篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

篠窪(しのくぼ)から望める丹沢の歴史 「ようこそ50年前の丹沢へ」を見に行く

2017-08-06 09:43:22 | 14_写真公開
 こんにちは
2017/8/4(金)、8/5(土)と秦野市の水無川の側にある 「秦野市桜土手古墳公園」 に行って来ました。
古墳公園の事務所には「秦野市教育員会生涯学習課」の皆さんが勤務されております。
例の「家紋」や「見た事もない車輪やスライムの様な紋章」の事が気になっていたので教えて頂こうと思って行きました。
流石に、凄い人達がおられヒントを頂く事ができましたよ。
また、偶然にも 「ようこそ50年前の丹沢へ」 との見出しで色んな貴重な写真や資料が展示してありました。
篠窪からは丹沢(大山)や二ノ塔、三ノ塔など丹沢の山々が見め、篠窪で撮影する風景写真のバックをうっすらと飾ってくれます。
山好きの方は是非見に行ってみて下さい。

氷が張った丹沢の沢や、スキー場があった事、ロープーウェイを計画していた事、国定公園認定への苦労、自然保存と観光への葛藤など、知らなかった歴史を垣間見る事が出来ます。
・・・・・「丹沢登山」と「古墳公園での展示」が結びつかないので来られる人が少ないのではと思いますが、取り急ぎの情報提供です。
是非、本物を見にお出かけ下さい。開催期間:2017年8月1日~2017年8月27日

また、歴史好きにはたまらないスポットです。
「秦野市教育員会生涯学習課」の方々がおられますので、秦野の歴史のスペシャリストです。
歴史、古墳、・・・・色んな専門の方がおられすので貴重な情報を教えて下さいます。
何日も通って秦野の歴史を調べておられる歴女の方がおられましたよ。


今は全く見られない景色。 温暖化か進んでしまい、想像できない景色ですね。

 【古墳公園の外観】 

向かって左の展示館の中です。


緑が多い古墳の公園ですので心が落ち着きます。



 【写真等】 




















 【丹沢祭りの貴重なポスター】 

展示室のパノラマ




宮永岳彦画伯が作成したポスター


宮永岳彦画伯が作成したポスター

 【雑誌 山と渓谷の表紙】 


山好きの方は目にしていた懐かしい雑誌ですね。 丹沢が表紙です。S24年の文字が


昭和36年の文字が

 【観光地図】 

カラーコピーでコピー(50円)して頂き、額に入れて自宅に飾っています。
東名がまだ通っていない246号線だけの時代の案内地図です。
今の小田急線「東海大学」が「大根」として絵がかれています。





 【観光パンフ】 
















 【新聞記事】 

スキー場があったらしいのですが、雪不足でわずか1シ-ズンで閉鎖


丹沢にロープーウエィの計画があったそうです。


国定公園への階段

 【その他】 
 時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篠窪(しのくぼ)の隣町 お... | トップ | 篠窪(しのくぼ)の隣町にて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

14_写真公開」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL