リカルデントをかみながら

社会人受験生のブログおわりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジェノグラフィックプロジェクトPart2

2008年05月25日 01時35分34秒 | genographic
ジェノグラフィックプロジェクトに参加して早2年弱・・・
久しぶりに結果を見てみた。
2年前の記事はこちらを見て下さい。

結構更新されてる。
データが集まってきたんだろう。
東南アジア当たりのデータは少ないと思われるのでその辺は大ざっぱな感じ。

かいつまんで説明すると、
・5万年ほど前、アフリカ系とそれ以外とが別れた。俺はそれ以外の方。アフリカ大陸北西部に在中。
・その後、ヨーロッパへ渡るグループとアジアへ進出するグループとに別れる。俺は後者の方。
・3万年ほど前から、東南アジアから東アジアに徐々に北上するグループが現れ、日本にたどり着いたのが俺のご先祖のひとり。数千年前には同じご先祖を持つ「親戚」が大陸に渡って最終的にはチベットにたどり着いたらしい。


以下、解説文を翻訳してみた。
エキサイト翻訳はかなり使えるね。

結果の見方
上記があなたのY-染色体の実験室分析からの結果です。
あなたのDNAのShort Tandem Repeats(STR配列)を分析しました。
STR配列とは高い突然変異率を持っているあなたのゲノムの繰り返されている部分です。
これらのマーカーそれぞれのY染色体上の位置は画像の通りです。
それぞれのSTR配列の反復数がマーカーの右に提示されています。
例えば、DYS19は「TAGA」の繰り返しであり、あなたのDNAがその位置で12回その系列を繰り返すなら、「DYS19 12」と表されています。
Y染色体におけるこれらのSTRの長さの組み合わせを研究することで、研究者はあなたをhaplogroup(ハプログループ)に組み入れます。haplogroupはあなたの先祖の複雑な移住の足跡を明らかにします。
Y-SNP: また、あなたのSTR配列の分析が決定的でなかったなら、あなたのY染色体にSingle Nucleotide Polymorphism(SNP、スニップ)の存在がないかどうかテストされます。
これらは、一塩基型における突然変異であり、研究者が遺伝子のhaplogroupを明確にすることができます。

あなたのY染色体結果は、あなたがhaplogroup D2のメンバーであると認識します。
あなたの先祖の歴史を定義する遺伝子マーカーは、すべての非アフリカ系の男性の最初の一般的なマーカーであるM168までへのおよそ6万年をたどることができ、あなたの血筋をP37.1(haplogroup D2の定義しているマーカー)の現在までたどります。

あなたの先祖のルートをハイライトしている地図を見ると、haplogroup D2のメンバーが以下のY染色体マーカーを持っているのがわかります:

M168 > YAP > M174 > P37.1

haplogroupとは何ですか?
なぜ遺伝学者はマーカーの研究でY染色体に注目しますか?
さらに言えば、マーカーとは何者ですか?

私たちは母親と父親の両方からの遺伝子の組み合わせであるDNAを持っています。
DNAは目の色から運動能力、病気のかかりやすさまでに及ぶ特性を私たちに与えます。
1つの例外がY染色体で、Y染色体は代々父親から息子に受け継がれ、代々変わりがありません。

変化がないこと、ランダムで自然に起こる、たいてい無害の突然変異がないこと。
マーカーとして知られている変異は標識として機能します。
それが何千年間も彼の家族の彼の息子、彼らの息子、およびすべての男性の心に浮かんだ男性からそれを伝えるので、時代でそれを写像できます。

いくつかの場合では、木の上で特定の枝を定義する複数の突然変異があるかもしれません。
これらのマーカーのひとつを持っている人はすべてもう片方も持っているので、このことはhaplogroupを特定するのにこれらのマーカーのどれかを使用できることを意味します。
したがって、あなたのグループの起源に私たちを連れていく遺伝子の道標としてどちらのマーカーも使用でき、何がそのときに起こったか、私たち教えてくれます。

遺伝学者がそのようなマーカーを特定するとき、それが最初にいつ起こったか、そして世界のどこで起こったのかを理解しようとします。
各マーカーは基本的には人類の系図に関する新しい家系の始まりです。
家系を追跡すると、何万年前のアフリカの近代人の部族が世界に居住するためにどれくらい小さく多角化して、広まったかに関する絵は提供されます。

haplogroupは同じランダム変異を運ぶ他の男性によって共有される一連のマーカーによって定義されます。 彼らがアフリカから引っ越したので、マーカーはあなたの先祖が取った経路をたどります。 世界中の何人の男性が何か特定のhaplogroupに属すか、またはいくつのhaplogroupsありさえするかを知るのは難しいです、科学者には十分なデータがまだ絶対にないので。

Genographic Projectがこれらの質問のいくつかに答えるために人類学的な遺伝子のデータの十分大きいデータベースを築き上げることになっている5年の目標の1つ。 これを達成するなら、プロジェクト・チームメンバーは、原住民から10万以上のDNAサンプルを集めるために世界のすみずみまで旅行しています。 さらに、私たちは、あなたがプロジェクトデータベースに匿名の結果を寄付するよう奨励します、私たちの遺伝学者が私たちの古代の過去の一層の答えを明らかにするのを助けて。

これらのページをチェックし続けてください。 詳しい情報が受信されているとき、以上はあなた自身の遺伝子の歴史に関して学習されるかもしれません。

あなたの先祖の旅行: 私たちが今知っていること

M168: あなたの最も初期の先祖

速い事実

出現の時間: およそ5万年前

原産地: アフリカ

気候: 氷河期の一時的な後退。 アフリカは干ばつから、より暖かい温度と、より湿気の多い状態まで動きます。

ホモサピエンスの人口概算: およそ1万人

道具と技能: 石器・・・芸術と高度な思考的熟練の最も初期の証拠

骨格と考古学的な証拠によって、解剖学的に現代の人間がおよそ20万年前にアフリカで出現して、およそ6万年前に他の国々に移住するためにアフリカから移動し始めたことが示唆されます。

あなたの家系における最初の遺伝子マーカーをもたらした男性は、約3万1000年から7万9000年前に北東アフリカの、現代のエチオピア、ケニア、またはタンザニアにあたるRift Valley地方におそらく住んでいました。
科学者はおよそ5万年前としています。
彼の子孫はアフリカの外で生き残った唯一の家系になり、現在のすべての非アフリカ系男性の共通の先祖になりました。

しかし、男性はなぜ最初に、なじみ深いアフリカの猟場の外、未探検の土地に思い切って行ったのでしょうか?
気候変動がアフリカからの大移動を促した可能性があります。

アフリカの氷河期は寒いというよりむしろ干ばつという感じでした。
北ヨーロッパの氷床が溶け始めたのはおよそ5万年前で、アフリカにより暖かい気温とより湿気の多い風潮の時代をもたらしました。
人の住めなかったサハラ地方はすぐに住みよくなりました。
干ばつに支配されていていた砂漠がサバンナに変化したとき、あなたの先祖によって狩られていた動物は、草原の新たに現れている緑地地帯を通って彼らの生息範囲を広げて動き始めました。
あなたの遊牧民的な先祖は住みよい気候と彼らが狩っていた動物について行きましたが、正確なルートの決定はまだ課題として残されています。

気候における好ましい変化に加えて、この同じ時頃に、近代人の知的能力には大躍進がありました。
多くの科学者が、言語の出現が他の古代人種より巨大な利点を私たちに与えたと信じています。
道具と武器、前もって計画して互いに協力する能力、および今までにない方法で資源を利用するための能力を発達させたことが、ホモサピエンスが急速に新しい領土にわたり、新しい資源を利用し、他のヒト科のに置き換わる要因となりました。

YAP: 古代の変異

速い事実

出現の時間: およそ5万年前

原産地: アフリカ

気候: 氷河期の一時的な後退。アフリカは干ばつから、より暖かい温度と、より湿気の多い状態まで変化します。

ホモサピエンスの人口概算: およそ1万人

道具と技能:石器・・・芸術と高度な思考的熟練の最も初期の証拠

現在サハラ砂漠以南に住む人々は、ヒトの系統図の3つの異なったY染色体の枝の1つによって特徴付けられます。
あなたの父方の家系「E3a」はこれらの古代の枝の1つの下に下がっていき、遺伝学者によってYAPと呼ばれます。

YAPはアフリカ北東部周辺で出現し、サハラ以南のアフリカで見つかった3つの古代の遺伝子の枝で最も一般的です。
それは「Alu insertion」(まれに起こる、細胞複製時にヒトゲノムの異なった部分に挿入されるDNAの300塩基の断片)として知られている突然変異によって特徴付けられます。

およそ5万年前に生きる男性(あなたの遠い先祖)は、Y染色体上にこの断片を獲得して、子孫にそれを受け継ぎました。
時が過ぎ、この家系は2つの異なったグループに分かれました。
一方のグループは主にアフリカ系と地中海沿岸地域で見られ、マーカー「M96」によって定義され、「haplogroup E」と呼ばれます。
他のグループ(haplogroup D)は、アジアで見られ、「M174」変異によって定義されます。

あなたの遺伝系統は起源地近くに留まって、アフリカの中でおそらく最近の文化的で移住性の出来事における不可欠の役割を果たした男性によって運ばれたグループに属します。


M174: 沿岸ルートを取ります。

速い事実

出現の時間: およそ5万年前

原産地: アフリカ

気候: 氷河期の一時的な後退。 アフリカは干ばつから、より暖かい温度と、より湿気の多い状態まで変化します。

ホモサピエンスの人口概算: およそ1万人

道具と技能: 石器・・・芸術と高度な思考的熟練の最も初期の証拠

あなたの先祖はおよそ5万年前に移動の最初の長波で、アフリカから別のグループ、「Coastal Clan(沿岸部族)」(haplogroup C)と行動をともにしたかもしれません。
豊富な海辺の資源を利用して、これらの勇猛な冒険野郎はアフリカの海岸を後にして南アラビア半島(インド)、スリランカ、および東南アジアへと行きました。

あるいはまた、彼らはCoastal Clanの足跡をたどって、のちに長旅に出たかもしれません。
あなたの先祖の一部は、この古代のルートに沿って特に東南アジアとアンダマン諸島(ミャンマーのちょい下)にまだ住んでいますが、インドには住んでいません。

また、あなたの先祖の分布は2つの後の移住を示します。
ひとつは東アジアの海岸に沿ってあなたの先祖を日本まで運びました。
もうひとつのより最近の移動はここ数千年以内に行われ、この家系の子孫はモンゴルからチベットに到達しました。

P37.1: 日出ずる国

速い事実

出現の時間: およそ3万年前

原産地: 東南アジア

気候: 氷河期

ホモサピエンスの人口概算: 10万人

道具と技能:石器・・後期旧石器時代(石器が急速に高度化、多様化した時代)

およそ3万年前に、あなたの東南アジアの先祖のひとりは最初に「P37.1」として知られている遺伝子マーカーを示しました。
今日、そのマーカーによって、「haplogroup D2」が定義され、あなたが徐々に北上したM174移住者の子孫であると認識します。

東南アジアの起源から、D2家系は、着実に東北に動いて、最終的に日本に到達しました。
今日ではhaplogroup D2は日本列島で最も一般的で、日本の人口の50パーセントの頻度で存在します。

ここまでが今日わかっているあなたの遺伝子の経路です。
しかし、このページにまた来て下さい。
さらなるデータが集められ、分析された結果、最初に地球に居住した男女の歴史のあなたに関する知見が増えているでしょう。
私たちはプロジェクトの間中これらの話をアップデートしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強状況(4/15~5/18) | トップ | elements~メンデレーエフの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Genographic Projectに参加してみた (ナンジャモンジャ)
・・・というのはもう二ヶ月も前のことだが。 「Y染色体から見た日本人」という本を読んで かねがね興味をもっていたのだが、このたび 調査に踏み切った。その結果が今週末、やっと出た ハプログループ D2だそうである。 日本人のY染色体の種類(ハプログループ)は C,D...