札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

最近気になるあるCM

2007-01-21 14:51:57 | 宗教・カルト問題
最近「Power For Living」という団体のテレビCMが、どうも気になっています。
初めてそのCMを聴いた時、プロ野球北海道日本ハムファイターズのヒルマン監督が出ていて、「あれ・・・・これ何のCM?」と思いました。
CMなので何時また流れるかは分りません。
と最近ネットの新聞記事で「Power For Living」という団体の事が取り上げられていました。
もしかしたらあのCMはそれだったのかなあとも思いました。
そんな時、出先にあったテレビから賛美かが聴こえてきました。
それこそ「あれ・・・何の番組・・・?」と思った時、「Power For Living」と聞こえてきました。
とりあえず、ネットにあった記事を、全文紹介しておきます。↓
http://news.livedoor.com/article/detail/2977395/

(以下http://news.livedoor.com/article/detail/2977395/の記事です。)↓
米国発謎の「宗教団体」 日本で大キャンペーン
[J-CASTニュース。]
[米国発謎の「宗教団体」 日本で大キャンペーン。]
「Power For Living」って何者?
「Power For Living」という宗教関係の本を無料提供する、という大キャンペーンが始まっている。有名人を「広告塔」に、テレビのCMや大手新聞の全面広告をバンバン打ち、「いったい何か」と一般人を惑わせている。仕掛けているのは、米国のアーサーS.デモス財団という謎の団体だ。なにせ、本家アメリカのマスコミすら究明できないほどベールに包まれているのだ。
広告に日本ハムのヒルマン監督を起用
「世界中の何百万人もの人生を変えました」という触れ込みの「Power For Living」。この本には「あなたは神様にとって特別な存在です」「人間は誰でも心の中には、神様にどうしても頼らざるを得ない、小さな子供が潜んでいるのです」などということが書かれている。
10億円以上も投入されているという広告は、2007年1月7日から本格的に展開された。北海道日本ハムのヒルマン監督、フィギュアスケートのジャネット・リン元オリンピック選手など4人の有名人を「広告塔」として起用している。
テレビでは、「アメリカの慈善活動非営利団体として設立され世界各国で『Power For Living』を無料配布しています」というテロップが流れ、ヒルマン監督のCMバージョンでは、「私を幸運な男だという人もいる(中略) 少年時代。私が神を信じた時から、どんな試練も苦しいと感じたことはなかった」と語りが入り、申し込みのフリーダイヤルが表示される。ネットで申し込むこともできるが、本を申し込む場合には住所や電話番号という個人情報が財団に渡ることになる。
アーサーS.デモス財団とはいったい何なのか?米国の「タイム」誌が1999年12月8日号で特集した記事によれば、創始者はダイレクトメールを使った個人向けの生命保険、健康保険で大儲けしたアーサーS・デモス氏。設立は1955年となっている。
「我々はカルトではないが、何者であるかは言えない」
1979年にデモス氏がある牧師に「キリスト教の伝道を始めたい」と相談する。しかし、牧師は「宣教師はたくさんいるから、宣教師を支えるカネを持っている人が必要」とアドバイス、これが裏舞台での宗教活動を行うきっかけになった。
タイム誌記者が財団に電話取材すると「我々はカルトではないが、何者であるかは言えない」と言われた。さらに取材を申し込むものの「自分達を広報しないのが伝統だ」というファクスだけが来て、結局は「謎」のまま記事は終わっている。現在はキリスト教保守派(右派)の立場で、中絶反対、ポルノ反対、同性愛反対などの運動を強固に展開。さらに、現ブッシュ大統領の当選にも貢献したとされている。
ブログや掲示板を見ると、CMに不快感を訴えたり、反発する文章ばかりが目に付く。
「なぜ名前と住所が必要なのだ?」
「目的がよくわからないんですよ。本貰ってどうなの?」
「どんな団体かも明かさずにCMするのはキモイ。まあ、正体を隠して活動する連中にろくなのはいないよ」
「キリスト教原理主義とは一言で言うと聖書に畫かれている事は全て正しいとする考え方である(中略)こんな厄介な人達が作ったCMが神の國日本で流れている」
J-CASTニュースは、今回の広告を担当したマッキャンエリクソン日本法人に取材を試みた。
「私どもは何も言えません。Power For Livingのメディアコールセンターに問い合わせてください」
同社広報に電話番号を聞いて電話したところ、
「ここはプレスキットの郵送を受け付けるだけで、質問などに答えられる場所はどこにもありません」
だった。
2007年01月13日18時02分
↑(以上http://news.livedoor.com/article/detail/2977395/の記事です。)

「自分たちはカルトです」なんていう人はまずいないでしょうが、「「どんな団体かも明かさずにCMするのはキモイ。まあ、正体を隠して活動する連中にろくなのはいないよ」と言われてしまう事は、当然ではないかと思います。
Power For LivingのHP↓
http://www.powerforliving.jp/index.html
を読む限りでは、クリスチャンであれば抵抗あるような内容では無いと、私は思います。
しかし、実態がよく分らない団体である事に対して、どうも何かひっかかるものを感じてしまいます。
また、キリスト教保守派の立場からブッシュ大統領の当選にも貢献したなどとなると、政治的に裏が何かあるのではと考えてしまうのは、私だけでしょうか?
CMにもHPにも「キリスト教」という言葉が見当たらないところにも、何かよく理解できないところでもあります。
むしろ、キリスト教の立場である事をはっきりさせたほうが、クリスチャンの人たちからも指示されるのではないでしょうか?

この記事をはてなブックマークに追加

新年会

2007-01-15 11:52:42 | その他
一昨日と昨日と新年会続きでした。
一昨日午後7時からプリンスホテル国際館パミールにおいて、札幌鍼灸マッサージ師会(以下「札鍼会「と略す)の新年会でした。
札鍼会はこれは組合のようなものでして、健康保険を取り扱うために入っているようなものです。
しかし、顧問として国会議員道議会議員市議会議員などの先生方も、招待されていました。
また、上田札幌市長も来られてました。
私の席の隣にはちょうど私の学生時代の恩師の席で、先生は学校で東洋医学概論を教えておられました。
正に私がこの経絡治療の道に進むきっかけになったと言っても過言ではありません。
卒業してから先生にお会いするのは、今回初めてでした。
また、反対の席には、経絡治療の他の会の先生がおられ、良い話が聞けました。
昨日は午後一時から厚生年金会館で、東洋はり医学会札幌支部の総会、そして4時から新年会でした。
私が今のように経絡治療家として、鍼灸専門で開業でき、本当に自分がやりたい仕事に就けている事に対し、札幌支部の先輩の先生方に感謝すると共に、新年会を通じて友愛団結ができたのではないかとつくづく思わされました。
二日間少々飲み過ぎたようにも感じています。
それに、食事は適当で、新年会ではご馳走を美味しくいただきましたが、今日からはきちんと玄米を食べて体調管理しなければなりませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

今朝陸別町の気温はマイナス24℃!!!

2007-01-12 12:45:53 | その他
最近気温の差が激しいですね。
ここ札幌では数日前雨が降り、雪が解けたほどです!!!
しかし、このところはプラスにならない真冬日です。
今朝の札幌の最低気温はマイナス7℃で、この冬最低だったとの事です。
しかし、私の実家が在る道東の足寄郡陸別町では、なんとマイナス24℃で、この冬北海道では最低気温だったそうです!!!
札幌では、せいぜい10年に一度マイナス15℃になるかどうかといったところですが・・・・・。
陸別では、年に何度かマイナス30℃になる事もあります。
確かに、記録的な最低気温となると陸別より下がる町がありますが、その日の最低気温となると、陸別がニュースに出る事が多いようです。
人口は三千人たらずの町ではありますが・・・・。
毎年2月の第一土曜日から日曜日にかけて、「シバレフェスティバル」というのがおこなわれます。
私は札幌に住んでから25年になりますが、私が札幌に住むようになってから行き違いにといった感じで、おこなわれるようになりました。
一晩雪で作ったかまくらの中で、過ごすといったような事もするそうです
最近地球温暖化の事が言われていますが、そうとはいえ、やはり冬は寒い時は寒いですね。
このように、この時期陸別の事が取り上げられるようになると、やはり子供の頃そこで過ごした事が懐かしく思い出されます。
本来私としては、都会より田舎が好きなものですし・・・・。
なお、陸別町ホームページは
http://www.rikubetsu.jp/
です。
先ほど見たら、人口が2956人との事で、三千人切ったんですね!!!
もう2年間実家に帰っていないので、なんだか懐かしくなってきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

玄米餅

2007-01-09 12:56:12 | 医療・健康
久しぶりの書き込みになってしまいました。
ネタが無いからといって、くだらない事ばかり書くのもなんですから・・・・・。(笑)
さて、正月も終わりましたが、餅の話になってしまいます。
「餅」といっても、「玄米餅」の事ですが・・・・。
実は、私が所属する東洋はり医学会のメーリングリストで、私が玄米餅で雑煮を作った話を書きました。
すると、何人かの人が玄米の餅に関心を持ってくれました。
中には、実際に杵と臼で玄米餅をついたという人もいました!!!
やはり玄米だと白米に比べてつくのは大変で、筋肉痛になってしまったそうです!!!
こんな話をMLでしていたのですが、玄米餅は売っているのかと聞かれました。
確かに、自然食品店に売っている事もあるという話は聞いた事がありますが、どこの自然食品店にもあるという訳では無いと思います。
私は札幌から東に1時間ほどの所の北竜(ホクリュウ)町の餅米専門に作っている農家の玄米餅を買っています。
これは減農薬の米でして、農家自ら作って卸している餅で、どこにでも売っている訳ではありません。
私はここ鍼灸ルーム ハピネスから比較的近くに在る「中川米穀店」から買っています。
一袋六切れ入って380円です。
ある程度の量でしたら、市内なら配達してくれますし、札幌以外であれば、送料負担すれば発送してくれると思いますので、購入したいと思われる方のために、この中川米穀店を紹介しておきます。
住所は、札幌市中央区南12条西14町目です。
電話番号は0120-224718
または011-561-4718(品一番)です。
私も食に対してえらそうな事言っている割には、適当な事もあり、時にはインスタントラーメンやカップラーメンも食べる事があります。
そんな時、この玄米餅を入れて食べています。
ちなみに口当たりは、それほど白米の餅と大きく変わりはありません。
若干つぶつぶが感じられるぐらいです。
私も実家にこの玄米餅を送りました。

この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2007-01-01 18:26:31 | インポート
あけましておめでとうございます。
今年もあなた様の健康のために経絡治療に取り組んでまいりますので、昨年同様よろしくお願いします。
昨夜は行き付けの居酒屋で年を越してしまいました。
そこで年越しそばをいただき、年が明けてから持ちこんだ玄米餅で雑煮をマスターにつくってもらいました。
今朝は1日ごろごろしてましたが、朝11時から15時までこちらのコミュニティーラジオ「ラジオカロス札幌」での稲田芳弘さんの特別番組を聴いてました。
内容的にはこれまでの番組とそれほど変わりはありませんが、癌に対する現代医療の問題点をあらためて思わされました。
今日の番組はネットでまだアップされていないようですが、これまでもお伝えしたとおり、今までの番組を聞く事ができますので、感心のある方はじあいネットのHP
http://ji-ai.net/
から入ってみてください。
さて、私はこの正月中はまだ読み残している本を読みたいと思っています。
レイチェル・カーソン著「沈黙の春」(新潮社)は、あと6分の1ほどで読み終わります。
その他、安部司(アベツカサ)著「食品の裏側」(東洋経済新報社)
新谷弘実(シンヤヒロミ)
「病気にならない生き方」(サンマーク出版)
もまだ読んでいません。
明日は札幌バプテスト教会の新年礼拝に行ってきます。
どうぞ、皆さんも良い正月をお過ごしください。
私も人の事は言えませんが、ご馳走の食べ過ぎにはご注意ください。
まぁ、正月ぐらいいいかと思ったりもしてはいますが・・・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加