札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

時鮭

2009-07-17 21:42:07 | 医療・健康
この前、HBC(北海道放送)ラジオの番組のプレゼント応募で、道東産の塩時鮭が当たりました。
一匹そのまま冷凍で送られてきました。
床に新聞紙でも敷いて自分でさばいてみようかとも思いましたが、万能包丁しか持っていないので諦めました。
そこで、近くの行きつけの居酒屋である
「海風山風邪(札幌市中央区南十条西七丁目、新通り市場、TEL:011-531-9931)」
に持って行って、マスターにお願いしました。
その時鮭はおそらく50センチあるかないかの大きさだったかと思います。
16切れほどの切り身が取れました。
その場でお互い味見しました。
あらの部分は自分で料理するのは少々面倒なので、そこの店で使ってもらう事にしました。
その後一月ほどかけて、私の弁当のおかずやおにぎりの中身、そしてビールのつまみなどなどにしました。
美味しかったです。
時鮭はけっこう値がするとと聞いてますが、今年は比較的安いとか・・・・・。
さて、時鮭について↓
http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/Sake_sakana.htm
↑から引用させていただきますと、

>時知らず-鮭の旬である秋以外(春から夏にかけて)に採れるので”時知らず”というのですが、 最近では省略されて単に”時鮭”と呼ばれます。これでは何の事だか分かりませんよね。卵巣・精巣がまだ成熟していず、 身肉に脂があるので大変美味。

という事です。
また、
>ロシア北部の河川の生まれで、回遊中に日本の近海で漁獲されたものと考えられています。
という事で、ロシアで生まれた鮭は、日本近海に回遊して、ロシアの川に帰るようです。
そこで、日本の鮭はどうかというと、前にラジオで聴いたのですが、ベーリング海を通ってアラスカ沖にまで行くそうです。
ですから、ベーリング海やアラスカで時鮭が取れたとすると、それは日本の川で生まれた鮭という事になりますね。
ちなみに、食用上の立場からして、身土不二(シンドフジ)という事が言われていて、地元で取れた物を食べるのが健康に良いとされています。
回遊魚の場合どうなのかと言う人がたまにいますが、船や飛行機で運ばれて着た訳ではなく、魚が自分自身の力で産地に泳いで着た訳ですから、時鮭なら取れた地域で消費するなら、それは身土不二の法則に適っていますし、当然「地産地消」ともなります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12日の東洋はり医学会札幌支部の例会

2009-07-14 07:59:59 | 医療・健康
12日の東洋はり医学会札幌支部の例会は、学生4人と一般鍼灸師一人の聴講の方々が来られました。
その一般鍼灸師の聴講の人ですが、実は当院に治療を受けに来られた方でして、経絡治療に関心があるとの事で、とりあえず今回聴講を薦めました。
このように札幌支部では、随時聴講を受け入れていますので、経絡治療に関心ある鍼灸師、あるいは鍼灸学校の学生でこれを読んでおられる方は、遠慮なく当院に連絡いただければと思います。
今回の例会での治験発表では、二人の会員がパーキンソン病について発表されました。
多くの場合パーキンソン病の患者は、痛みの緩和を求めて鍼灸治療を受けるとの事ですが、痛みの緩和はもちろんの事、病院での治療でなかなか良くならない歩行困難など、その他の動作も良い方向に向かいつつあるとの事を発表されてました。
ただ、患者本人は痛みの緩和ぐらいしか鍼灸治療に求めていない事もあり、薬が効いたのだとと思い込んでいるとの事でした。
まぁ、鍼灸会全体として、「鍼灸は痛みに効く」などと一般的には強調されがちな事もあり、ある意味では仕方が無いのかもしれませんが、経絡治療では痛みのみならずその他の症状にも良い影響を与えている事だという事です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

岡田明三先生に鍼をしていただきました

2009-07-09 09:23:25 | 医療・健康
まず、今回は鍼灸に関する専門用語が含まれていますので、一般の方々はその点ご了承下さい。
また、私は全盲で普段点字を使用している事もあり、経穴(つぼ)名がかな表記である事を、お許しください。

7月5日、北海道高等盲学校付属理療研修センターで、岡田明三先生による講座がありました。↓
http://www.riryo.hokkaido-c.ed.jp/news2009.html
先生は、日本経絡治療学界↓
http://www.tjmed.com/
↑会長で、私が所属する東洋はり医学会↓
http://www.toyohari.net/
↑の本部例会においても、外来講師として講演された事もあります。
経絡治療をはじめ、鍼灸業界では知られた先生で、以前テレビ番組で、石原都知事の主治医として取り上げられた事もあります。
そのような方ですので、札幌で先生のお話が聞け、そして先生の鍼実技を目の前で見る事が出来て、良い講座でした。
その実技の時ですが、模擬患者の希望を三人ほど募っていたのですが、なかなか希望する人がいなかったので、私としては東洋はり医学会の会員として遠慮しなければと思いつつも、最後の三人目の模擬患者に申し出ました。
ベッドに上がる前に、自分が東洋はり医学会である事を先生に伝えると、「東洋はり医学会にも講演などでよばれた事もあるし、いいですよ」と言ってました。
そして、東洋はり医学会の初代会長であられた、故福島弘道先生と岡田先生とのエピソードも幾つか話しておられて、その場の笑いを取ってました。
岡田先生の本治法は、置鍼が中心でした。
私は肺虚という事で、まずうつぶせで左右の背部のユ穴を中心に置鍼、その他左右膀胱経のヒヨウにも置鍼、そして、抜鍼してあおむけで左右のコウサイ・サンインコウに置鍼してました。
以前から思っていた事ですが、本会の本治法からして、首藤傳明先生が「超浅刺」などとあえて言わなくても経絡治療は超浅刺ではないかと考えてました。
しかし、東洋はり医学会のやり方から比べると、岡田先生の本治法はやや深いので、それを思うと首藤先生が「超浅刺」と言う事も、なんとなく分かるような気もしました。
まぁ、岡田先生の本治法が深いと言っても、現代医学に基づく刺激ばりからすれば比べ物にはなりませんが・・・・。
さて、私は猫アレルギーがあって、猫を飼っている家に行くと、喉が痒くなり鼻水が出てきます。
しかし、そこに行く前に自分で本治法をしてから行けば、そのような症状は出ません。
実はその日猫を飼っている家に行く事になっていて、これは自分で鍼をしなければと思いました。
そこでふと思ったのですが、岡田先生に鍼をしていただいてから七時間ほど経っているものの、岡田先生の鍼が効いているのなら、もしかしたら猫アレルギーの症状が出ないかもしれないと考えました。
もちろん症状が出たからといって、岡田先生の鍼が効いていないと考えるつもりはありませんでしたが・・・・。
と、今回は自分で鍼をしないで、いざそこの家に行き、二時間ほど私はそこにいたのですが、何時もの症状が出ませんでした。
これは明らかに岡田先生の鍼が効いていたという事です。
経絡治療を称していても、基本的理論は共通しているものの、それぞれの研究団体で大きく違ったりしますが、それぞれの先生方が臨床成績を上げている訳ですし、違いは違いとして、これまでも私としても他のグループの経絡治療の立場を否定するつもりは全くありませんでした。
とはいえ、私が東洋はり医学会の会員である以上、あくまでも予備知識として知っておく程度である事は言うまでもありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加