篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

篠窪(しのくぼ)の三嶋神社 椎の木森は自然の芸術家

2017-03-07 10:18:11 | 11_篠窪・三嶋神社
2017/03/10 三嶋神社の概要写真を追加

 今日は
三嶋神社の「椎(しい)の木守」をやられている方から電話がありました。
境内真上の椎の木森「一番上側」にも素晴らしい巨木が見つかったよ。
散策コースを作りたいので一緒に見よう。
椎(しい)の木だけでも数えると合計26本程見つかりました。
木の名前の立て札や順路を書いた「散策コース」の立て札を作り、て4月頃には公開したいなとおっしゃっていました。
境内から一歩山側に足を踏み入れると別世界が見れます。
・・・合計でも50メートル程の散策です。
一足先に、見て感動した巨木、倒木の一部を公開します。
絵を描いても良し、森林浴も良し、巨木や、朽ち果てようとする木々が何かを語りかけてくれますよ。
篠窪は都会的なものは何もない。 何もないのが魅力。
歴史の記憶がほんの少しだまってそこにあるだけ。、
自分から問いかけると、木の聖のしわざか、何かが感じられます。
心が落ち着き、一日のんびり過ごせるかもね。

【見なれた三嶋神社の入り口付近の写真】

秋は境内のイチョウが目印


冬はこんな感じの森


普段は入口の倒れかけた巨大な椎の木に驚かされます。



【急な階段を登り境内へ向かう】



境内はとても広いです。 向かって左より神楽殿、津島神社、三嶋神社本殿です。
その上は一般の方は見たことが無い「椎の木森(しいのきもり)」です。


中央の小さい神社も地元の方はとても大事にされています。
今度の祭りに準備の為にのぼりを立てて試されていました。 2017/03/10追加写真




境内には気根(きこん)を持つイチョウがそびえる。 上を覗くと「気根(きこん)おっぱい」が見えます。


境内の上は椎の木森となって神社が守られています。

【見つかった倒木、巨木の芸術品】

倒木は芸術品 朽ちかけてもまだ何かを語りかけてくれます。











  


境内の上から見る。下は本殿の屋根


こんな感じで巨木が沢山待っていてくれます


【巨木の散策動画】
クリックしてね。 こんな感じの木がいっぱいです。
https://youtu.be/X1lZ47KXUyw


【この記事も見てね】
「篠窪(しのくぼ)より あなたには雲の声が聞こえますか」
・・・クリックしてください。色んな巨木の写真です。http://blog.goo.ne.jp/shinokubo_picture/e/6f0da0d95378ab0ce797fc04c321128b


【その他】
  時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
  http://nposhinokubo.web.fc2.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篠窪(しのくぼ)2017/3/5NPO... | トップ | 篠窪(しのくぼ)の「春めき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL