しのけんの朝活!合気道

合気道稽古日誌とあれやこれや

龍本部道場 朝クラス 2016/7/27(水)稽古日誌

2016-07-27 09:39:58 | 合気道

鈴木先生 6名(内合宿1名)

1)片手持ち四方投げ(一)
 >重心移動しながら向きを変え受けの腕を肩口に折りたたむ。
 >受けはお尻から後方へ倒れる。

2)両手持ち四方投げ(二)
 >持たせた手でつながって回転しながら振りかぶる。

3)両手持ち一ヶ条投げ(内よけ)
 >誘導をしっかり。
 >半身になって両手をやや段違いにして誘導する。
 >しっかり開いて投げるスペースを作る。

4)座り技両手持ち二ヶ条抑え(一)
 >戻りながら振りかぶり二ヶ条に持つ。
  振りかぶりと移動がバラバラにならないように。

大塚先生お休みの為、鈴木先生のご指導でした。

今日は佐倉から初心者の方が参加されました。
みんなで一緒に稽古しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2016/7/26(火)稽古日誌

2016-07-26 12:46:10 | 合気道

安藤先生 6名(内研修生1名、合宿1名)

1)後ろ技襟持ち肘締め(一)
 >腰を回すようにして斜め後方へ移動する。
 >内股になりながら受けの腕を突き上げる。
 >当身の届く方向へ引く。受けから遠くならない。
 >一気に出て受けの腕を胸で迎え締める。

2)後ろ技襟持ち肘締め(二)
 >背筋を伸ばし前進し受けに影響が出るように振りかぶる。
 >斜めに出て向きを変え、後ろ足を軸に回転しながら
  受けの腕を胸で迎える。
  体をねじらない。背筋を伸ばし重心を落として
  抑えながら回転する。

3)正面突き肘当て呼吸投げ(一)
 >受けの突きを2)と同様に後ろ足を軸に回転して捌き
  手刀で上から抑え肘へ当て、前進して投げる。
 >力まない。止まらない。

4)座り技片手持ち二ヶ条抑え(一)
 >軸足の膝をせり出すようにして重心を乗せ
  回り込んで受けを崩し当身
 >半分戻りながら振りかぶり二ヶ条に持ち
  膝をせり出して締める。腕で締めない。
 >受けの肘肩を返す際は腰を入れて
  自分の正面に納めるように抑える。

ノルウェイからビョーンさんが合宿に来られました。
明日までいらっしゃいます。

今日は、苦手な技が続きました(汗)
1)は受けの腕を突き上げるところで抜けてしまいます。
軸がぶれているのかなぁ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2016/7/22(金)稽古日誌

2016-07-22 21:16:13 | 合気道

安藤先生 6名(内研修生1名)

1)後ろ技両肩持ち三ヶ条抑え(一)
 >前足の膝を曲げ腰を下へ向け落とし背筋を伸ばし
  下半身の力を肩へ集め繋がる。(掌は前向き)
  向きを変えながら肩を上げ受けを乗せる。
  (肩を返すように上げ掌は後ろ向きに)
 >後ろ足をずらし肩を効かせたまま前足を引き三ヶ条に持つ。
 >反対の肘を曲げ掌を下に向け内へ返し相手の小指を攻めながら
  重心移動して締める。
 >一の引きは肩で引く。軸足を曲げ腰を落とし繋がっておいて
  受けの手が肩から離れないように全身で引き途中で離す。

2)後ろ技両肩持ち三ヶ条抑え(二)
 >(一)と同様に前膝を曲げ腰を落とし背筋を伸ばして力を流し
  前進しながら受けを乗せる。
 >腰から斜めに出て向きを変え三ヶ条に持つ。

3)後ろ技両肩持ち側面入り身投(一)
 >初動は1)と同じ。力を流しておいて腰を回して
  向きを変えながら移動しながら肩を上げ受けを乗せる。
 >内側の肘で突き上げるようにしながら側面から入る。
 >大きく入りすぎない。無理しない。

4)座り技両手持ち呼吸法(五)
 >膝をせり出し腰を下へ向け落とし前傾して受けと繋がる。
 >軸足に乗って回転し倒す。膝を開かない。引かない。

5)半身半立ち両手持ち呼吸投げ 4)を踏まえて
 >4)を踏まえて、掌を下へ向けて腰を落とし
  持たせたところでつながり重心移動して投げる。

今朝の稽古は、ほとんど黒帯会って感じだったかも(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2016/7/21(木)稽古日誌

2016-07-21 22:44:04 | 合気道

堀田先生 5名

1) 組剣1本目

2)片手持ち二ヶ条抑え(二)
 >高く振りかぶり受けを浮かせる。
 >ただ回転すると抜けてしまう。
  受けに向かって重心をかけながら腰を回し回転する。

3)座り技肩持ち二ヶ条抑え(二)

4)肘持ち二ヶ条抑え(二)
 >高く振りかぶり肘をすこし引っ掛ける。
  体をねじって肘を乗せない。
 >締める際に腕を捻らない。

5)肘持ち正面入り身投(応用)
 >肘でしっかり誘導する。
 >ハの字の形で入り見して崩し投げる。

今日は雨・・・梅雨明けはまだですねー
でも割と涼しくて助かりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2016/7/20(水)稽古日誌

2016-07-20 21:29:22 | 合気道

大塚先生 4名

1)正面突き小手返し(一) 立/座
 >手を掴みに行かない。軸足に乗って捌いて引っ掛ける。
 >大きく伸びを出して受けを動かす。
 >内股になり、少し溜めるようにして小手を返し
  大きく斜めに前進して崩す。
 >投げるスペースができるように大きく出る。
 >低く前進して投げる。

今日も仕事のため前半で失礼いたしました。

今日は、正面突きの捌きがいい感じでできました。
再現性を高めていきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加