某年金生活者のぼやき

まだまだお迎えが来そうに無い

またまた入院。だめだねえ。

2016-09-25 14:59:13 | 健康
 また入院しちまいました。病気は同じ心不全。やだね。先日の日曜日、また胸が苦しくて腹にガスがたまっていやになったので知人のお医者さんに行った。日曜午前中開業という奇特なお医者さん。昨年と同じ症状ですぐまた市立病院へタクシーで行けという。緊急外来で診察、即時入院。明日にしてくれと頼んだが、今度は駄目。去年は翌日入院にしてもらって中華料理を腹いっぱい食べてから入院したが、今度は何の用意もできなかった。せめて寝間着でもといったが、「レンタルがあります」とにべもない。「すぐ治療をはじめます。もう用意ができています」とキビシイこと。点滴の管を四本もさして指には血中の酸素を図る器具をはさみ、心臓の周りにもぺたぺたはって常時心電図をナースステイションに送っている。まるでIC室。小便も寝たままで尿瓶にしろという。出やしない。食事は、禁食だったが、半量に負けてくれた。「食事も心臓の負担になりますから」と。「人生最後の入院はこんなのだろうな」と予行演習をしているような気分。困ったことに、連休中だったから前からの担当医に会えたのが3日後。医者の第一声が「どうしたのですか」。こっちが聞きたいよ。利尿剤をがんがん入れて体重を減らした。お陰で入院時64㌔弱だったのが夢の59㌔台まで落ちて、数値は好転。無事退院。もらった書類には入院2週間の予定とあったので観念していたが、半分で出られた。手当が早かったからだろう。友人の名医と病院の皆さんにどれほど感謝してもしきれない。有難うございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者の性生活と健康の関係

2016-09-13 23:54:54 | 男性にはつらい話。
 同性の結婚を合法化する憲法改正が行われて以来、Irish Timesには性に関する記事が多くなった。大学生の性生活とか、老人用住宅にダブルベッドを置かないのはけしからんとか。
 先日はついに老人の性生活と健康についての調査結果が記事になった。アメリカのミシガン大学が50歳代末から80歳代半ばまでの高齢者2200人を対象に調べたもの。週一かそれ以上の男性は、その後の5年間で、ゼロの男性より、二倍以上心臓発作を起こす危険があると。特にsexが非常に気持ち良いい(=extremely pleasurable)人から、単に満足(satisfying)しているだけの人まで、そうでない人より危険度が高いという。性機能を高めるための薬は男性の心臓に破壊的な影響を与えることがある、とも。それに対して、同じ年齢層の女性は全く違う。良い性生活を送り、高度の満足(high levels of satisfacion) を得ている女性は、性的に全く不活発な人より血圧が低く心臓の病気から保護されている、という。特にorgasm の時に分泌される女性の性ホルモンが有効な影響を与えるのだという。
 どうも我々男性老人には悲しい調査結果だが、医学的にはそうなのだろう。だから女性のほうが男性より長寿でいつまでも元気なのだ、と納得させられた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呼ばれた!ダブリンのある墓地で。

2016-08-30 00:21:55 | 不思議な経験
 復活祭蜂起百年を祝うダブリンでは百年記念の展示会が何か所でも行われていた。その一つが元英軍兵舎コリンズ・バラックにある新国立博物館。そこを訪れるつもりで市電に乗った。博物館前で降りて、右に行き左に入るのだが、なぜか左手に進んでいた。仕方なくバックして左へ、すると見覚えのある教会と墓地があった。なんとアーバー・ヒル。蜂起敗北後処刑された指導者14名の葬られている場所だ。ちょうど帰りかけた紳士が「初めてか」という。「50年前にいちどきり」というと、丁寧に教会と墓地の由来から隣接する刑務所まで説明してくれた。残念ながら蜂起関係の話は一言も出なかった。コノリーたち14名の墓にかなり長くいたが、その間若い二人づれが一組来ただけで全く静かだった。予定にないこの墓参りは何故できたのだろう。コノリーやピアス達に呼ばれたのだ、と考えることにした。「誰も来ないね」と語りかけながら一人一人の名前の前でゆっくり手を合わせた。
 墓地を出て博物館には裏手から入った。開場は14時~17時。まだ3時間もあった。観光シーズンの日曜日なのにこの悠長さ。日本では考えられない。時間をつぶすのに一苦労した。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アイルランド凄い!世界競争力調査

2016-06-01 12:33:33 | アイルランドの今日
 スイスのローザンヌにIMDというビズニス・スクールがある。ここで世界競争力調査という各国比較表を毎年発表している。アイルランドは昨年16位、今年は7位と、ついにベスト10 入りした。ドイツが昨年は10位だったのに12位と下がり、アメリカは万年1位だったのが3位に後退。代わって香港が1位。2位スイス、4位シンガポール、5位スエーデン、6位デンマーク、8位オランダ、9位ノルエー、10位カナダとなった。
 日本は残念ながら26位(昨年は27位。)香港を100として日本は78.7と大分水をあけられている。そういえば、報道規制や選挙で大分きつい規制をかけられて学生が騒動を起こしていると度々報じられている香港よりも、日本の方が報道の自由が少なく、規定がきついと、国際比較では査定されている。日本人には規制を規制と感じない鈍感さがあるのだろう。すぐ自主規制して風をよけるから。多分為政者も上手いのだろう。甘利でも不起訴なのだから。欧米だったら完全に政治生命を断たれるところだが。
 それはともかく、日本の一つ上にいるのが中国本土。昨年22位今年25位。多くの日本人にとっては意外なランキングだろう。経済といえば日本は超大国と思いこんでいるから。こうした国際比較を沢山見て(例えば各国の大学比較もある。ここでも日本はパッとしないね)、日本が世界のどの辺にいるのかを見ておかないと、井の中の蛙になってしまう。もうなっちゃったかな。
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やっと組閣か、アイルランド

2016-05-04 17:43:16 | 信じられない本当の話
 2月にアイルランドで総選挙があった。以来70日近い。いまだに次期首相が指名されていない。ここにきてようやく第一党(FG 50議席)と第二党(FF 44議席)の話合いがまとまり、第一党 FGの党首が二度目の指名を受け、引き続き政権を担当することになった。何しろ総議席158、過半数79(議長を除くから)だから、与野党がっぷり組んだ格好では何も決められない。SF(シンフェィン)23は多分全部の議案に反対するだろうし、無所属が23もいて、これはどう動くかバラバラ。FFとの話し合いが上手く行かなければ、何一つ出来ないのが、これから出来るFG少数内閣だ。何も出来ないで最低限の予算だけ通してそのうちまた総選挙だろう。
 話合いの中で最大のテーマが、水道料金徴収問題。前にも書いたが、水道料金は家屋税の中に入っていて、日本の場合のような使用量に応じた料金制度にはなっていなかった。昨年から水道料金を使用量に応じて徴収するようになったが、大変な反対運動、デモがおこっていた。野党(FF)やSFなどは政府の水道料金徴収に反対していた。(前にも書いたが、「水なんてものは、外に鍋を出しておけば溜まるんだから、そんなものに金を払うなんでとんでもない」とタクシーの運転手が言っていた。)話合いの途中で、FGも水道料金徴収を諦め既に納入した人々には返金する、と決まったように報道されたりした。しかし、それでは払わなかった人が得するし、料金徴収反対の野党に全面降伏する格好になる、といわれ、結局9カ月徴収停止、必要になればもっと先に延ばして、この問題をじっくり検討することになった。それでは、しかし、真面目に払った人々が損をする。それで、払っていない人はあくまで追求して厳重に取り立てる、と言う事も同時に言われている。一日たつと話が変わる。それだけ厳しい折衝をつづけていたということだろう。公営住宅も沢山たてるらしい。そういえば、アイルランドはまた、早くもEUでトップの成長率を示している。小さい国で小回りが利くから、ちょっと好転するとすぐ経済が伸びる。良いけれど、落ちる時も早いし深刻だから困っちゃう。
 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加