ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

対応経絡の診方と「腹七」の使い方 (連載11)(5/23からの臨床実践塾)

2017-05-13 15:11:00 | 診断即治療と虹彩学
今までの「診断即治療」の記事は、 FC2ブログ に移行していきます。

連載  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15)    


腹七の診断



七星鍼法の基礎は、七星論(人体惑星試論)で、身体の各部を七星に分けてあり、痛みの出る部位で、「どの臓腑の異変」というのがわかるようになっています。
ですから、脈診やその他の診断の出来ない人でも、七星論を使うと、それなりの治療ができるのです。

ただし、「肩関節の治し方はこうだ」「膝関節の治し方はこうすればいい」というようなものではありません。
「この関節に症状や痛みがあるなら、この臓腑にも関係している」「この頭痛の原因は肩こりと関係していて、その肩凝りは腎臓が原因の肩凝りだ」というように、深掘りするのが七星論だからです。

そして、その深堀した原因追究から考えて、経絡を選んでいき、一穴鍼法(一つのツボで症状や痛みを取る方法)を使うときは、さらに選んだ経絡から一つのツボを選んで治療するのです。
ただし、一穴鍼法は、それだけで治療を終わるのではなく、パフォーマンス的に使います。
何故なら、一穴鍼法だと戻るのが早いからです。

これから話す症例は、七星鍼法での診断のお話ですが、具体的にはこのように使いますという説明のために話をするものです。

イベントの企画などをされている方ですが、大きなイベントが終わったらしく、体調がかなり崩れた状態でやってきました。

「先生、もうあきませんわ。めまいは出るし横腹は痛いし、ふらふらして辛いです」

といようなことを言っていました。
そこで脈診をすると、「脾虚」が出ていましたので、
「ああ、これならそういう症状が出てもしかたないな」と思いながら、脾虚の説明をしました。

それから、左脇腹の肋間を探ったのですが(脾虚があるとこの部に痛みが出る)、「くすぐったい」と言いながら、体を逃がしていました。
そこで、脾虚(脾臓が弱っている)ことを本人にも気付いてもらうために、上向きに寝てもらい、腹部への七星配置での「土=脾・胃」を押さえました。
すると、顔をしかめながら「痛い!」と言いました。

そこで、対応穴の説明をするために、腹七(腹部に配置した七星)の「地=心包・三焦」も押さえましたら、こちらもやはり痛がります。
その理論は、拙著『人体惑星試論奥義書』に書いたのですが、臓腑には対応経絡というのがあり、片方の経絡に異変が出ると、対応している経絡にも異変が出るのです。
対応経絡は以下のようになっています。

任:督、水:火、金:木、地:土

これを腹部に配置すると、以下のようになります。

腹部七星の配置図(向い合わせところが対応経絡)


それからスカルセラピーで整え、念のために鍼もして治療を終わったのですが、起き上がりながら、その方は溜息をつきながらこう言いました。

「はーー、だんだん生き返ってきました。ハ―!」

脾虚というのは、水=腎・膀胱、金=肺・大腸、地=心包・三焦、火=心・小腸、木=肝・胆が疲れた状態でもありますので、とにかくだるいし、何をする力が出ない状態ですので、その方の言う「生き返ってきました」というのはわかるような気がします。
きっと、イベントの企画から立ち上げまで、寝る間を惜しんで一生懸命にやったのだと思います。
お疲れ様でした。(^-^)







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国経済に減速感、NYダウ22... | トップ | 私に治療を教えてくれた20代... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む