しのけんの朝活!合気道

合気道稽古日誌とあれやこれや

龍本部道場 朝クラス 2016/1/29(金)稽古日誌

2016-01-29 12:47:09 | 合気道

安藤先生 8名(内合宿5名)

1)横面打ち三ヶ条抑え(二) 立/座
 >十字に組んで腰を回して押し込み、
  受けを出させて回転する。
 >三ヶ条に持つ手をひねらない。ひねると力が途切れる。
  肘をやや伸ばし受けの親指の付け根へ力を流す。
  反対の手を抜かない。しっかり上げる。
 >手で引かない。
  押したりせずに、腰を入れそのまま引く。
  前足も引き付け、当身。
 >二の引きは、上から肘を持って、後ろ足を引き
  前足を引き付けて引く。

2)横面打ち一ヶ条投げ(内よけ)
 >手足同時に動く。手足がばらばらになると崩れない。
 >横へ開かない。入り身する形でやや前に膝を曲げ低く開く
  内股→外股。
 >後ろ足から出ながら切り下すように投げる。

3)両手持ち天地投げ(一)
 >上の手はやや前に攻めるようにして振りかぶり、
  下の手はやや内へ引き込むようにして膝の前に出し、
  上下に切り分け、バランスを崩す。
 >後ろ足をまあるく踏み込みながら入り身する。
  腰の操作で内股→外股となりながら体勢を落として抑え
  前進して投げる。
 >上に上げず、体勢を落として前に攻める。

今日は、日本人3人・・・(^^;)
風邪が流行っているからかなぁ・・・

来週月曜から寒中稽古です!みんな来てくださいねーーー!!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2016/1/28(木)稽古日誌

2016-01-28 12:56:08 | 合気道

堀田先生 9名(内合宿5名)

1)水車勢

2)片手持ち側面入り身投げ(一) 立/座
 >腰を決め受けの前足の前にT字になるように
  前足を押し出し、後ろ足を引き付け、抑える。
 >後ろ足を決めて側面から受けよりも腰を低く入る。
  腰を回し抑える。腕を振らない。
 >腰ですこし前進して投げる。
 >下半身の鍛錬
  正座法で膝をついたところから紙一枚膝を浮かせ保つ。
  (膝、腰がプルプルきますーーーーっ!)

3)肩持ち側面入り身投げ(二)
 >腕で押さない。
  胸を張り肩~腰をつなげ体勢で抑える。

4)肩持ち二ヶ条締め (一)の動きで
 >胸を張り前掲して締める。

鍛錬打ちでだいぶつよくなった感じではありますが、腰をもっと鍛えねば~~~!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2016/1/27(水)稽古日誌

2016-01-27 21:40:01 | 合気道

大塚先生 9名(内合宿5名)

1)後ろ技両手持ち一ヶ条抑え(一)
 >腰で向きを変える、
 >丸く上げてを返し額の前にふりかぶる。
 >大きく低くおろし崩す。
 >手を持ちにいかない。
  肘を押さえ前進することで自然と手に入る。
 >肩口へ押し込むように前進し抑える。

2)後ろ技両手持ち一ヶ条抑え(二)
 >前進しながら手首を返し腰を落とし抑える。
 >ふりかぶり、腰から斜めに出て向きを変え圧を与える。
 >内股になり受けを少し出させておいて大きく回転し
  重心を移動して抑える。

3)後ろ技両手持ち合気投げ
 >手刀の手を持たせ、反対の手で受けを誘導し、
  持たせる直前で投げる。
  受けの動きに合わせて動き受けを大きく動かす。
 >腕はフラフラしない。身体のやや前にふりかぶる。

4)座り技両手持ち呼吸法(二)
 >手の甲で受けの手首を撫でるようにして上げる。
 >膝をせり出し、上体を起こして受けのバランスを崩し
  切り下ろして両膝同時に前進し抑える。

5)自由技 かかり稽古で

誘導する手の動きは、速すぎては誘導できないし、遅いと持たれてしまいます。タイミングと速さを受けに合わせて調整するところが難しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2016/1/26(火)稽古日誌

2016-01-26 22:27:56 | 合気道

安藤先生 8名(内合宿4名)

1)正面打ち二ヶ条抑え(二) 立/座
 >自分から入って受けを流し回転。
 >二ヶ条を持ちにいかない。親指の付け根ですくうようにして
  下半身の動きで振りかぶり二ヶ条に持つ。
 >前傾して締める。
 >腰の回転で受けを出させ手を滑らせ肘を持ちながら
  大きく回転〜重心の移動で抑える。

2)正面打ち四方投げ
 >最初は挙動を区切って。後半は動作を繋げて。
  止まらない。流れを作る。

3)座り技正面打ち小手返し(二)
 >間合いが大事。受けを流す間合い。やや遠目に。
 >膝を立てながら素早く回転する。
 >小手を持ちにいかない。持ちに行くと体勢が崩れる。
  肘の手で抑えながら前進で小手を引っ掛けるように持つ。
 >軸足をきちんと。
 >小手を下に押さえない。
  受けに向かって押し込むように返す。

今朝はとても寒かったです。足の指がかじかんでなかなか感覚が戻りませんでした。
小手返しは、回転がいまいちもたつきます。もっとキュッと回転しないとですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍本部道場 朝クラス 2016/1/22(金)稽古日誌

2016-01-22 21:01:57 | 合気道

安藤先生 9名(内合宿4名)

1)肩持ち三ヶ条抑え(二) 立/座
 >肩ですりあげ、軸足に乗って内股で入り回転しながら
  切り下ろし、肘に手を滑らせ抑える。
 >手首の曲がりに指の股をあてがい引きながら三ヶ条に持つ。
  しっかり受けの手を返す。
 >上から肘を持ち抑えながら後ろ足から引き、
  向きを変え抑える。

2)片手持ち側面入身投(二)
 >もたせた手を横へ振らない。
  軸足に乗り受けとつながり回転。ラインを決めて抑える。
 >後ろ足を決めて側面からハの字で大きく入り、 
  腰を回し抑え、低く前進して投げる。

3)肩持ち側面入身投(二)
 >腕をやや深く曲げる。角度が片手持ちとは違う。

4)座り技肩持ち二ヶ条抑え(二)
 >肩を密着させ膝のせり出しで締める。
 >回転しながら肘を持つ。

合宿のザンさんは風邪をひかれたらしく今日の稽古はお休みでした。
寒い日が続いています。体調に注意しないといけませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加