≪女性専門・鍼灸さくら治療院≫院長ブログ~不妊、美容鍼灸など、治療院で気づいたこと色々♪~

≪鍼灸さくら治療院≫兵庫県西宮市苦楽園口の女性専用鍼灸院。治療しながら思うこと、感じること、アドバイスいろいろ綴ります

のぼせ 、気の上昇

2017年12月18日 | 治療のこと
下半身はとても冷えているけれど、上半身だけ熱い。
気が正常にながれていないとき、そのような症状があらわれることがあります。
いわゆる 冷えのぼせ。
頭寒足熱の逆、です、
体内に熱がこもったようになり、抜けていかない感じが、なんとも気持しんどい症状であります。
上下の熱がうまく行き来できない原因のひとつに横隔膜がかたくなっていることがあげられます。
硬くなった背中の部分に隔兪(かくゆ)というツボがあります。
隔兪の隔という字は横隔膜の隔、
呼吸や胃の不調、ストレスにもよく効きます。
この部分と、頭の頭頂部の百会穴を治療します。
また足首にお灸をすえたり、手足のストレスを取るツボにズラリとお灸をすえます。
自分でも、足首をよく回したり、腕を大きく上に伸ばしたりして肩胛骨の間をストレッチしてください。

不妊治療で来られる患者様でも、年齢が高めの患者さん(ホルモンバランスの不安定さ)、ストレスが多くある患者さん には、よくみられる症状です。
夏になると、手足の掌だけが、熱くてたまらない、とおっしゃる方もいます。
上半身があつく、頭だけあせをかきやすいので、自分で、体が冷えていないと自覚されていることがおおいですが、症状的には、ひえがもう一歩進んだ状態です。

同じ足の冷えでも、
虚証と実証の方は
とるツボがかわりますし、鍼をする場合、灸を多用するほうがいい場合
すべて変わってきます。


さくら治療院にこられた患者様には
お家でできるストレッチ、セルフお灸 などあわせて説明しています。どうぞご相談ください。

゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜


苦楽園口から香櫨園浜まで運動のために時々 歩きます。
カモメがいっぱい飛んでいます。


お天気のいい日の冬の海は静かでキラキラして素敵です



#鍼灸#実証#隔兪#百会#不妊治療#鍼灸#のぼせ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オイル革命 | トップ | 駐車場変更のおしらせ »
最近の画像もっと見る

治療のこと」カテゴリの最新記事