恋の方程式が解けません in goo

よくわからないまま引っ越してみた?

『猫と歩けば・・・』(仮題) 第十一回

2017-05-15 22:10:58 | 日記
ゴミの集積場は日当たりもよく手入れが整っているので、

猫達にはとても居心地のよい集会場になっている。

春先、猫たちには恋の季節なのだが、ここに集まってくる猫たちには無縁の話でもあった。

その事はここに集まる猫たちにはいいのか悪いのかすら疑問を抱くこともない。

「あ、クロちゃん早いね。」

ミィは一匹で不燃物の箱の上に座る黒ネコに声を掛けた。

「ヘイ、マイハニー。ご機嫌かい。」

「まあまあだよ。」

「で、ところで、俺はクロって名前はおととい捨てたぜ。ブラックで呼んでくれよ。」

クロはミィにウィンクしながら照れもせず言ってのけた。

おとといって、昨日は言ってなかったよ。と、ミィは思ったが、言わない方が身の為とすぐに悟った。


つづく


※季節の変わり目。ご自愛下さいな。じゃあね~ヽ(*´∀`)ノ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『猫と歩けば・・・』(仮題)... | トップ | 大阪メモリー ① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事