篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

NPO法人しのくぼ活動報告 菜の花種の収穫と除草作業(2017/5/7)

2017-05-10 03:53:52 | 01_NPO活動
 こんばんは
2017年5月7日(日)のコアタイムは、ゴールデンウィーク最終日となる日曜日でした。
天候もよく、春本番といったすがすがしい陽気です。

朝のミーティングで、菜の花種の収穫チームと除草チームの二手に分かれて
作業しました。
(1)収穫チームの作業(来年咲かせる為の菜花種を採る)
   前回の菜花種の収穫は、さやが黄色くなってから刈り取り、ブルーシート
   を広げてふるい落としてました。

   今回は、ちょっと早めにさやを刈り取り、小分けした袋で乾燥を進めて収穫
   する作戦です。
   シートを広げた乾燥や収穫が大がかりでなく、これまでよりも合理的に
   できる「はず」です。

(2)除草チームの作業
   除草チームは、道路脇を刈り払い機で除草しました。傾斜地なので
   たいへん注意を要する作業です。

(3)理事長ご家族は茶摘み作業
   本日のコアタイムは、理事長が欠席です。しかしすぐ近くで理事長が
   別の作業をしています。
   ちょうど茶摘みの日にあたり、ご家族総動員でご自分の茶畑の
   作業です。
   
   理事長の畑では伝統的な手摘み作業です。その手さばきは、
   機械摘みとは違って、茶葉に優しく、しなやかに摘み取っています。
   もはや「伝統芸能」ともいえるべき我らが理事長の技です。
   今日も日差しが強かったですが、無理せず手摘みを続けていって
   もらいたいものです。
                文:NPO法人しのくぼ 天野さんより

 【朝一のミーティング風景】 


 【収穫チームの作業風景】 

ちょっと早めに さやを刈り取り、小分けした袋で乾燥を進めて収穫する作戦です。
来年も綺麗な菜の花を咲かせるために菜花種を採る作業です。




 【除草チームの作業後の風景】 
給水塔へ登る手前のカーブ付近の除草です。


給水塔の近くの斜面の除草


篠窪の景観は除草作業のおかげでいつも気持ちよく景色を楽しむ事ができます。


 【茶摘み風景】 

茶摘み風景 手摘みの新茶は最高に美味しい事でしょうね。


茶畑風景 八十八夜を過ぎるとお茶の新芽は薄緑色に光輝きます。
まるで生まれたての赤ん坊を見る様な感覚です。

 【篠窪の様子 作業後の5/9風景】 

緑の様子が変わってきましたね。


遠くに丹沢を望む


農作業風景 サツマイモ等が一斉に植え始められました。


三嶋神社の杜風景 遠くの山は丹沢(大山)です。


草木も花を咲かせます




八重桜も収穫を終え枯れるのを待ちます。


枇杷もだいぶ大きくなりました


雑草達も除草に負けずに精いっぱい咲きます。

 【その他】 
 時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篠窪(しのくぼ)の隣町で「... | トップ | 篠窪(しのくぼ) 三嶋神社... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

01_NPO活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL