篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

篠窪(しのくぼ)より「諸行無情」「一日一生」の言葉

2017-01-22 19:14:07 | 12_季節写真
 今日は
篠窪(しのくぼ)は信仰深く、石碑、道祖神などが沢山あると思います。
三嶋神社の「椎の木守」をされている稲葉一郎さんの個人のお宅にも、300KG以上もある石に禅の心が彫ってあります。
諸行無情」「一日一生」人生を深く経験された方の言葉。
なんと素敵な言葉でしょうか。
石に深く刻み込まれていますが、これでも経年が変化すると、何を書いているのか
見えなくなり土に帰るのかもしれません。
矢倉沢往還の途中であるため、道祖神などもあり、今に心を伝えています。
でもあと何百年、何千年もすると、深く刻み込んだ石ですらどうなるかは判りません。
自分ではどうすることもできず、後輩に未来を託すしかありません。

ご参考にこれまで撮り貯めていた写真を沢山に張り付けました。
新松田方向から篠窪から渋沢方向に向かって纏めてあります。
興味がありましたら、ぜひ足をお運びください。

【諸行無情 一日一生の石碑】

諸行無情
意味は以下URLをご覧下さい
http://bukkyouwakaru.com/mujyo/



一日一生

【富士見塚付近】

矢倉沢往還道・・・昔のままの道がそのまま残っています。


駒留めの榎


駒留めの榎・・・こんなに大きいです。


矢倉沢往還道の石碑


富士見塚横の矢倉沢往還への入口


富士見塚


篠窪講中が明治15年に建立した富士玉産書の「富士山大神碑」


富士山が良く見えます。 








篠窪の新石碑(道案内用)と賽の神(さいのかみ)(道祖神)


雪をかぶった状態


篠窪の新石碑(道案内用) 菜の花が植えられていました。


賽の神(さいのかみ)(道祖神)にドンド焼きのお団子が祭られていました。


篠窪のセールストークが書かれた看板


菜の花と桜の花が咲いていなくてもこんなに綺麗 (空気も良くて超気持ち良いですよ)
お弁当を持って景色を見ながら食べている方を時々見かけます。

【カリマタの山の神】

カリマタの山の神


こんな感じで山頂に祭られています。 


伊豆大島~富士山まで一望できます。

【見晴らし展望台付近】

富士見塚を望む


夕方の富士見塚


夕方でも景色を楽しみに来られます。


見晴らし休憩所(高台)からは富士山と大井町が一望できます。


見晴らし休憩所は雪が降っても綺麗

【三嶋神社と椎の木森】







超巨大な椎の木




素晴らしい石碑






地元の方が交代で清掃しています。 いつも綺麗です。


石段を登ります。


本殿です。


NPO法人しのくぼ主催の見学会に参画


(后土神/庚申塔/天社神)が祭られています






















神社の銀杏(いちょう)が本殿の目印




冬も綺麗


三嶋神社のはるか向こうに丹沢が見える

【地福禅寺】



熱心な信者の方がお参りしています。


6地蔵が迎えてくれます。






















雪をかぶっても帽子のおかげで暖かいよ。 ・・・地元のおばあちゃんが手作りで被せてくれます。






昔に使われた「お医者さまを迎えに行く籠」が保管されています。


人力の霊柩車も保管されています。

【入り方の道祖神】


【二階堂屋敷跡】



入り方の井戸

【了全山】



了全山の入口 柿の木も有名で写真家や画家の方に会ったりします。


山頂までは自然の草花がいっぱい。




NPO法人しのくぼが清掃して管理しています。


お地蔵さんが側にいてくれます。


二階堂政貞のお墓です

【昔のたばこ乾燥小屋】

秦野と篠窪はタバコ栽培が盛んでした。

【旧篠窪村名主の小島邸】




NPO法人しのくぼ主催の見学会にて



【水神様】





水神様 今でも湧水が出ています。

【上屋の道祖神】




【アズマサン】


篠窪は神様と縁が深い。 信仰深い方が多いと思います。
是非心と体を休めに来て下さい。

時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
http://nposhinokubo.web.fc2.com/


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篠窪(しのくぼ)より 芥川... | トップ |  篠窪(しのくぼ)から春の気... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL