是々初心忘るべからず

日々思ったこと

淋しい

2017-06-17 21:07:51 | 日記
母の面会に行くと、2週間前よりヨロヨロとしていた。
腰が痛いらしい。

話しかければ答えるけど、あまり喋らない。

私のことは、わからないって。


切ない気持ちになる。
そりゃ元気な頃の母には会いたいよ。
おしゃべりしたり、笑いたい。
一緒に歩いてお出かけしたい。

なんて、センチメンタルなこと考えてもきりがない。
きりがない。
だって目の前に生きている母がこうしているじゃない。
それはいいことじゃない。
病気で苦しんでいるわけじゃない。
それはありがたいことじゃない。



繰り言の帰り道。



一夜明けて。
今朝、母の妹の連れ合い(伯父)が亡くなったという知らせ。

母の妹は40年前に若くして亡くなっている。
40年男手一つで娘(従姉妹)育てた、伯父。

一昨年から、母の兄妹が相次いで亡くなった。
伯父は義理の兄妹であるけど、母の周りから人が亡くなっていくようで、淋しい。


淋しい。


淋しいね、お母さん。


返事がなくても、話しかけよう。
私が誰かわからなくても、話しかけよう。
一緒に笑って写真を撮ろう。

お母さん、死ぬまで生きてください。
私も、死ぬまで生きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 強み (いわっつfull 雑記) | トップ | 友と行く鎌倉 梅雨の一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。