ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

腰痛(腎臓肥大等)の治療 (5)

2007-08-23 12:45:50 | 診断即治療と虹彩学
(1)   (2)   (3)   (4)   (5)   (6)   (7)   (8)   (9)   (10)   (11)   (12)



仁和寺合宿 で何をしようかと夢を見てしまった。(笑)

腰痛や膝痛というのは、鍼灸治療で多く見かける疾患ですし、運動系の治療はその場で結果がわかるので、治療を学び始めた頃には興味深いものになる。

しかし、原因がわからないと治療に時間がかかってしまう。
しかも、患者さんの中には、「鍼は絶対嫌!」という人も少なくない。

私のところも鍼灸専門の治療院なので、予約を入れる時に「鍼灸オンリーですよ」と告げているのですが、来院してから「鍼はダメです。怖いです」という人もいる。\(◎o◎)/!




そんな時は、虹彩を分析したり、脈を診たり、脊椎を診たりして治療方針を決定するのですが、例えば腎臓が炎症を起して腫れている場合などは、生物力学療法という治療法で、2~3分で7、80%を治し、後は骨格矯正や跡の付かない8分灸などで仕上げてしまう。

仁和寺合宿では、このような治療方法を実技で見せるのがいいかも知れない。

臨床実践塾 での実技公開は、即効的な治療法を主体としたマニアックな内容の講習だけに、このような手技による治療はチラッとしか見せない。
ですから、臨床実践塾に参加している方々でも、これなら楽しみながら実技に参加したり、見学したりできると考えた。


ジャンル:
習い事
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広陵監督「判定ひどすぎ」/... | トップ | 大統領の脇腹たるみを修整 仏... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む