へなちょこかいご

アルツハイマー型認知症・80代の母との暮らしで思う事

ベタベタハプニング

2016年10月18日 | 日記
母と買い物に行き、途中の用事がある所で一旦降りました。

すると母が、自分のショルダーバッグの内側の布をひっくり返して、

「これ、ベタベタ」

見ると、バッグの外も中もベタベタ。

車の中を見ると、シートもクッションもベタベタ。

その上に置かれた母の財布もベタベタ。

ジッパーつきの内ポケットに入れていた保険証、お薬手帳もベタベタ。

これは…あれだ。

車に乗る前に、自販機で母は飲料を買ったのです。

母の好きな“ネクター”を。

それをバッグに入れたのか?!

缶飲料を入れる程スペースはないのですが。

缶なのでフタがないため、中身がこぼれた…としか思えない。

それに気づいて慌てて出してシートに置いたら倒れてまたこぼれた…としか思えない。

そしてその一連のハプニング中、母は無言。

大きな動作の気配もなく。

運転中なので、騒いでよそ見をさせてはいけないと思ったのかもしれません。



とりあえずバッグをレジ袋に入れ、中身もまとめて置き、スーパーへ。


向かいながら反省しました。

フタつきの飲料にするんだった。



そのベタベタハプニングは、別にいいのです。

イライラも、腹が立つ事もありませんでした。

しかし。

スーパーの駐車場から店内、また車に戻るまでが、ちょっとしんどい。

手ぶらになった母は、

「あら、私バッグは?」

を繰り返す。

「車に置いて来たの?」「家に置いて来たの?」

を繰り返す。



説明が面倒。

汚れたから置いて来た、うん、そう、などと答えつつ

パパッと選んで買って、戻る。


「私、バッグ持って来なかったんだな」

うん。

「何やってんだか。バカになってしまって」




あらら。自虐。

車に乗ると、レジ袋を見つけ、汚れたバッグを出して、ティッシュで拭いていました。



以前つけたシミもあり、古いバッグですが、まだ使えたはず。

でも今回のシミは広範囲に変色していてかなりベタベタ。

ネットで調べると、クリーニング代も高い。


よし、新しいのを買おう。

母がデイの日に、あちこち回って探しました。

4店目で、良さ気な物が。

前のと色も素材も同じタイプだし、それを購入。

2周り程小さいのですが、その方が余計な物が入らなくていい。

財布など中身も入れて、母の部屋に置いておきました。

翌日。

定期通院に出掛ける際、何事もなく新しいバッグを持つ母。

ベタベタハプニングは忘れたとしても。

前のより小さい。

外ポケットの数も少ない。

何より新しい。

そんなバッグの違いもピンと来なかったようです。


途中、きいてみました。

そのバッグ見てどう思う? と。

すると母、しげしげと見た後、

「…何とも思わない」




じゃ、この件はおしまい。




















『介護』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴力の衰え | トップ | 靴も新しくしたけれど »
最近の画像もっと見る

あわせて読む