ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

五月雨の頃

2017-06-18 19:31:29 | 日記
 バラはまだ咲いていますけれど、「栄光」と命名されたバラの花は終わってしまいました。今は菖蒲と紫陽花、立ち葵などが見頃です。青葉も綺麗で、風さえ吹かなければいい季節ですが、これからは雨が主役(予定では)。うっとうしくなりますね。古風な言い方をすると長雨(ながめ)の季節です。田植えの季節でもあり、早苗、早乙女、五月雨など、「さ」のつく言葉が多いので、「さ」は田植えをつかさどる神様の名前だという学者さんもいて「サ神信仰」といわれます。

 紫陽花   菖蒲

 陰暦の五月は現在の六月とほぼ同じ。五月雨は梅雨時の雨ということになります。ちょうど田植えの時期で、稲作中心の古代においては、とても大事な月だったんですね。ですから田植えをする前に早乙女が穢れを祓い、身を清め、神を迎えるという風習があって、物忌み月(さつき忌み)ともいわれています。端午の節句も、もともとはそうした邪気を払うための行事でした。宮中でも厳重な謹慎生活をしなければならず、男女の交わりも禁じられていた時期があったようです。

 『枕草子』の「五月の御精進(みそうじ)の程」という段では、天皇と中宮が離れて暮らしている様子が描かれています。雨に降り込められた上に男女の交わりもできないとなると、退屈を慰めるものは何もないわけですから、それが「つれづれのながめ」という言葉になるのでしょう。
 つれづれの ながめにまさる 涙河(なみだがわ) 袖のみ濡れて あふよしもなし(藤原敏行)

 「五月雨のつれづれ」をもてあましているのは男も女も同じで、『源氏物語』の「帚木(ははきぎ)」の巻に描かれた「雨夜(あまよ)の品定め」は、そうした「長雨晴れ間なきころ、うちの御もの忌みさし続きて…」という「つれづれのながめ」を背景としています。そして集まってきた男たちが女談義に花を咲かせるわけですね。上流・中流・下流のどの階級の女性がいいかと。

 女たちは女たちでこの季節のつれづれをどう過ごすかというと、高貴な女性を取り巻く女房たちにおいては、物語を写したり、双紙をとじたりする作業が多かったようです。「蛍」の巻では「長雨例の年よりもいたくして、晴るる方なく、つれづれなれば、御方々、絵物語などのすさびにて明かし暮し給ふ…」と、物語に夢中になっている様子がうかがわれます。勿論、紫式部のように作る側の人間もいたわけです。

 王朝の女流文学は、この五月雨のつれづれがあってこそ生まれてきたのかもしれません。

 マイホームページ   おすすめ情報(『薬子伝』)   関連ブログ(あやめの根合せ五月雨や…端午の節句
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薔薇の季節 | トップ | 戦国烈女伝 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。