ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

膝痛と腰・・・臨床連載―53

2005-09-22 09:58:04 | 診断即治療と虹彩学
膝痛の起る人の多くが腰痛を伴っています。

腰痛を伴う膝痛を治療する時には、 経筋腱収縮牽引 の理論から考えて、腰痛や骨盤の歪みの矯正をして、痛みが消えるのを確認するのですが、腰痛や骨盤の歪みがとれても、膝の痛みが残る場合があります。

そんな時は、痛いほうの足の「崑崙穴」にお灸を2~3壮すると、スッと痛みが取れる場合が少なくありません。


崑崙穴(こんろんけつ)
ツボの取り方は、外側のくるぶし後側と、アキレス腱の後側との中央の凹みです。(多少ずれても構いません)

崑崙穴は、腰痛でもよく使うツボで、腰の痛みが消えたように思えても、腰がまだ完全に修復されてない状態ですと、腰と関係のある症状は消えないので、このツボでもう一度腰を整えるわけです。

家庭で行なうなら、ピッ○エレ○バンのような磁気治療器を使うのがいいでしょう。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原油上げ、米欧株下げる:米... | トップ | 葉鶏頭(はげいとう) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (haitty)
2005-09-24 10:13:48
私の主人も腰がよくないので

これやってみます

磁気治療器はいつも家にありますので

今日からでもできるところがいいですね
haittyさんへ (hallick)
2005-09-24 19:24:41
こんにちは、

お世話になっております。



>これやってみます



嬉しいですね。

試してみて、効果がなければ、これを↓試してみてください。

一般的な腰痛の場合は、このほうが効果的です。

http://www.iris-club.com/menu5.html#hutomomo

http://www.iris-club.com/menu5.html#hutomomo_2

この二つのうちの、痛みのあるほうを選んで、凝りをほぐせば楽になっています。

(人によって、1回でよくなる人もいますが、2週間あれば、たいていの腰痛はよくなっています。

あわせて読む