武士として凛と生きる  真の一分 

摩天楼に浮かび上がる武士の影
刃を抜ずとも 貴方様のココロを刺す
闇夜に光る影は 真の魂なり

紅白

2017年08月05日 | Weblog
夏の紅白と言われてる思い出のメロディー

なかなか面白かったというか、やはり昭和生まれのボクにとっては
昭和歌謡曲は落ち着くわぁ〜


しかし、ついこの前の歌だと思ってた
まつわ とか30年前の歌だって!!!

驚きー!!!



さて、この思い出のメロディー
終わり方が、、、(笑)

どーした?!有働さん!

終わりの時間が足りなかった?


北の蛍でのエンディングから


有働あな、それではみなさんさようなら〜
氷川きよしくん、、え?!って顔
カメラ切り替わりニュース
ニュースキャスターも、、え?!
ってなんとも絶妙な最後の数秒間


いいよ〜とってもいいよ〜


それにしても、ちゃらちゃらした若手が出ない分
何故だかストレスが少なく見えた
それだけ歳取ったって事かな?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに | トップ | 雑感 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL