札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

ナチュラルグループ倒産か・・・???

2011-03-09 16:45:54 | 悪徳商法

にほんブログ村 札幌情報
自然食品店の「アニュー」などを傘下に置く、(株)ナチョラルグループ。↓
http://www.anew.co.jp/
もちろん、非道徳な経営をしている加盟店は一部だとは思いますが、中には、年寄りを集めて「催眠商法」をしている店舗がある事を、よく聞きます。
その他、無店舗型で、マルチ商法の販売形態を取っている「アニューウエル」も、このナチョラルグループの参加でした。
((以下、↓
http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1209088_1588.html
↑からの引用です。)
 
(株)ナチュラルグループ本社
[東京] 健康食品販売
再度の資金ショート / 負債総額 約64億9800万円
TSR企業コード:29-087495-5
 1月31日に資金ショートを起こし、動向が注目されていた(株)ナチュラルグループ本社(品川区東五反田1-11-9、登記上本社:港区芝3-15-5、設立48年7月23日、資本金4億9460万円、橋本幸雄代表ほか1名、従業員140名)は3月1日、債権者向けの説明会を開催した。
 席上、橋本幸雄会長が2月28日に再度の資金ショートを起こしたことを明らかにした。今後は「3月最終週を目処に債権債務を取りまとめ、改めて債権者説明会を開催し報告する」と説明している。現状では法的手続は予定していないという。
 負債は約64億9800万円(平成22年3月期決算ベース)。なお、会社側では「一般債務ほか15億円、未償還のブラジル酵素オーナーシップ(預託金)10億円など」と概要を説明しているが詳細は不明。
 同社は昭和48年7月、(株)ナチュラルウエアーとして設立。自然食品、健康食品を販売し、傘下に代理店を組織して規模を拡大してきた。「アニュー」の店名で直営店及び代理店を全国に350店舗展開(21年7月現在)。無農薬野菜や健康食品などを店舗で宣伝講習販売するほか、会員へのネットワーク販売も行い、平成14年3月期は年商232億9900万円をあげていた。
 その後、効率化を目的に店舗の削減を進めるとともに地域毎に関連会社を設立して店舗を各社に譲渡、年商は72億8600万円(19年3月期)に大きく減少していた。
 22年3月期は年商165億800万円に回復したが、売上の中心だったネットワーク販売が不振で収益が悪化。一方、ブラジルにある農園の設備投資として高利回りの「ブラジル酵素オーナーシップ制度」をスタート、代理店や後援会に資金協力を求めていたが、予定通りに償還が進まず会員や代理店からの信用を失う事態に陥っていた。
 悪化した資金繰りを改善するため、本社ビルを売却したほか、平成22年夏にはネットワーク販売部門を関連会社の(株)ジャパンバイオ研究所へ売却するなど各種リストラを進めていた。しかし、ネットワーク販売部門の売上が無くなり、宣伝講習販売の売上だけで資金繰りは限界に達し、1月31日に資金ショートを起こしていた。
 
(↑引用ここまで。)
 
という事で、今のところ、自然食品店のアニューは営業しているようですが、今後どのような形になるのでしょうか?
3年ちょっと前の事ですが、SNSであるmixiのコミュニティーで、札幌市内でマクロビオティックに関する講演会が行われる事を知り、そこに行ってきました。
新谷弘実(シンヤヒロミ)「病気にならない生き方」(サンマーク出版)に書かれている事を例に上げ、酵素が大事だのなんなのとセミナーで講師が言っていたのですが、その会場で会った人(mixi内でもやり取りしてましたが)から、後でメールが着て、マクロビオティックを今日完璧に実践しようとしても、普通の人はなかなか難しいから「ビオエンザイム」」だとかという酵素を摂取したらいいだのなんだのと・・・・・。
探ってやろうと思ったのですが、相手は私を勧誘する事は難しいと思ったのか、何度かメールのやり取りの後、全くメールがこなくなりました。
ちょっと残念・・・・。(笑)
その人のmixiページを見ると、ナチョラルグループの参加である、マルチ商法会社である「アニューウエル」のコミュにも登録していましたので、ぴんと着ました。
どうもいろいろ話を総合すると、久司道夫氏も、このナチョラルグループに利用されているようです。
その人からのメールのやり取りを、ここに載せておきます。
マルチ商法などの勧誘を受けた時の参考にしていただければ幸いです、と言いたいところですが、私は最初から疑っていて探ってみようとしていただけに、それほど参考にはならないかもしれませんね。

件名
お疲れ様でした☆
今日はご参加いただき、本当にありがとうございました!
バタバタと慌ただしく先生自身も「札幌ではもう一度やり直したいね」と言って下さっていたようです。
申し訳ありませんでしたm(_ _)m
短い時間でしたが、いかがだったでしょうか?
せっかくの機会でしたので、ゆっくりお話もしたいと思いました。
酵素について、ビオライズについて、きっと分からない事も多かったと思いますので、補足・質問応対も兼ねてお会い出来たらなぁと思います。
お時間ありませんか?

(以下、筆者からの返信です。)
件名
Re: お疲れ様でした☆
メールありがとうございます。
返事遅くなってごめんなさい。
> せっかくの機会でしたので、ゆっくりお話もしたいと思いました。
そうですね。
> 酵素について、ビオライズについて、きっと分からない事も多かったと思いますので、補足・質問応対も兼ねてお会い出来たらなぁと思います。
まぁ、僕も医療従事者の端くれですから、大まかな事は理解しましたよ。
裕子さんのように臨床検査技師の方と比べて、当然解剖学・生理学の知識を持っているとは言えませんが、鍼灸の資格の取得に対しては学生時代基礎医学はそれなりに勉強させられましたから・・・。
ただ、予断ではありますが、酵素と神経伝達物質であるホルモンとの関係はどうなんだろうと、ふと考えてしまいました。
これから色々調べてみたいと思っています。
> お時間ありませんか?
そうですね、お互い都合の良い時にお会いできたらいいですね。
連絡取り合いましょう。
それでは。

件名
Re: お疲れ様でした☆
ごめんなさい。
正直、難しい事は分からないです。
マクロビに出会って、酵素に出会って、スゴいw(☆o◎)wと思って体験して、ますますハマりました。
先生のお話はスゴく分かりやすく、懐かしい感じもします。
ホルモンの件ですが、こちらも詳しい事は分かりません。
でも、閉経後に生理が戻った方や、更年期障害が軽くなった方、アタシも体毛が薄くなったり、とホルモンバランスも整うんだなぁと体験談として実感しています。
kazuyaさんは、ビオエンザイムについてどう思われましたか?

(以下、筆者からの返信です。)
件名
Re: お疲れ様でした☆
こんにちは。
神経伝達物質の事については、公園を聞いていた時ふと頭に浮かんだにしか過ぎないので、あまり真剣に考えないで聞き流してください。
あくまでも予断ですから・・・。
> kazuyaさんは、ビオエンザイムについてどう思われましたか?
それはそれで、そのようなものも一つの健康法だと理解しました。
ただ、僕自身今それが必要かどうかは、なんとも言えません。
もし必要だとしても、金銭的にそこまで余裕がない事も事実ですが・・・。
貧乏なものでして・・・・。(笑)
まあ、無駄金も使っている事も否定できないので、それをどうにかすれよと言われそうですが・・・・。

件名
Re: お疲れ様でした☆
あらぁ無駄金使ってますかぁ(笑)
ビオエンザイムそんなに高くないですよww
マクロビを厳格に実戦され、咀嚼もしっかりと行われていて、なおかつ規則正しい生活を送れていると言うのならば、エンザイムに頼る必要は無いですよね!
なんちゃってマクロビアンで生活不規則なアタシには、これ以上ないアイテムなんです(爆)
生活見直せばいいんですけどね(-.-;)
スゴく専門的に酵素をとらえていただけて嬉しかったです♪
あちこちの大学研究室で調べられて、数値的にもたくさんのデータが得られてる物なんですよ(^o^)/

(以下、筆者からの返信です。)
件名
Re: お疲れ様でした☆
ちなみに、幾らなの?

件名
ちなみにですね、
初回は1箱15750円+送料
2回目以降からは会員価格になりますので、12600円+送料
一般的にはこーなります。

(以下、筆者からの返信です。)
件名
Re: ちなみにですね、
おはようございます。
何度もすみません。
参考までに、一箱何日分ですか?
いやぁー、それにしても今朝は寒いですね!!!
正直なところ、北海道のような気候、もちろん冬場ですが、動物性の食物も少しは必要ではないかと、僕は考えるんですよね。
その話をマクロビオティックに詳しい人に話した事あるけど、本州の気候を中心に理論体系ができているので、北海道ならではのマクロビオティックを考えてもいいのではと言う人も、何人かいました。
もちろん、肉ではなくて、魚貝類という事になるでしょうが・・・・。

件名
身土不二
お返事遅くなり、申し訳ありませんm(_ _)m
これからビオライズの商品・事業説明会で、一緒に行く友達と初めて『身土不二』さんへ行ってきました!
kazuyaさんのチラシと名刺があってビックリ☆
ビオエンザイムは1箱に40本入っています。
ので、カノン先生がお勧めしているように、短期(8日間)集中して1日10本使われるのであれば、終了後のアフター分も入れて初月は3箱必要になりますかね。
3ヶ月間飲まずに貯めてる会員さんもいますが(笑)
飲み方は人それぞれ。
クシ先生がお勧めしている腸に全く何も問題のない『健康人』さんへの飲み方は1日2本です。

(以下、筆者からの返信です。)
件名
Re: 身土不二
お返事ありがとうです。
ちなみに、身土不二の代表の石沢先生はサプリメント系には否定的ですので、あそこではビオエンザイムの事話題にしない方がいいですよ。
また、彼はクシマクロビオティックやCI協会に対しても批判的です。
よかったら、今度身土不二に一緒にご飯食べにいきましょうか?
場合によっては、石沢先生の話を聞く事も良いと思いますよ。
色々な立場の人の話を聞いて、このような考え方もあるんだと知る事も大切でしょうし・・・。
ただ、石沢先生も忙しいので、時間が合わなかったりするかもしれませんが・・・・。
コミュニティーFMラジオ「ラジオカロス(78.1MHZ)で土曜日午前10時から、先生が番組している事知ってますか?
それでは。

件名
Re: 身土不二
ご忠告ありがとうございます。
でもビオエンザイムはサプリメントではなく食品ですよ。
それと、なぜクシに否定的なんでしょう?
桜沢先生のお弟子さんなのに。

(以下、筆者からの返信です。)
件名
Re: 身土不二
こんにちは。
> でもビオエンザイムはサプリメントではなく食品ですよ。
どこからどこまでが食品と呼べるのか、どこからがサプリメントとなるのか、その人の感覚によりボーダーラインの位置が変わってくるでしょうね。
僕の感覚では、化学薬品を触媒として使って抽出するなど、化け学的な方法で製造するとなると、これはもう食品とは言えないと考えます。
ビオエンザイムがそのような製造過程を通っていないのであれば、僕の漢学では食品の範囲です。
まぁ、確かに判断は難しいですけどね。
身土不二の石沢先生は、正しい食事を厳格に強調する人なので、その意味でビオエンザイムはサプリメントと判断する事でしょう。
> それと、なぜクシに否定的なんでしょう?
> 桜沢先生のお弟子さんなのに。
久司氏のアメリカでの功績は、石沢先生も認めるところです。
ただ、石沢先生に言わせると、久司氏は商業主義に利用されてしまった傾向があるとの事です。
そこが正食協会がCI協会を批判するところだと、僕は聞いています。
久司氏はアメリカで借金をかなりしたそうで、その借金の肩代わりを日本のある企業がした事もあったようで、そんな事もあり、商業主義に利用されてしまったのかも゜しれません。
と、これが石沢先生の見解です。
このように僕は聞いているだけであって、自分で調べた訳ではないので、真相は分りません。
ここに石沢先生のブログを紹介しておきます。↓
http://blog.goo.ne.jp/shindohuji
先生は辛口というか毒舌というか、政治思想・哲学が強いというか、そんな人です。
ちょっと厳し過ぎてついていけないと思う人も多いかと思います。
先生のような人ばかりだと、それこそついていけなくて挫折しかねませんが、世の中は色々なタイプの人がいてバランスが取れている事を考えると、このような人の存在も大事ではと、僕は思っています。



件名
Re: 身土不二
クシ先生のお話はちょっと聞いたことがありますので、分かります。もちろんアタシもまた聞きでしかありませんが。
エンザイムはケミカル処理は一切していませんので安心してください。
ただブラジルで樽に入れて発酵させただけ。
私も石油系のサプリメントは嫌ですもんね。

(彼女とのメールのやり取りは以上です。)
その後もその講演会の告知をしているので、私は「悪徳商法にご注意を」という事で、コミュニティーに書き込みしました。
(以下、その時私が書き込みしたものです。)

最近よく耳にする事として、マクロビオティックや自然食などを歌った催眠商法・マルチ商法・パーティー商法などなど上げられます。
自然食品店を装った店舗・講演会、その他諸々のイベント会場が、悪徳商法の勧誘の場になっている事をこれまでもよく聞きますし、私も何度か知らずに入ってしまった事もあります。
どうぞ皆さんもお気をつけ下さい。
もし被害に合われた人がおられましたら、早急に消費者センターなどの関係機関にご相談される事をお薦めします。
なお、私が知る限りにおいて、マルチ商法に対する事ですが、勧誘目的や社名など初めから明らかにしないというような行為は、悪徳業者がどんなに詭弁を並べて反論したとしても、それは特定商取引法の連鎖販売取引に関する事項である、第三章・(第三十三条―第四十条の三)に抵触する事を付け加えておきます。

(以上、私の書き込みです。)
このように、遠まわしに少し控えめに書きましたが、それでもその後は殆どそのような講演会の宣伝はしなくなりました。
それどころか、コミュニティー全体の書き込みも減りました。
以前は「ホームパーティー」もしていたようです。
当初私は、この人は若いのにマクロビオティックに関心を持ってホームパーティーとはと、感心していました。
が、憶測ではありますが、勧誘目的の「ホームパーティー」だったのではと思いました。
これが若い女性だと、なおさら騙されかねないですよ。(笑)
そもそも、コミュニティーそのものがアニューウェルの勧誘目的で立てられたのではと、考えたくなります。
なお、同じナチョラルグループで、アニューウエルから分かれた「ビオライズ」というマルチ商法会社もあります。
そちらの方はどうなっているのか、まだ私もよくわかってません。
というか、アニューウエルそのものもどうなのか、今一わかっていないのも、正直なところです。
(と、ここまで書きましたが、私を勧誘しようとした女性ですが、今になって考えれば、アニューウエルではなく、ビオライズのディストリビューターだったかもしれません。)
以前のHPも閉鎖されているようです。
ただ、マルチ商法にありがちな内容の勧誘ページや、関わった人達の相談事は、けっこうネット上に見られます。
上に引用した記事には、
> 悪化した資金繰りを改善するため、本社ビルを売却したほか、平成22年夏にはネットワーク販売部門を関連会社の(株)ジャパンバイオ研究所へ売却するなど各種リストラを進めていた。
とありますから、
関連会社の「ジャパンバイオ研究所」の傘下という事ではないかと思っています。
ご存知の方、教えていただければ幸いです。
その後今回の事でネットで検索してみると、2007.4.28にも書いた↓
http://pub.ne.jp/shinqroom/?entry_id=666239
↑「食品の裏側(東洋経済新報社)」の著者の安部司(アベツカサ)氏や、マクロビオティック関係でよく知られた久司道夫(クシミチオ)氏らも、ナチョラルグループに利用されているようです。
久司氏につきましては、勧誘メールにも触れているように、当時から聞いていた事ではあります。
金儲けも絡んで、お互い持ちつ持たれつというところなのかもしれません。
さらに上にも上げたように、新谷弘実氏の著書なども、悪用されているのではと、思いたくもなります。
もちろん基本的には、私はこれら三氏が書いている事を支持してはいます。
ただ、そもそもマクロビオティックに対してサプリメント系、さらにブラジルで作られているという事からしても、なるべく地物の食物を摂取する事が健康的とされる「身土不二(シンドフジ)」の法則に反するだけに、当初から不自然に感じてましたが、結末はこうだったんですね。

(追記です。)

http://kenko.data-max.co.jp/2011/03/post_548.html
↑の記事です。)
 
ナチュラルグループ本社の倒産情報、全国紙が報道
2011年3月 8日 14:07
[ナチュラルグループ本社の記事。] 3月4日付の朝日新聞朝刊で、ナチュラルグループ本社の倒産が報じられた。報道で「ブラジルの農園への投資などを名目に、代理店の経営者や会員らからも資金を集めていた」とヴィンテージ酵素(ブラジル酵素)オーナーシップ制度を悪用して、高齢者から600万円超という高額な資金を集めていたNG本社の実態が明らかにされ、業界や消費者に波紋を広げている。
 2日の債権者説明会に出席したという都内の某企業は、「法的整理を行なわないナチュラルグループ本社に迷惑を被っている」と眉をしかめる。決算月で経理処理等を進めることのできない関係企業が多いらしい。
 同社のホームページは最近更新され、ひと頃に比べてすっかり閑散となった。組合概要という新たなタグが設けられ、五反田の事務所にはアニュー運動推進有限責任事業組合の事務所が設けられたようすである。ナチュラルグループ本社の文字は「アニュー」のロゴの横にわずかに残っているだけで、これでは「アニュー」倒産と報じられるのも無理からぬところである。
 業界内では、事業組合を通して商品を卸す派、NG本社派、アニュー直取引派の大きく3派に色分けされるようだ。組合派にはこれまでアニューとは取引のなかった業者が、NG派には橋本会長シンパが、そのどちらにも属さない中立的な直取引派に分かれている。
 業界全体を巻き込んだ今回の倒産劇だったが、このような大型倒産に場慣れしていないようで、業界全体がうろたえているような印象である。
 
↑(以上ここまで)
 
その他「株式会社データマックス」、「健康情報ニュース」の、ナチョラルグループに関連する記事のリンクです。↓

「ナチュラルグループ本社に異変?」 2011年2月 1日 18:59
 http://kenko.data-max.co.jp/2011/02/post_505.html
「ナチュラルグループ本社に異変?(2)」 2011年2月 2日 11:35
 http://kenko.data-max.co.jp/2011/02/2_28.html
「ナチュラルグループ本社に異変?(3)~取引先各社の動き」 2011年2月 2日 15:16
 http://kenko.data-max.co.jp/2011/02/3_22.html
「ナチュラルグループ本社に異変?(4)~現預金は1年で半減」 2011年2月 2日 16:39
 http://kenko.data-max.co.jp/2011/02/4_21.html
「ナチュラルグループ本社に異変?(5)~不透明な対応に取引先企業の不安募る」 2011年2月 2日 16:50
 http://kenko.data-max.co.jp/2011/02/5_16.html
「【速報】ナチュラルグループ本社ついに力尽きる~2回目の不渡りで倒産へ」 2011年3月 1日 10:16
(http://kenko.data-max.co.jp/2011/03/post_539.html
「続報】ナチュラルグループ本社ついに力尽きる(2)~債権者集会で怒号」 2011年3月 1日 18:28
http://kenko.data-max.co.jp/2011/03/2_32.html
「ナチュラルグループ本社ついに力尽きる(5)~道義的責任やいかに?」 2011年3月 4日 13:42
http://kenko.data-max.co.jp/2011/03/5_18.html



ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東洋はり医学会札幌支部 無料... | トップ | 地震に便乗するカルト宗教 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミカ書7)
2011-03-09 23:37:23
 あることで知り合った人間が、「ニューウェーズ」の売り子とは知らず、お茶したり、なぜか私の家でうちカフェしたり、ついこの間まで見ず知らずとは思えないほど馴れ馴れしい友好関係を築いてから、本題の「シャキッと!」とかいう雑誌を持ってきて商品の売り付け。最初から「マキシモル」という看板商品を売りつける為、近づいて来た様でした。こちら側に買う気がない事に気付くと、潮が引くごとく音沙汰なし。なぜかお金の話ばかりする人で、誰も知らないうまい金儲けがあるとか、結構怪しいことを言ってました。
 ある民間の生協では、一般的な個々の食品に対し、異常な恐怖感を植え付け、自社取り扱い商品を買うように仕向けている感じのするところがあります。無農薬と歌っていても、ここ以外で売っている物は信用できないという…バナナが家のどこかに有るだけで、バナナから発している物を感じてパニックになったとか言っている人がいましたが、なんか怖いなと、入会しませんでした。  
ミカ書7さん。 (黒沼一也)
2011-03-10 18:02:58
>最初から「マキシモル」という看板商品を売りつける為、近づいて来た様でした。こちら側に買う気がない事に気付くと、潮が引くごとく音沙汰なし。
まぁ、マルチの勧誘者には、よくありがちな事でしょうね。
>なぜかお金の話ばかりする人で、誰も知らないうまい金儲けがあるとか、結構怪しいことを言ってました。
「そんな素晴らしい仕事らな、ホームレスの人達に紹介してあげてください・・・・」などと、僕はネットでそのような怪しげな儲け話の勧誘をしているやつらに対して、時々からかってやります。(笑)
いずれにしても、ニューウェイ図は業務停止くらいましたからね。
日本からの撤退も言われているようないないような・・・・。
> ある民間の生協では、一般的な個々の食品に対し、異常な恐怖感を植え付け、自社取り扱い商品を買うように仕向けている感じのするところがあります。無農薬と歌っていても、ここ以外で売っている物は信用できないという…バナナが家のどこかに有るだけで、バナナから発している物を感じてパニックになったとか言っている人がいましたが、なんか怖いなと、入会しませんでした。
そんな話も聞いたような記憶もありますね。
情報を選択するのも、頭が必要ですね。
ミカ書7さん。 (黒沼一也)
2011-03-12 04:42:17
札幌は少し揺れた程度です。
北海道の太平洋沿岸では、大津波の警戒はしています。
海沿いの人達は非難しているようです。
それにしても、東日本全体が、大変なことになってしまいましたね。

悪徳商法」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事