と3月の番組リスナー向けの手紙で発表した。
 また昨年5月21日がキリストの再臨の日であると予言していたことについては「不正確であり、罪深い行いであった」と認め、「神様は罪深い雑草でさえも、神様の目的を実現させるために用いられます。ですから神様は私たちの罪さえも、神様が全地に聖書を告げ知らせるご計画のために用いられるでしょう」と発表した。事実、キャンピング氏の偽預言者としての活動は、メディアの注目を受けることによって、世界中の人々が聖書に関心を抱くことに寄与し、聖書の御言葉について今までキリスト教に関心を持たなかった様々な人々によって議論が活性化されることには一定の貢献がなされた。
 しかし「ファミリーラジオ」はそのこと自体がこれまでの予言の過ちの言い訳となるべきではないことも認め、「神様の御前で私たちは震えており、私たちの行ってきた罪深い行為について、謙遜に神様の赦しを求めています。神様がこのような罪さえも赦され、私たちを愛してくださるお方であられることに心より感謝しております」と述べている。
 米国では、未だキャンピング氏の予言に惑わされている同番組のリスナーが存在していることについて、キャンピング氏および「ファミリーラジオ」番組スタッフらは、「これ以上さらなる裁きの日を予言する証拠はどこにもなく、これ以上予言を行う予定はありません。神様は5月21日の裁きの日に対し、ご自身を低くされ、私たちがより聖書の御言葉を熱心に探り求め続ける機会をお与えになられました。神様は聖書の御言葉の中から裁きの日を見出すように促されているのではなく、より信仰的に聖書の御言葉を理解するように促しておられます。私たちは神様の御前に謙遜に裁きの日を待ち続けることで満足しなければなりません。神様が神様の民を安全に導いてくださることに信頼を置かなければなりません。『ファミリーラジオ』番組内では、私たちは今後も神様の導きを模索し続けていきます。福音を宣べ伝える本来の宣教の働きを行い続けることが、神様にとって喜びとなることであるならば、私たちは今後も主の御心を模索する番組を継続し続けなければなりません」と述べている。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

自家製インスタント味噌汁 今度は煮干で

2012-03-06 13:00:00 | 医療・健康
先月14日に「自家製インスタント味噌汁」のことを書きましたが、↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=4161140
↑あの時は昆布の粉末を出汁としましたが、今回煮干でやってみました。
味噌汁何回過分の味噌を容器に入れて、それに何本か適当に煮干を味噌にさして、最低三日以上冷蔵庫の中に置いておくだけです。
これ、なかなかいけます。
精進料理や、完璧な菜食主義者でないのでしたら、やはり動物性の出汁も好むところでしょう。
今回乾物わかめに加え、あらかじめ適当な大きさに切った豆腐を用意して、久しぶりに自分好みの「豆腐とわかめの味噌汁」を飲みました。
やはり、これまでの乾物一種類と違って、何種類か具材があった方が美味しいですね。
今度は煮干と粉末昆布両方をあわせて、やってみようかな。
発酵食品を食べることは、言うまでもなく体に良いことです。
難しく考えるよりも、気軽に簡単に摂取出来るよう、努めたいものです。



にほんブログ村 札幌情報

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

このところパソコンの不具合が続いてましたが

2012-03-03 18:10:00 | その他
前回触れたように、このところパソコンの不具合が続いてました。
私は視覚障害者で全盲ですので、その視覚障害者用の画面を読み上げる、音声読み上げソフトが開いてもすぐ閉じてしまう現象が続きました。
素人ながらの勝手な判断では、セキュリティーが過剰反応していたのではと思います。
ただ、パソコンに疎いだけに、さらに視覚障害者用の音声読み上げソフトが対応出来ないところもあったりで、自分ではどうにも出来ないところもあったりします。
まぁ、音声読み上げソフトにしても、最新のものを使わなければならないのですが、けして安くはないだけに、古いバージョンのままということもあるんですけどね。
パソコンは自作で組み立てたもので、今日このパソコンを世話してくれた人に来ていただいて、おかげさまでなんとか正常に動くようになりました。
感謝です。
考えようによっては、ネット依存症と言われるかもしれませんが、このようにネット上の交流もそうですが、辞書をはじめ、調べ物などもネットに頼っています。
ここ治療室のBGMも、インターネットラジオを流しています。
いろいろとネットに頼っているだけに、パソコンが使えないと、なんだか考えてしまいますね。
それが良いのか悪いのかは別ですが・・・・。
ということで、この数日間、このブログの管理にも支障が出てしまったこともありましたが、ようやくこれまでのように管理が出来るようになりました。
今後ともよろしくお願いします。



にほんブログ村 札幌情報

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加