篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

篠窪(しのくぼ)三嶋神社「椎の木杜」は深緑へと変化したよ

2017-06-05 06:23:45 | 11_篠窪・三嶋神社
 お早うございます
6/2(金)に篠窪の三嶋神社へ行って来ました。
三嶋神社の「椎の木杜」には、新たに巨木観察用の順路が整備されています。
この時期は雑草も思いっきり生え、巨木観察用の順路が草に覆われ分かりにくくなってしまいます。
この為に、散策しやすいように順路となる道の草刈りをやっておられました。
三嶋神社の椎の木守をやられている稲葉一郎様がお一人で作業を実施されていました。

三嶋神社は大多数の「椎の木」以外にも「スギ」「タブの木」「ケヤキ」「イチョウ」
「カゴの木」「ムクの木」
などがあります。
散策する人がもっと楽しめるように、木名の名札をつける準備も並行してやられていました。添付している「巨木群見取り図」も稲葉一郎様が作成されており、それを頂き今回アップしました。

三嶋神社の「椎の木杜」は何度も写真を撮らせて頂いていますが以前に比べて、
淡い黄緑から深緑に変わってきている
事が感じ取れます。
都会では巨木を見る機会は少ないと思います。
ぜひ、緑の中の美味しい空気を吸いにいらして下さい。

 【除草風景】 



木の種類を入れた「巨木群見取り図」も椎の木守をやられている
稲葉一郎様が作成され頂いたものです






人と比較すると木がいかに大きいか分かります。


椎の木の倒木も直径は人の高さ程もあります。








癒されますよ






倒木の良い部分は彫刻の材料などに活用されています。
新たな命を吹き込まれて次の世代へと引き継がれます。 
・・・本殿に飾られている彫刻もそうです。


山北の彫刻家「蘭二郎」様に命を吹き込んで貰った倒木達


やはり水蒸気が多いんですね。苔と共存しています。

 【遠くの景色】 
富士見塚付近から見るいつもの富士山
雪がだいぶ少なくなってきました


三嶋神社の椎の木杜を見る。何とも言えない色の移り変わりを楽しみます。
成長を見守る感じかも。


椎の木杜の向こうにはいつもの様に丹沢が見えます。

 【大井町の様子】 
篠窪からブルックスコーヒーを経由して大井町役場の方へ向かう途中の景色です。
昔は足柄平野で田んぼや畑だったと思われますが、今は東京のベッドタウンとして
家がビッシリです。
秦野市も同様ですが、昔、平野(畑や田んぼ)だった証として、「大きな木が何もない」風景に異様さを感じます。
平野だったため、神社などもなく大きな木が一本もない。田舎育ちの私には異様な世界に見えます。
里山である篠窪近辺にだけは、まだ、昔と同じ景色が見られるので少しは心が落ち着きます。


 【その他】  
 時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篠窪(しのくぼ)にて「おお... | トップ | NPO法人しのくぼ活動報告... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

11_篠窪・三嶋神社」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL