ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

大奥へ入るには

2017-09-10 18:10:20 | 日記
 このところ就職難も大分改善されてきたようですが、やはり憧れの職業に就くのは難しいようです。自分がやりたい仕事で一生を過ごせたら、こんな幸せなことはありませんけれど、なかなかそうはいきませんよね。

 江戸時代女性の憧れの職業は何といっても大奥で働くことでした。美しい衣装をまとい、生花や和歌などの教養を身につけられましたし、食事も庶民と比べれば結構なものでした。それにお給料も良かったんですね。ですから将軍の寵愛を得ようとまで思わなくとも、行儀作法や教養を身につけることで良縁を得たいという女性も多くいました。勿論、最大の出世は将軍の寵愛を得て男子を出産することです。その子が将軍になれば、将軍様の御生母ということになるわけですから。

 大奥の花見

 さてその大奥、どうやって入ることができたのでしょう。基本的には「旗本か御家人の娘」ということになっているのですが、例外として町人の娘でも旗本の養女になることで大奥へ奉公することができました。ただこの場合、お金を積んで養女にしてもらうわけですから、コネと財力のある豪商の娘ということになります。
 また、コネや財力のない娘でも確かな身元保証人さえいれば、御末(おすえ)等の最下級職員として直接採用されることもありました。

 大奥には定期的な一般募集はなく、必要に応じての採用だったので機会を待つしかありませんでしたし、旗本の娘や養女で入った場合はすぐに御目見得以上や御中臈となることもできましたが、宿元が御家人や町人身分で入った場合は下位の女中のまま出世することができませんでした。せいぜい御末頭(おすえがしら)止まりだったようです。御目見得以下ですから、例外を除いて将軍の目に留まることもありません。

 旗本身分で入れたとしても、大奥での出世は「一引き、二運、三器量」といわれました。「引き」というのはコネ。主に御年寄の後ろ盾がなければ、どんな美女でもチャンスを得られませんでした。次にくるのは強運。これは何事にもいえることですね。人生すべて運だといえなくもありません。御年寄のバックアップがあって美貌に恵まれていたとしても、運がなければ将軍の御手付になれないこともあります。三の「器量」は文字通り「美貌と才知」。将軍の心を掴むことができる魅力といったらいいでしょうか。

 御年寄にしても、目をかけた娘が将軍に気に入られて御中臈にでもなれば、大奥での権勢が増すことになります。そのため娘たちに華やかな衣装を着せ、御庭を歩かせたりしました。勿論、将軍の目に触れさせるためです。これを「御庭御目見」といいました。そこで将軍の目に留まればしめたもの。あとは本人の器量次第ですが、御手付にさえなれば、そして子供さえ宿せば、夢は大きく膨らんでいきます。

 いつの時代もコネと運は強い味方なんですね。

 マイホームページ   おすすめ情報(『薬子伝』)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江戸の夏・女たちの装い | トップ | 虫の声 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。