アラフォー発達障害者、母になる。

育児は大変だけれど、カワイイ息子がいるから頑張れる。

発達障害の洗礼再び!!ケアレスミスが目立つ

2016-10-15 17:43:02 | 出産ストーリー
毎日3時間おきの授乳にオムツ替え。
グズったり泣き出したらあやす。

食事をしながら坊ちゃんを抱いたり、

あやす為に部屋の中を歩き回っていたり。

慣れない事だらけで疲れがたまり、授乳が慣れなくて
授乳に1時間以上もかかり(ここまで時間がかかる人は私だけ)
余裕が無くなり、シャワーを浴びる時間もありませんでした。

出産をしてから休む時間が足りません。
帝王切開だから楽なんて事はありませんし、帝王切開の痛みがあっても
坊ちゃんのお世話は休めません。

疲れが溜まり、ケアレスミスが増えてきました。
元々ミスが多い私。疲れているとミスが目立つのです。

土曜日で見舞い患者さんが沢山いる病院。
私は授乳を終え、パシャマの胸元が大きく空いたまま
病院の廊下を歩いてしまいました。(パジャマのボタン閉め忘れた)

あとは、坊ちゃんの検温を忘れたり、
赤ちゃん用の体重計の計りの電源を何度も消し忘れたり、
持ち物を授乳室に忘れていったり、

ミルクを何cc与えたか忘れたり、
保温機にミルクを入れる時に哺乳瓶に自分の名前の札を付け忘れたり、
(幸いどこに入れたか覚えていたので助かった)

授乳室に入ってから手を洗い忘れ、母乳マッサージを忘れ、

先生の検診の時に便秘薬の処方をお願いするのを忘れ、
様々なミスが目立ちました。
(この時は助産師さんが便秘薬の処方を先生にお願いしておいてくださった)

会社でなく給与が発生しないし利益をあげなくていいので
幸いでした。これが会社でしたら、大変な事になっていたでしょう。

助産師さんたちは「桃園さんは真面目で毎日授乳室で緊張していて、ミスが出ているだけ」
と捉えていました。(本当は発達障害特有のミスが目立つだけなんですが)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 助産師さんの提案 | トップ | 発達障害の洗礼を受けるアゲイン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む