一般社団法人新構造社 広島支部   

新構造展(東京都美術館)に出品する『新構造ひろしま』の会員の活動や応援をします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第87回新構造展 広島支部

2015年10月25日 | 入賞・入選
第87回新構造展広島支部関係分 (平成27年9月)

会 員
文部科学大臣賞         橋 勲
損保ジャパン日本興亜美術財団賞 大島 靖江
三 村 賞            川本 三枝子
可 徳 賞            益村 範子
会 員 賞            松本 千代
会 員 賞            結城 知子
会 員 賞            刀馬 明
ホルベイン工業賞       沖政 長公
東 美 賞            村中 直美
気 生 堂 賞          松前 眞奈美

準会員
奨 励 賞          三戸 捷史  会員推薦
                末村 幸子  会員推薦
                大形 久典  会員推薦

一  般
松田油絵の具賞       村中 恵子  会友推薦
入 選             百本 直子  会友推薦
入 選             末田 初太郎 会友推薦
入 選             長尾 美智子

小品部門
奨 励 賞           橋詰 真由美
奨 励 賞           藤脇 恵実
奨 励 賞           大木 孝子
奨 励 賞           亀岡 早百合
入 選             檜作 麻利子
入 選             川本 敬子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回新構造広島巡回展 新構造社とは

2015年10月22日 | 新構造広島巡回展
第4回新構造広島巡回展 新構造社とは
 新構造社は大正15年(1926年)在野の団体として設立されました。昭和3年には絵画部が加わり,翌年,新構造社立ち上げの中心となる広島の三村英一が出品しました。以降,秋の三大美術展の一つとされるようになりました。以来,戦時下の過酷な状況に耐え,他団体との自主連立などを経て絵画・版画・彫刻・工芸・写真の五部門からなる総合的美術団体となりました。

「美術上の研究並びにその作品発表をもって目的とす。」
「純粋なる在野精神を基調とし,作者の自己完成を図ることに重きをなす。」
「作者は各自の自由な立場をもって芸術探究を行い,イズムに制約されない,作者の人格を尊重する。」
の理念のもとに長い歴史を積み上げてきています。

 この度は,東京都美術館で行われた,第87回新構造展の巡回作品および新構造広島支部の作品を展示させていただきます。ご高覧頂き,ご批判ご意見を頂戴すれば幸甚に存じます。

平成27年10月
一般社団法人 新構造社 広島支部


Shinkouzousha was founded as a non-governmental group in Taishou 5th, 1926. In the year of Shouwa 3rd, 1928, the department of pictures was newly established. Then the following year, Mr. Eiichi Mimura from Hiroshima, who was a main figure for starting Shinkouzousha, sent his work in for the first time. Eventually this came to be, one of the Three Famous Fall Art Exhibitions in Japan.
Enduring the difficult situations during the World War II, Shinkouzousha went through a stressful time. However, we continued our activities, making cooperative efforts with other groups in the form of a self-supporting-coalition. This finally became the general art exhibition group consisting of five departments such as paintings, prints, sculptures, crafts and photographs.
The long history of Shinkouzousha has been built under these philosophies as follows: First we aim at studying fine arts and exhibiting the works as the results. Second we put emphasis on the artists’ efforts to improve their character based on the mental attitude as the pure outsider of the art world in Japan. Third each of us should study and create works as individual beings, who are completely free and independent from any “ism”, and respect each individual’s character.
Here we would like to invite you to view and enjoy seeing the works of the Hiroshima branch members, as well as some of the works from the 87th Shinkouzouten art work exhibition held at the Tokyo Metropolitan Art Museum. We look forward to receiving your feedback and comments if you are able to visit and view our exhibition.
October, 2015
The Shinkouzou , general corp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加