≪女性専門・鍼灸さくら治療院≫院長ブログ~不妊、美容鍼灸など、治療院で気づいたこと色々♪~

≪鍼灸さくら治療院≫兵庫県西宮市苦楽園口の女性専用鍼灸院。治療しながら思うこと、感じること、アドバイスいろいろ綴ります

スーパーライザー照射によりAMHの上昇がみられた例

2016年10月08日 | 不妊治療

下の写真は鍼灸さくら治療院の診察室内で

自律神経を調整する中枢のポイントにスーパーライザーを実際に照射しているところです。

 

レーザー光線が不妊治療にも効果があることが明らかになってきています。

難治性不妊症に対するレーザー治療がはじめられ、多くの方が妊娠されています。

冷え、肩こり、頭痛、目まい、便秘などの症状がある方では、これらの症状を改善することにより不妊治療効果が特に表われやすいといわれています。

当院で使用するスーパーライザーは近赤外線という、私たちが日常浴びている光の一つで、大きな副作用の報告はなく、施行中の痛みもありません。治療用レーザーとして厚生労働省の承認を得た機械を使用します

スーパーライザー照射により期待できる効能

  • ホルモンバランスの改善
  • 子宮、卵巣の血流増加・冷え症の改善
  • 子宮内膜が厚くなる
  • 卵子の質がよくなる
  • 過激なアレルギー反応をおさえることで受精卵が子宮に着床しやすくなる
  • 流産をしにくくなる
  • 卵管が太くなり卵子が通りやすくなる
  • 未成熟卵が成熟卵となる
  • 子宮や卵巣への新しい血管が増殖する 

当院ではまず中枢優先に治療を進めます。

頚部に照射することで頭部への血行を良くし、脳の血流を改善します。これにより脳下垂体などのホルモンバランスが改善されるだけでなく、身体全体の血流を増加します。

つぎに、左右の卵巣動静脈と子宮動静脈への照射と、局所への治療と進めて行きます。

腹部血流改善の目的は卵子の質の向上、免疫寛容(免疫が自己を攻撃しないようにする)、内膜血流量の増加、卵巣機能を向上させ黄体機能維持などを目的としています。

最近わずかにAMHの上昇がみられる患者様がみられるようになりました。

本来AMHは何度も計り直しはしないものですが、何人かの患者様は病院を転院した機会に計りなおしたときにわかりました。

針を腹部に打つ時、場所により深くまで刺入しにくいという所であっても

スーパーライザーであればかなり深部までの組織へ温熱刺激を加えることが可能です。

現在IVF大阪クリニック、英クリニックなど主要不妊専門クリニックでも、現在このレーザーを取り入れて治療をされています。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

隣の敷地で行われていた、マンション建設。クレーンの上に輝く月が、絵になるな、と、開き直って撮った写真です。(いまとなっては笑ですが)

さくら治療院のお隣で長らく建設中だったマンションがようやく完成しそうです。

外溝工事も終わり、最近は大きなトラックも、大きな音もしなくなりました。

昨年5月から始まった工事。どうなることやら・・・

と、患者さんに迷惑なことにならないか、と相当気をもんでいましたが、

最近静かな雰囲気が戻ってきてほっとしています。

工事の騒音などで患者様の皆様にたいへんご迷惑おかけしました。

まだ、もう少し小さな工事が残っているようですがようやく少しホットしています。

 

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユニークな鍼灸セミナーに参... | トップ | 不妊治療、鍼灸でできること... »
最近の画像もっと見る

不妊治療」カテゴリの最新記事