札幌のクリスチャン鍼灸師

札幌市中央区山鼻地域、石山通沿い側で、脈診流による経絡治療専門の鍼灸院をしています。

障碍者として敗戦記念日に思う ヘレン・ケラー女史の功績

2017-08-14 23:59:59 | 時事ネタ・その他社会
視覚と聴覚との重複障害者であった、アメリカの社会福祉活動家のヘレン・ケラー女史。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%BC
いうまでもなく、日本の社会福祉に対しての功績は大です。
「ヘレン・ケラー協会」という様に、彼女の名が付いた福祉施設が存在するほどです。
http://www.thka.jp/
そこで、明日8月15日は敗戦記念日という事で、彼女について敗戦記念日と関連付けて書いてみようかと思いつつ、自分の言葉ではなかなか難しいので、
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n343/n343001.html
こちらのサイトから引用させていただきます。
 

第2次世界大戦後の1948(昭23)年には連合国軍(GHQ)総司令官マッカーサー元帥の主賓として再来日した。「幸福の青い鳥」「三重苦の聖女」として、2か月間にわたって各地で障害者施策や社会参加の必要性を唱えた。
当時のわが国では、身体障害者が約20万人、精神障害者が約4万人、らい患者が約2万人、視聴覚・難聴者が約38万人、結核患者が140万人と推計される(昭和24年5月:第5回国会本会議)。しかし、GHQは、身体障害者の多くは傷痍軍人など戦争に関わった人々だとして、その救済に関しては消極的だった。ヘレン・ケラーを迎えた国民の熱意がGHQや国会を動かし、ヘレン・ケラー帰国後の1948年12月に、GHQが障害者福祉法案作成のための第1回会議を招集している。
国会では幾度となく「福祉法設置」が議論され、1949(昭和24)年12月26日の第6次臨時国会で「身体障害者福祉法」が可決され、法案の提案理由としてヘレン・ケラーの功績を讃えている。岩橋やヘレン・ケラーが意図した盲人単独法ではなかったが、身体障害者福祉法は、わが国の障害者に対する初めての法律で、これによって障害のある人たちが法の下において社会参加の可能性が開かれたもので、障害のある人たちの戦後だと言える。

(↑以上、
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n343/n343001.html
から引用です。)
 
なお、次回触れる予定である、当時GHQが、鍼灸禁止令を出そうとしていた事ですが、ヘレン・ケラー女史の提言も影響してGHQが鍼灸治療を認めたという話も、聞いた事があります。
しかし、それに関して説得力有る資料がネット上には見られないため、今後それ相応の書籍をあたってみたいと思います。
世界のビール飲み比べ24ヶ国セット【set】

世界のビール飲み比べ24ヶ国セット【set】価格:9,300円(税込、送料別)




この記事をはてなブックマークに追加

自転車 歩行者の横をぎりぎりで通り過ぎるのは止めて欲しい

2017-08-07 23:59:59 | 時事ネタ・その他社会
この前、うちの近く、札幌市中央区南11条西11丁目、石山通を歩いていた時の事です。
11条通を南から北に横断歩道を渡り、そのまま北に石山通を歩き続けようとしました。
すると、後ろから自転車が私の右側を通り過ぎようとした時の事です。
自転車の後ろの部分と
白杖
(「ハクジョウ」、視覚障害者が外出歩行時に持つ白い杖)
の上部に近い部分が引っかかって、白杖が持っていかれました。
私は危険を感じ一瞬白杖を話そうと考えたのですが、幸い引っかかった部分が外れました。
その時点では、白杖がどの様に自転車の後ろの部分に引っかかったのか分からなかったのですが、白杖を折りたたんだ時に束ねるためのゴム紐が引っかかって、そのゴム紐が切れて幸い白杖を離さなくてもなんでもなかったという感じでした。
私は思わず、
「危ないじゃないか・・・・」
と、自転車に向かって怒鳴りつけると、自転車は止まり、声の感じから40歳ぐらいの女性でしょうか、
「ごめんなさい・・・・、避けたたんですけど・・・・・」
みたいな感じで、言い訳がましいというか、うろたえた様に彼女は言いました。
そして、
「お怪我はありませんでしたか?」
と、彼女は言いました。
私は、
「大丈夫だけど、気をつけてね。」
みたいに彼女に言いました。
そんな感じでやり取りをして、彼女は去りました。
そこで改めて私は、白状がどの様に自転車に引っかかったのか考えましたが、先にも書いた様に、折りたたむ時に束ねるゴム紐が無い事に気付き、そのゴム紐が自転車に引っかかって切れた事が分かりました。
これがちょっとやそっとで切れない紐だったら、私が白状を手放さない限り、お互い転倒して怪我をする事にもなりかねなかったでしょう。
白状を折りたたんだ時に束ねる紐、今後また万が一引っ掛けられた事を考えると、切れやすい紐にしなければならないですね。
いずれにしても、くれぐれも自転車に乗っている人に気をつけて欲しいのですが、歩行者の横をぎりぎりで通り過ぎるのは止めて欲しいものです。
非情に危険です。
ましてあのあたりは点字ブロックが敷設されていて、少なくとも私は点字ブロックに片足が付いていた気がします。
これまでも自転車が私の腕をかすめて行ったり、私の腕に自転車のサドルがぶつかってそのまま行かれてしまった事もあります。
その他、携帯電話で話をしながら、私の前を横切った自転車もいて、あの時は反射的に私の方が思わず止まりました。
また、気をつけていても、万が一歩行者に怪我をさせてしまう事だってありえます。
自転車事故を甘く見るのではなく、事故を起こした時のためにも、自動車でいう自賠責保険をかけておくべきだと思います。




この記事をはてなブックマークに追加

帯広市大成川 懐かしい

2017-07-27 19:21:06 | 時事ネタ・その他社会
私は小中学と、帯広盲学校で学び、寮生活をしてました。
1972年4月から、81年3月までの事です。
昨年Twitterでも触れましたが、たまたまその頃を思い出してネットサーフィンしていたら、帯広市大成川(タイセイガワ)に関連して書いていたブログを見つけました。
http://ameblo.jp/junk-39/entry-11301082308.html
というか、大成川について書かれているサイトは、他には見つかりませんでした。
ここで帯広ろう学校~芽室町境での調査をされてますが、このあたりによく行きました。
ただ、盲学校・聾学校共々、私が居た頃は、西24条南1丁目、今のJR根室本線の北側に在りました。
1989年の11月に、今のところに移転しました。
(↓以下Twitterからです。)

子供の頃遊んだ事懐かしいけど、ずいぶん生息している水中動物の種類変わったな。
当時、ウチダザリガニは生息していなかった様な気がする
近年はウグイやタニシは生息していないのかな?
当時護岸整備も殆どされていなく、川底は石で、水草も多かった。
(↑以上Twitterからです。)
また、この記事に

さらに興味深いことに、地元の農家の人などの話を聞くと、30年くらい前の
農地改革で川の水がいったん途切れた事、それと農薬の流出という
いわば「ダブルパンチ」でニホンザリガニがいなくなったという事実もわかった。

という事、私が中学を卒業して帯広を去って間もなく、川がそんな状態になっていたとは知りませんでした。
読んでのとおり、これは公式な調査ではなく、一個人のものですが、あの頃が懐かしくもあり興味深くもありました。
ただ、当時はこの川が「大成川」という河川名であった事は、これまで知らなかったのが正直なところです。




この記事をはてなブックマークに追加

たまには児童文学を読むのもいいかも

2017-05-28 19:45:42 | 時事ネタ・その他社会
今年の1月5日に書いた、
「年末年始はNHKラジオ第二放送を聴いてた」
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/archives/52472731.html
で、ラジオの朗読番組で、バーネット著「秘密の花園」を聴いていた事を書きましたが、最初の方を聴いていなかったり、また番組でも最終章の方を取り上げていなかったりで、そのあたりが気になり、直接本を読んでみる事にしました。
というよりも私は全盲なだけに、音訳図書を読んだというところです。
当時主人公のメアリがインド駐留のイギリス軍兵士の子として生まれて過していた時代の、イギリス人がインド人に対する事も少し知る事も出来た様な気がします。
その一つは、10歳のメアリがインド人乳母に飛び掛ったり、乳母の事を「豚の娘」とつぶやいてみたりで、イギリス人が当時植民地だったインドの人達に対する差別の一端が、理解出来た様な感じでした。
メアリは両親が死に、イギリスのヨークシャーの叔父さんの所にもらわれてくる訳ですが、そこのお坊ちゃんのコリン、引きこもりで生まれてから10年間自分の足で立った事も無かったのに、初めて立ち上がって半年するかしないかで、同年代の子供と変わらぬほど走り回る様になったとは、小説とはいえ、ちょっと出来過ぎではと、つい思ってしまいました。
ただ、この頃作者のバーネットがイギリスから移住したアメリカで、マジックというか魔法というか、念じる事が実現するなどという、今日宗教的なニューエイジ思想の元になっている思想、それが近年では、キリスト教聖霊派の中にちょくちょく見られる、「ワードフェイス」とか「レーマ神学」などの様なものに繋がる様な事が、当時ブームだった事とも、無関係ではなさそうに思えました。
と、また最後は理屈っぽい話になりました。
それはそれとして、たまには児童文学を読むのもいいかもと思いました。
この私にも、まだ純粋な心が残っているという事でしょうか?(笑)




この記事をはてなブックマークに追加

いろいろな分野の知識を手軽に金をかけずにつけるには、NHKラジオ第二放送をなど

2017-04-07 23:59:59 | 時事ネタ・その他社会
いろいろな分野の知識を手軽に金をかけずにつけるには、NHKラジオ第二放送を、子供の頃から聴いています。
最近はあまりテレビは見ませんが、NHKの、当時は教育テレビといってましたが、今で言うEテレもいいかと思います。
またこのところ、インターネットのラジコで、放送大学も聴くようになりました。
文系から理系から、興味のある事を取り上げていれば、よく聴いています。
テキストがあればそれに越した事はありませんが、テキストが無いなら無いで、それはそれで興味深く聴いています。
10代20代の頃は、点字のテキストを用意して、ラジオ英語会話を聞いて、英語も勉強しました。
今もテキストこそ買ってないですが、英語の語学番組をよく聞き流しています。
世界のビール飲み比べ24ヶ国セット【set】

世界のビール飲み比べ24ヶ国セット【set】
価格:9,300円(税込、送料別)




この記事をはてなブックマークに追加