≪女性専門・鍼灸さくら治療院≫院長ブログ~不妊、美容鍼灸など、治療院で気づいたこと色々♪~

≪鍼灸さくら治療院≫兵庫県西宮市苦楽園口の女性専用鍼灸院。治療しながら思うこと、感じること、アドバイスいろいろ綴ります

安藤忠雄さん臓器が5つなくとも

2018年01月11日 | テレビ番組

ゆうべ、新聞TV欄をみると NHKの健康番組に安藤忠雄氏の名前が書いてあった

なんだで建築家が健康番組に?

番組をみてビックリ! 安藤氏は癌で5つも臓器を全摘していたと、知った。

「私は2009年に胆嚢・胆管・十二指腸にがんが見つかり、すぐに全摘しました。厄介な手術を乗り越えひと安心していたら、5年後には膵臓と脾臓にがんが再発。これも全摘しました。5つも臓器がなくて平気なのはかなり珍しいようです。」

と話して、笑っていた。 

今、大阪に事務所があるが毎週東京へ仕事に行くし。現在もパリで歴史的建造物の改築を手がけている、

医者にも手術前 なかなか元気で生きることは難しい、と言われたそうだが・・・

では、どうやってその健康を維持しているか、を続いて話された。

医者の言うとおおおおおり、にすることを心がけたのだそう。それについてはこう述べられた。

病院の食事は残さず必ず食べる。

健康な時は早食いで有名だったが、今は1回の食事に30~40分かける。

食事の後は1時間は休憩するよういわれたけど、することがないので昔から忙しくて読めなかった本がたくさんあり、それを読むことにしたら、まイマジネーションをかきたてられ、それが仕事に生きてくる、

毎日1万歩以上必ず歩く。

膵臓がないのでインシュリンが出ない、糖尿病の患者のように血糖値を1日6回も図る。それを小さなノートに記録して毎週分を手書きでグラフ化している。血糖値が異常に高いところは、弟子がヘマをして、激怒したところだ 。と笑う。

小さなノートにビッシリ記録が書かれている。

歩け言われたら歩くし、休め言われたら休むし、よく噛めいわれたら噛むし、

以前より体調いいくらいですわ!と笑い飛ばしていた。

この、素直さ、ひたすらさ、前向きな姿勢、

インタビュー中、ひたすらケロっ、カラっとした表情でおちゃめこの上ない。

わたしもこんな人になりたいなあ~(へんな 憧れ方だけど

御年85歳。

ますます安藤忠雄氏が好きになってしまいました。

 

#安藤忠雄 #苦楽園口 #鍼灸院

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あけましておめでとうござます | トップ | 咳止め自作 »
最近の画像もっと見る

テレビ番組」カテゴリの最新記事