teeter-totter

志野の映画やTVや本や旅行や美味しいモノに関する与太話。
日常つぶやきはtwitterです。ブックマークから。

映画「プライドと偏見」

2006-02-08 23:57:15 | 映画
製作年:2005年・英
原作:ジェーン・オースティン
監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ
マシュー・マクファディン
ドナルド・サザーランド
ブレンダ・ブレッシン


18世紀末の英国。賑やかで仲の良い5人姉妹が暮らすベネット家の隣に、資産家のピングリーが越してくる。大人しい長女のジェーンはピングリーと惹かれ合うが、次女のエリザベスはピングリーの親友ダーシーと出逢った時からウマが合わないと感じていたが・・・。

ジェーン・オースティンの名作「高慢と偏見」の映画化。私はこのタイトルがとても好きなので、どうして「プライドと偏見」という一見アンバランスなタイトルにわざわざなっているのか不思議です。「自負と偏見」という訳もありましたよね。どうせプライドという意味あいを解りやすく現代人に伝えたいならこちらにすれば良かったと思うのです。
英国の田園風景と貴族社会、そして気の強い次女エリザベスがダーシーと出逢うことで、感じる階級差への偏見とそれでも押さえられない恋心を、今英国で最も期待される女優キーラ・ナイトレイが演じる。資産家ではないが、生まれ持った凛とした美しさを持つエリザベスは、姉のジェーンの恋を応援したり、妹達の行く末を案じたりと姉妹思いだが、自分の感情を素直に外に表すことが出来ない頑固者でもあった。初めは大嫌いだったダーシーの優しさを知るにつれて、彼に惹かれていくが、たくさんの誤解と偏見ですれ違う二人。
気の強い女性、というのはキャラクターによっては共感するどころかイライラさせられることもしばしば。なので作品を見るまではキーラのエリザベスはどうなんだろう、と思っていました。それが、女性らしい気高さと強さを持った美しいエリザベスの魅力にすっかりやられてしまいました。気持ちは傾いているのに、つい酷いことを言ってしまう、そんな経験のある女性は大共感出来るのではないでしょうか。そしてそんなエリザベスに惹かれるダーシーがまた良い男なのです。寡黙でクールな言動がエリザベスに冷たい人と思われてしまうのですが、寡黙な男は愛情を決して自分から表に表したりはしないのです。エリザベスへの愛を彼女の家族をこっそりと助けることで表すのです。そして、寡黙と言えど、言う時ははっきり言う。一度は手ひどく断られてもめげずに愛を告白するのです。こんな良い男ならいくらでもOKですよ、と映画を見ながら思ってしまいました。
近代英国が大好きなので、風景・生活・会話と見所はたくさんありますが、カメラワークが誰かの目線のようにゆっくりと流れるように動くのが田舎の時間の流れを表しているようです。ロンドンの社交界の賑わしさと比べてみるのも興味深いです。18世紀のふんわりとしたドレスも素朴な感じが良い。モードと無縁の片田舎の暮らしを疑似体験してください。綿のドレスでどんどこ歩いていくエリザベスの自然な美しさがこの映画の一番の見所ですね。
ドナルド・サザーランドの父親がとてもとても良かった。相続とお金の為に従兄弟の牧師の求婚を受けなさいと迫る母親が「断るなら縁を切る」と言うのですが、父親は「断るなら母親と縁を切る、受けるなら私と縁を切ることになるな」とさりげなく娘をかばうのですが、父親の愛情が溢れています。こんな素敵な父親に育てられたなら、エリザベスがあんな素敵な娘になるのもわかります。
音楽も素晴らしいです。
アカデミー賞には主演女優賞・美術賞・衣装デザイン賞・作曲賞にノミネートされています。
レディースデーだからといって、ここまで女性ばかりの館内は初めて!というくらい女性で埋め尽くされていました。ほぼ100%?さすがジェーン・オースティン!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画化「スケバン刑事 コー... | トップ | トリノ冬季オリンピック開幕 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-02-10 20:09:37
こんにちは♪

私も「高慢と偏見」もしくは「自負と偏見」という題名が好きです。

あえて「プライド」とつけたのは意味を分かりやすくしたんでしょうね。

そのためにちょっと品位が下がった??(笑)

木綿の質素なドレスで散歩するエリザベス、好感が持てました。
>ミチさま (管理人)
2006-02-11 18:29:27
コメントありがとうございます☆

そう、なんだかちょっと気高い感じがなくなってしまったように感じますよね(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
バカ一家の結婚戦略 「プライドと偏見」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_love/} プライドと偏見 恋愛においては、プライドと偏見がしばしば邪魔になるっていうお話。 これは私にも心当たりがないでもないで、昔はプライド高く、「好き」とかいう言葉を口にしないで武士のようにしているのがカッコいいと思っていたのですが、
プライドと偏見 (ネタバレ映画館)
 なぜカタカナ英語と漢字?  戸田奈津子先生も頑張ってました。平坦な現代英語なのに無理してカタカナ英語を使わないようにして、気品のある格調高い翻訳を目指したのでしょう。しかし、邦題は後から付けたのでしょうか、戸田先生の努力が報われていません。わざわざ“jea
映画「プライドと偏見」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「プライドと偏見」★★★★ 原作である「自負と偏見」(オースティン著)が大好き。 18世紀末のイギリスの上流階級では女性に財産相続権が無かったということを、まず頭に入れておかねばならない。だから、その時代、女性にとって“結婚”は人生のすべてだった。
★プライドと偏見@池袋ヒューマックスシネマズ:土曜日午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
イギリスの広大で美しい田園に嵐のような雨が降っている。 男と女がふたり、激しい雨に叩きつけられている。 男はこの雨のような激しい胸の内を、今、同じく雨に打たれている美女に打ち明けようとしている。 「貴女とお姉さんは違うが、貴女のご両親と妹さんたちはあまりにも
『プライドと偏見』 (フミセイロのなんちゅうことない日々。)
なぜか英国コスチューム映画大好きのヨメ。オースティンの「プライドと偏見」とくりゃ、行くしかないでしょ!今回のヒロイン役はキーラ・ナイトレイ。旬のオナゴやね。 さて、劇中何が起こるかというと…何も起こらないです。姉妹の結婚話の行方をひたすらみんなで案じる映
ようやく映画鑑賞レポートだああ!! (任務スペシャリスト的ブログ)
皆さん、長~~くお待たせしました。 お待ちかねの映画鑑賞レポートです。本当は、バレンタインの日にめでたくアップする予定でしたが、この案は残念ながら失敗に終わりました…。くっそ~、同情するなら、チョコをくれ・・(←セコイやり方でチョコを巻き上げる腹黒管理人で
プライドと偏見 (まつさんの映画伝道師)
第339回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  人気女性作家は常に時代の先を行く。  それは「流行」という意味ではなく、時代における「普遍性」を先取りするということだ。  もともと作家は「無頼」な存在だった。型にはま.