篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

篠窪(しのくぼ)から 都会の駒場野公園を散歩して思う事

2017-09-15 05:08:12 | 03_ウォーキング_さるく
 お早うございます
昨日は久しぶりの病院通い。
会社時代に小脳梗塞を患い、3か月程の入院と手術。
殆ど死んでいたにもかかわらず、流石に大学病院。
良い先生たちに恵まれて生きかえってしまいました。
今は定期健診と薬補給のために片道2時間かけて通院しています。
執刀主治医の先生たちとはもう13年程のつきあいとなります。

渋沢駅から小田急線で下北沢で下車して井の頭線に乗り換えます。
井の頭線駒場東大駅で下車して池尻大橋の病院まで20分程歩いて行きます。

井の頭線から見ると駒場東大駅の少し手前に公園らしきものが見えます。
大きな木に何かが咲いているように見えました。
気になっていたので病院の帰りに散策に出かけました。
「目黒区立駒場野公園」であることが判りました。

東京教育大学(農学部)の跡地を利用して作られた公園だそうです。
公園のそばには田んぼがあり稲が実っていました。
昔の目黒区は農村だったらしく、面影が残っているのだそうです。

公園内は自然がいっぱい。
篠窪の三嶋神社の様な大木が沢山に残っており、大事に管理されている事が分かります。
公園内には備え付けのバーベキュー設備があり、市民が楽しんでいるようです。
小さい子供さんをつれてお母さんが昼食をとっていました。
また、スケッチを楽しんでいるグループの方もいました。
自然がいっぱいで安心して楽しめるとの事でした。
大木に囲まれているので非常に涼しく、とても都会にいるとは思えない感覚でした。
設備もセンスが良く洗練されておりGOODでした。
流石に都会。 案内板の中には「サンクチュアリー」のしゃれた言葉が記載してありました。
日本語だと「自然保護区」の事だと思います。
篠窪全体がまさに人間の為の「サンクチュアリー」だと思います。
都会に出て、自然の大切さを痛感した一日でした。

【目黒区立駒場野公園】
(1)公園入口付近
稲穂を表す素敵な門




案内板


入口付近からは田んぼが見えます。


案内板



(2)公園内

モニュメント




楠の木


公園内には作りつけのバーベキュー設備が多数ありました


石造りの立派なバーべキュー設備

(3)自然がいっぱい



この樹の黄色い葉っぱが光っていたのだと思います。








都会の中でも彼岸花はちゃんと咲いていました。 さすがに律義な花ですね。











(4)公園を出る

廃墟となった1階から3階の全ての住宅全体にペイントでイタヅラ書き
流石に都会の現実にに引き戻されます。
(心が荒れているように見えますが、エネルギーが有り余っているのだと思います。)

【その他】
  時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
  http://nposhinokubo.web.fc2.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篠窪(しのくぼ)で見るモク... | トップ | 篠窪(しのくぼ)より白い花... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

03_ウォーキング_さるく」カテゴリの最新記事