篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

篠窪(しのくぼ)2017/3/5NPO活動報告 菜の花畑の手入れ

2017-03-06 15:02:30 | 写真公開
最終行に「新松田から篠窪(しのくぼ)の富士見塚への行き方」を追記しました 2017/3/7

 今日は
NOP法人しのくぼ」の活動報告です。

篠窪(しのくぼ)に遊びに来て頂ける皆さんに綺麗な菜の花畑を見て感動して頂きたくて色々試行錯誤しながら菜の花畑を作り、又管理しています。

【3月5日(日)コアタイム その1】
見晴らし休憩所横の菜の花畑の作業です。

3月最初の作業は、先月の春一番で倒れてしまった看板の修理です。
丸太をちょうど良い長さに揃え、掛け矢を使って杭を打ちます。

杭打ちは意外と重労働で1本打っただけでも体が温まります。
というか暑くなり、肌寒い朝にはちょうど良いウォームアップです。
番線で根元を括りとりあえず復旧完了です。
表示内容も若干修正が必要なので、時間を見て直す予定です。

【看板の修理作業】

↑春一番で倒れてしまった看板


↑修理中


↑立派に元に戻りました。

【3月5日(日)コアタイム その2】
見晴らし休憩所横の菜の花畑の作業です。

3月最初のメインとなる作業は、菜の花畑のお手入れです
昨年に種を筋撒きしたのですが、どうも育成がよろしくありません。

土壌の状態や堆肥の入れ具合のバランスが悪いようで、誰が観てもその様子が判ります。
特に昨年ジャガイモを植えていた場所の「菜の花」は全く育成していない状態です。

今回は、軽トラの荷台に積んできた別の場所で育てた菜の花をその場所に移植してみました。
鋤きや鍬で土をあげ、追肥して移植します。

この場所は、長い間休耕地であったため、地力も落ちているのかも知れません。
健やかな育成を願いながらメンバー達は丁寧に移植しました。

意外と何にも手を入れていない畑地の端がよく育っています。



↑別の場所で育てた菜の花をその場所に移植してみました









【その他】
時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
http://nposhinokubo.web.fc2.com/


【篠窪(しのくぼ)の富士見塚への行き方】
1.小田急線の新松田から
     ・・・・一番近くて早く着きます
  (1)新松田駅から歩き (30分~1時間程)
  (2)タクシー 約10分
     「篠窪(しのくぼ)の富士見塚まで」と指定してください
     1200円~1600円程





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篠窪(しのくぼ)から隣町(... | トップ | 篠窪(しのくぼ)の三嶋神社... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
篠窪の行き方を知りたい (Unknown)
2017-03-06 17:29:41
車の運転ができないので、バスか徒歩、タクシーになると思いますが、行くことが出来るでしょうか。大井町の曽我梅林には行ったことがあります。下車駅を教えていただけたら、うれしいのですが。
コメント有難うございます (西村 ももじい)
2017-03-07 03:11:12
 こんばんは
コメント有難うございます。
本文の最終行に新松田駅からの行き方地図を追記しました。
徒歩かタクシーになります。
路線バスはほぼ走っているのを見たことがありません。

私は健康の為に小田急線「新松田駅」から「篠窪(しのくぼ)」まで、たまに歩きますが、そんなにきつくない坂道です。
ルートは下記3つが代表的ですが、(1)が一番楽と思います。

(1)小田急線新松田から
   ・・・一番近くて楽
(2)小田急線渋沢駅から
   ・・・矢倉沢往還を歩けますが、
      距離は(1)の1.5倍
(3)御殿場線上大井駅から
   ・・・一番遠く、ハイキングコースが設定されていますが、一番距離があり、帰りを考えると結構きついです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL