ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

首が痛くてほんとに辛い! (JAAを研究して良かったこと)

2014-06-21 08:42:35 | 診断即治療と虹彩学

明日はJAAの講習会


「首が痛くてほんとに辛い」と訴えるご婦人が来ました。

腰椎後弯がありましたので、生物力学療法で腰椎後弯を調整してからJAA(関節調整鍼)を施しました。

治療が済んで、治療費を清算しているところを私が通ったら、

「先生、すごく楽になりましたわ。気持ちいいです。もうほんとに首が痛くて辛かったんです。病院に行ってもなんともないと言われるし、ほんとにどうしようかと思っていました。ほんとに来て良かったです。私来週も来たほうがいいでしょうか。またも同じようになるのが怖いんです。来たほうがいいですよね!」と機関銃のように話してきました。

「そうですね。首も楽になったと思いますが、目もはっきりしてきたでしょう」と言うと、

「はい。目が明るくなりましたし、まぶたが上がった感じがします。で、私来週も来たほうがいいですよね!」

「そうですね。時間がありましたら来て下さい。今は良くても徐々に戻る可能性がありますので、ちゃんとするまで来たほうがいいかも知れませんね」

「来ます来ます。来週でいいですよね!」と言うので、予約を入れてもらった。

本来、当院では2週間に1度の治療を基本にしているのですが、そんなに言われたら当院の方針も曲げて受け付けなければならないのです。

しかしこの瞬間、JAAを研究していて良かったと思いました。

こんなに喜んでもらったら、鍼灸師として冥利に尽きます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分一人でミニ整体(ふくら... | トップ | イラク国家分裂の可能性強ま... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む