篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

篠窪(しのくぼ)の「しのくぼ茶屋」で住民が語らう

2017-07-31 09:18:23 | 20_篠窪の祭りなど
 お早うございます
一昨日は篠窪(しのくぼ)の篠窪自治会館において住民の皆さんが集まって  「しのくぼ茶屋」を楽しみました。
お呼ばれに預かって私も参加させて頂きました。
地元の腕自慢の主婦の方たちが、季節に合わせた美味しい食べ物を振舞ってくれ、みなさん美味しそうに食べておられました。
カラオケなども始まり和気あいあいと時間を過ごす事が出来ました。
篠窪自治会館は小学校の跡地活用であり、地元の特に年配の方たちの思い出の場でもあります。
庭にはブランコなども残っています。
80過ぎの方から小学校時代の話を伺うと、1年から3年生が1クラスで授業をしていたとの事でした。
近くには学校の先生たちも住まわれており楽しかったよ。
凄い経験ですね。 同学年でクラスを組むより楽しいかもね。
また、今の山を下った場所の中学校では無く、反対方向のなだらかな山を登って下る渋沢中学校へ行っていたとの事でした。

篠窪茶屋の開催は現在、篠窪の人達が対象だけれども、もっと輪をつなげて行きたいね。
今度から1回/月に定期的に開こうかしらとおっしゃっていました。
大井町の有志で作ったパンフレット「大井町の大地の風景から見える30の、かみさまをめぐる」を見た人達が遊びに来られた時の受けれる下地を作って行きたい。
良いところがもっとあるので篠窪の良さを発信していきたいですとおっしゃていました。
良い取り組みですね。 私は得意な分野の篠窪紹介写真とWeb公開で参画できればいいなと思っています。
 【しのくぼ茶屋でのスナップ】


こんなに大勢の人達が集まり、語らい、食事や歌などを楽しみます。


イベント中は目印の「しのくぼ茶屋」のノレンがあります


中の様子をうかがうと盛り上がっているようです。


色んな年代の人達が一緒に語らいます。


料理もできたてを皆の為にふるまってくれます。細かい心配りに感謝です。


小さい子供さんも大喜び。 周りのジイジ、バーバも元気を貰いますね。






ipadでYOUTUBE動画を見ながら歌う。 もっと声を大きくしたいと御自宅からカラオケ道具を持ちこんで和気あいあい。




篠窪の良さをもっと広げていきたいね。


お作りになられたタブロイドの冊子

 【過去の しのくぼ茶屋スナップ】 

2015/11/01 しのくぼ茶屋のお披露目


2017/01/14 篠窪のどんど焼きにて。 
食事をしてお団子を作り皆でドンド焼きに出かける。
村の中心地にある小学校跡地なので集まり易いです。

 【篠窪自治会館の風景】 

03/28 シンボルの桜が綺麗です。 なんと小学校のなごりのブランコもそのまま残っています。


03/28 向かって右横、右奥の三角屋根は地福禅寺です。


04/29 道路の上側から篠窪自治会館を見る


11/01 作りかけの篠窪大橋(仮称)の上から篠窪の街を望む。
平地の大井町からは山が見えるだけ。 山の窪地に篠窪(しのくぼ)はあります。
天然の城壁(高台の木々)に囲まれた城下町の気分ですね。

 【その他】 
 時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

篠窪(しのくぼ)の隣町 秦野市大用寺のサルスベリ(百日紅)が超綺麗

2017-07-29 00:22:56 | 12_季節写真
 こんばんは
一昨日、秦野市のジャスコにお買い物に行って来ました。
曾屋神社の前を通ってジャスコへ続く道の途中に曹洞宗「大用寺」  がありますが、今年も サルスベリ「百日紅の花」が咲いていました。
木が大きくなってきたので超綺麗です。
百日紅の名前が示すように長い期間花を楽しむ事が出来ます。
道祖神や道標などもあり歴史を感じさせます。

現在は曹洞宗(約832年前の鎌倉時代の宗派)ですが、屋根瓦の家紋を見るともっと古い(約1223年前の平安時代の宗教)である「真言宗」の家紋がついています。
「高野山真言宗の桐紋」がついていますね。秦野の歴史を調べてみると面白そうですね。

 【百日紅の花】 

2017/07/27 12:52 大用寺のサルスベリ:百日紅の花





 【お寺の家紋】 



「高野山真言宗の桐紋」 曹洞宗にとても似ていますが、曹洞宗の家紋ではありませんね。


「高野山真言宗の桐紋」

 【石仏など】 







道標がありますね


道路のすぐ側には道祖神が祭られています。



 【その他】 
 
時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

篠窪(しのくぼ)の隣町 小田原城の御紹介

2017-07-27 01:19:59 | 14_写真公開
 こんばんは
篠窪(大井町)の隣町は小田原市です。
よく行く四季の里のすぐ横、梅干しで有名な蘇我梅林も小田原市となります。
小田原城はかつての戦国武将である北条早雲がいたお城でもあります。
のちには篠窪家は北条家の家臣でもあったようです。
篠窪で北条家の家紋(ミツウロコ)は見た事がありませんが、大井町上大井駅近くにある
了義寺[臨済宗建長寺派]ではお寺の屋根の家紋にミツウロコがありました。
ちびまる子ちゃんで有名なミツウロコには興味がありますね。

小田原は本当に大きな城下町ですね。
小田原は旧職場に通う通勤途中駅でしたので、サクラや紫陽花を見るために季節毎に良く写真撮影に行きました。

お城以外にも色んな物が多々あり、その規模の大きさに驚かされます。
「神奈川県立 生命の里・地球博物館」などもあり古代の巨大生物等を見る事が出来るので1日楽しめますよ。・・・おすすめ
交通だけみても相模国のハブ拠点として東海道線、新幹線、小田急線、箱根登山電車、大雄山線、伊豆急線などの玄関口としてにとてもぎわっています。
撮りためていた過去写真の紹介です。


2011/05/03 北条祭りにて 故阿藤快さんが北条早雲役で出演しました。 超カッコイイ


北条祭りにて 鉄砲隊にミツウロコの家紋があります


大井町にある了義寺[臨済宗建長寺派]の屋根にもミツウロコがあります

 【小田原城】 

篠窪からはこんな感じで小田原城が見えます。 双眼鏡では天守閣が見えます


小田原駅からはこんな感じで小田原城が見えます。 朝は必ず見てから出勤していました。






小田原駅に隣接するラスカ小田原の屋上らの景色


駅から歩いて小田原城へ向かう












箱根登山バスもしゃれていますね。


雪に霞む小田原城










菖蒲と紫陽花は綺麗です




おでん屋さんも顔をだします












小田原城の常盤大門










ミツウロコの時計台があります




4/4/2012 6:46 出勤途中の早朝にZIP撮影を見に行く





































 【北条祭り】 



兜は手作りなので祭りで実際の兜とはかけ離れていると思えます。
趣味の範囲で「絆」など色々ありました。




















2011/05/03 北条祭りにて 故阿藤快さんが北条早雲役で出演していました。 
       御冥福をお祈りします



 【小田原は超美人の城下町】 

小田原へ向かう途中の道にはこんな立札があります


北条祭りにて撮影した美人たち











 【ちびまる子ちゃんのミツウロコとの関係は?】 
ちびまる子ちゃんのミツウロコは、もともと鮮魚に関わる仕事をしていた3つの会社が合体してできた会社なので「三つの鱗でミツウロコ」
北条家とは縁もゆかりも無いようです。

 【その他】  
 
  時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

篠窪(しのくぼ)に観賞用たばこの花が咲きました

2017-07-23 06:54:44 | 12_季節写真
 お早うございます。
先日、篠窪のサツマイモのおばあちゃんのお宅に行ってきました。
無農薬の朝採れキュウリを貰いに行きました。
トゲと花がまだついているビチピチ(パリパリ。ポキポキかも)のキューリは市販のキューリとは全く別物です。モロミソをつけて頂きました。
また、ご自慢のサツマイモ畑は、毎日晴れ続きであったにもかかわらず、立派に成長していましたよ。

そのサツマイモ畑の横では観賞用に植えた たばこの花 が咲いていました。
淡いピンクがとても綺麗でした。
以前、御自宅が火事になりましたが、その焼跡からいくつかの草が生え、その中に43年前まで栽培されていたたばこの芽がありました。
既に亡くなられた御主人と共に生きて来られたおばあちゃんですので、その苗は御主人からのプレゼントだと思い観賞用たばことして再生し、その花を楽しんで(懐かしんで)おられます。
今ではすっかり嫌われ者になったたばこの煙とは違い、その花は控えめの小さいピンクの花であり、心が安らぐとても綺麗でな花です。

いつもは9月の秦野たばこ祭りの頃に渋沢駅や秦野駅でたばこの花を見る事ができますが、一足先に篠窪でたばこの花を見る事が出来ました。

また、秦野市と同様に篠窪はたばこの産地でしたので、特殊な形をしたたばこ乾燥小屋を今でも見る事ができます。

 【観賞用のたばこの花】 

2017/07/17 18:41 茎の天辺に小さな花を咲かせます。




拡大したたばこの花


全てを無農薬で栽培されるので、葉っぱは虫に食われてしまいました。
虫たちにとってはきっと美味しい葉っぱなんでしょうね。


(ご参考)2016/11/15 たばこの花に実がついた写真 (初めて見た超貴重な写真です)

 【今も残る貴重なたばこ乾燥小屋】 
屋根の上の小さな換気用の屋根が特殊ですね。
家の横にはピザ窯の様に薪をたける窯と煙突があります。
完全に昔の形が残っているのはこの写真のお宅のみで貴重です。


小屋の中に沢山の葉っぱをぶら下げていたそうです。

 【篠窪で見たその他の花など】 



モクレンの花


お花屋さんで売られている百合は美白顔の真っ白ですが、篠窪のヤマユリはソバカスがチャーミングな独特の顔をしています。




咲き誇るヤマユリの花 
(個人のお宅で何とか生き延び、大事に育てられているヤマユリです)
矢倉沢往還沿いのヤマユリは、根こそぎ摘みとられ、今は全くと言ってよいほどに見る事ができません。
ここに生えているヤマユリがもっと増えて、これを元にして矢倉沢往還沿いにも復元できたら良いですね。


何の実かと思っていましたが、たぶんクルミの実だと思っています。
実の形がオニクルミとは異なり、アケビの様な形をしています。
もう少し調べてみます。
2017/07/24 鹿角またぎ様の御指導で実の名前が判明 追加
     「ポポー」の実でした。 食べられます。

     参考URLは下記をクリックして見てね 
     http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/pawpaw.htm



クリもだいぶ大きくなってきました。 ・・・楽しみ


 【その他】 
(1)今年、2017年秦野たばこ祭りは9月23(土)9月24(日)だと思います。

(2)時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
  http://nposhinokubo.web.fc2.com/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

篠窪(しのくぼ)の隣町 秦野市曾屋神社近くの不思議な古道を散策する

2017-07-18 04:54:15 | 14_写真公開
 おはようございます
先日から道祖神を見るために秦野市の曾屋神社近辺を数日かけて散策しました。
以前から乳牛通り(ちゅうしどうり)と言う不思議な道があり何だろうと思っていました。
更に、その昔に乳牛通りの乳を使い、チーズ見たいな「蘇」「醍醐」をつくっていた地域があり醍醐通り(だいごどうり)と言う道もあります。
商業中心地の周辺にありながら農業のまちの風情を残す乳牛通りと醍醐通りは不思議な空間です。
醍醐通りには丸に剣片喰(けんかたばみ)の家紋の殿様屋敷の様なお宅もあり、歴史ある不思議な空間も残っています。
・・・・歴史の奥深いものが感じられる不思議な空間です
以下の2カ所は以前から写真を撮影していた場所ですが、有形文化財および登録記念に登録されました。
秦野駅から歩いて10分程の場所です。ぜひ足をお運び下さい。

(1)タウンニューズ秦野版 2017年3月16日号
   宇山商事が有形文化財に
   http://www.townnews.co.jp/0610/2017/03/16/374432.html



(2)タウンニューズ秦野版 2017年6月23日号
   曽屋水道が登録記念物に
   http://www.townnews.co.jp/0610/2017/06/23/387465.html


 【宇山商事が有形文化財に】 


 【乳牛(ちゅうし)通りを歩く】 
散策したMAP (赤線:乳牛通り、緑色:醍醐通り、水色:文化財など)






本町上宿の観音堂




上宿の消防団


道の途中に八幡神社


古い建屋の玉川屋豆腐店







お稲荷さんがあるお宅




天徳寺








雨だれ石を穿(うが)つの教え






多数の家紋があり不思議な空間(どんな歴史があり、何を意味するのでしょうか)


天徳寺は曹洞宗のお寺です。 浄土真宗にはないお施餓鬼(おせがき)やお塔婆(おとうば)などのしきたりがあるようですね。
昔の子供の頃は親につれられて本堂の大きな柱と畳の中でお経を読んでいた(聞いていた)記憶があります。 大きなお寺を見ると一瞬子供の頃の記憶がよみがえってきます。


すぐそばには天理教もあります。


乳牛自治会の掲示板 ・・・・・乳牛?何だろうと最初は思ってしまいました。


道の途中には乳牛通りの立札があります。


お米屋さん


曾屋神社側のカマカピーナッツ屋さんの向かいには乳牛通り入口の立札があります。


街灯はこんな感じ


曾屋神社横のピーナッツやさんに出ます。

 【曾屋水道が登録記念物に】 
曽谷水道付近を「水神町 すいじんちょう」と言います。
神様の名前がついているなんて町名がかっこいいですね。






ヨイトマケの歌のモニュメントがあります




曾屋神社の側面に防空壕があるものとずっと思っていましたが、水の取り込み口でした。





 【乳牛通りの途中から醍醐(だいご)通りに向かう】 


郵便局の側から




ここが醍醐(だいご)通りで秦野市役所方向へ向かう道


民家の中にはお稲荷様が祭ってあります。


まるで殿様の御屋敷の様なお宅


丸に剣片喰(けんかたばみ)の家紋が見えます


自治会会館




市役所がわから醍醐(だいご)通りを見る。
醍醐(だいご)通りの立札もなく歴史から葬り去られた道。 地元の方や道祖神好きの方だけが知る道の様です。


秦野市役所に出ます。


 【その他】 
 時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加