札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

霊波之光の信者達と接触・7

2016-03-21 21:21:21 | 宗教・カルト問題
(前々回の続きです。)
札幌市厚別区に有る、霊波之光の札幌支部、彼らが教会としている2Fの礼拝堂で、信者の人達と話していた訳ですが、正午からその礼拝堂において、「世界平和のための祈祷」だとかが行われるとの事。
基本的に月曜日以外は、毎日正午に行われている様な事を、言っていた様に記憶してます。
はっきりとは分かりませんが、私の感覚では、100人ぐらいの信者がいた様に思いました。
やはり中高年の女性が多いという感じです。
和太鼓が、
「どん・・・どん・・・どん・・・どん・・どん・・どん・どん、どんどんどんどんどん」
みたいな感じで始まったかと思います。
マイクを通して、男性の司会者が何か言ってはいましたが、もう日が大分経っている事もあり、全く覚えていません。
正直「世界平和のため」といっても、それだけ世界平和に見合わない内容の無い話だった様に思えます。
それから少しして、そこにいた信者が一斉に、
「御守護新様・御守護新様・御守護新様、御守護新様・・・・・・・・・」
と、唱えだしました。
部外者の私にとっては、まぁあまりいい感じがしない事は、ある意味仕方がない事ですね。
そして、なんというか、笑えるというか、よく分からないのですが、「前進しようコール」が始まりました。
つまり、
「前進しよう、前進しよう、前進しよう」
と、一斉に3回ほど声を合わせて言って、最後に
「前進します」という様なものです。
https://www.youtube.com/watch?v=GSieS7U8yv4
こちらは潜入レポートらしいですが、3分ぐらいのところで、その「前進しようコール」を聴く事が出来ます。
まぁ、この潜入レポーターは「自分はアメリカ人カトリック神父だ」みたいに、ふざけた無い様ではあるのですが・・・・・。
そんな感じで、世界平和のための祈祷だとかなんとかが終わったかと思いますが、上にも書いた様に、日にちが大分経っているため、性格には覚えていないため、違うところがあれば、お許しください。
そして、その後少しして、そこをから移動して1Fに降りました。
なんだか、御守護新様の作詞だか作曲だかの演歌調の歌が、館内に流されていました。
ここに着いてから出るまで、
「入ってみてどうでしたか?」
とか、
「参加してみてどうでしたか?」
とかなどなど聞かれましたが、私は単に宗教ウォッチャーとして着ただけだし、答えに少し困りましたが、適当に答えておきました。
「どうして来ようと思いましたか?」
みたいにも聞かれましたが、
「僕は自分の信仰が正しいとか、相手が間違っているとか、相手の信仰否定する様な事をしたくないし、他の宗教の人達の事を知る事も大事だと思ったからですよ・・・・。」
みたいにも答えました。
まぁそれは心底そう思っている事ではありますけどね。
また、
「そこの敷地に入ってから、何か感じるか・・・?」
みたいに聞いてくる様な事もありました。
新宗教・新興宗教に対して偏見で言う訳ではないのですが、正直この種のものは、あまり気持ちのいいものではないのが、私の率直な感覚です。
それは宗教に対して、特にキリスト教に対して良く思わない人がキリスト教の教会に来て、あまりいい心地がしないと言ったとしても、なにも不思議な事ではないのと、同様の事でしょう。
他、強い感じではないものの、私がクリスチャンという事から、キリスト教を否定したげな事をいう人もいましたが、まぁ場所が場所だけに、それは当然の事でしょう。
私も、
「人様の所に来て、キリスト教の講釈するつもりはありませんので・・・・・。」
と、言っておきました。
あと、3月16日の「霊波之光の信者達と接触・5」
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52452809.html
でも書いた様に、一緒に来たAさん、そしてそこで会ったDさん、うんざりするほど何度も彼女達に、祈願を受けろだとか、お札を買えなどなど言われ、私は一銭も金は払わないという断固とした思いで来たので、断りました。
本当にうんざりしました。
相当なストレスだった事も、事実です。
と、また長くなりそうなので、教はこのへんで。
(続く。)


『北海道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オウム真理教のラジオ放送を... | トップ | オバマ米大統領のキューバ訪... »

宗教・カルト問題」カテゴリの最新記事