ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

ゴーヤーと心臓・・・臨床連載―45

2005-09-01 09:34:08 | 診断即治療と虹彩学
虹彩分析をしながら、食物の観察をしていると、おもしろいことがわかる。

例えば、先日アップした≪土踏まずと心臓≫に登場して頂いた方は、
心臓への治療で土踏まずの痛みが消えるのですが、心臓の症状のある
人にゴーヤーを食べさすと、


最初は、

「二ガーイ!食べられない!」

と言いますが、二度目には、

「あれっ?以外といけますねー」となり、

そのうち、

「私、ゴーヤー好きなんです!」(o^v^o)

となり、ゴーヤーを食べ続けている間に、心臓の症状が出なくなる。

ただし、ナマのジュースやサラダではなく、火で料理したものです。
ナマでは、苦味が強すぎて、逆に心臓の負担になると考えられます。

そして、虹彩分析で心臓区へのマイナスサインが出ていても、鬱まで症状が
進むと、最初から口にしない人がほとんどです。
(鬱病の人の虹彩には、心臓区や心包区にマイナスサインがあります)


赤色が心臓区、青色が心包区(著作権所有 不許複製転載)


最近の沖縄では、ゴーヤーも水耕栽培をしているようで、先日、沖縄から送
ってくれたゴーヤーは、冷蔵庫に入れて3~4日でドロドロになって、食べ
られなくなっていた。




この画像は、時々画像を貸してもらっている Naoさんという方から借りた
ものですが、こういうふうに育てたゴーヤーのほうが、美味しいし、体にも
いいはずです。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原油相場小休止、NYダウ反発:... | トップ | 風が吹けばおけ屋が儲かる?... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっと来られました (Nao)
2005-09-03 13:21:42
画像使ってくださってありがとうございます♪

ゴーヤ、生のままでも食べたりしてたのですが、

そっか、火を通したほうが良いのですね。

サラダとかでも食べちゃってました。

ありがとうございます (hallick)
2005-09-05 08:52:53
>画像使ってくださってありがとうございます♪



何をおっしゃいますやら、お礼を言うのは、私のほうですよ。

ほんとにありがとうございました。

これで皆さんにも、「いいゴーヤーの紹介ができました。(o^v^o)

ゴーヤーの成分は調べてないのですが、ナマで大量に、或いは毎日継続して食べますと、アク(カリウムやマグネシウム)が強いので、心臓にはマイナスになるはずです。(人体実験もしてありません)



今の人は、「これがいい!」と言うと、毎日でも大量に食べてしまう傾向があるので、このような書き方をしてしまうのです。

あわせて読む