ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

腰椎椎間板ヘルニア。褒めてあげたいお父さんと娘さん (7/23臨床実践塾予告)

2017-07-18 06:00:04 | 診断即治療と虹彩学
今までの「診断即治療」の記事内容は、今後 FC2ブログ に書いていく予定です。


椎間盤ヘルニア1
これは説明に使うための写真で、ご本人ではありません



一月半ほど前に、「娘が椎間板ヘルニアなんです」と来られた方がいました。
娘さんは18歳ですが、実家を離れて、他府県の専門学校へ通っているとのことだった。
足の痺れが痛々しい感じだった。

椎間盤ヘルニアは、巨鍼を使うほうが短期間に治せるので、巨鍼を使いたかったのですが、18歳で女の子だし、椎間板ヘルニアになる人は、99%甘い物が好きと決まっている。
甘い物を摂り過ぎている人は鍼を痛がるので、泣かれてはこますのです。
そして、甘い物を摂り過ぎている人は、鍼を痛がります。
血液が汚れて組織での代謝が悪いからです。
ですから、手技療法で治療することにしました。

一応の治療が済んでから、家庭療法として「太もも踏み」を教えたのですが、実家を離れているので、それも難しい感じがしました。
そこで、一人で太ももを解すことができる「整体棒」の使い方を教えてあげました。
しかし、当院には「整体棒」の在庫がない。(私の実用新案ですが、作らせてないのです)
そこで、お父さんに、「ホームセンターへ行って、(整体棒を見せながら)こんな感じのモノを作ってあげたらどうですか」と話した。

それから一か月ほどして、再診に来られました。
すると、左足の症状は治まり、左股関節のテストで写真のような動きをさせたら、少し引っ掛かる程度になっていました。
それを見て、「前回の治療効果が良かったのかな、それとも近くの治療院へ行ったのかな」と考えながら、一穴整体鍼をしたら、左の股関節を曲げるときに、外方に逃げていた膝が逃げなくなったのです。

それから用心の為に陰査穴だけ軽く鍼をしたのですが、置鍼している間にお父さんのところに行き、
「娘さんは偉いですねーあの年齢でそこまで努力できる子は少ないですよ。ヘルニアはだいぶいいみたいなので、多分食事もかなり気を付けてくれたと思いますよ。偉いと思いますよ」と言うと、お父さんが、

「ええ、いいみたいです。あの棒を作ってあげたら、毎日やっていたみたいですよ」と言う。

「あ、そうですか。作ってあげたのですか」

「ええ、ホームセンターみたいな所に行って棒を買って来て作ったんですわー」と言う。

嬉しかった。
今どきの家族というのは、距離が離れている場合が多いので、なかなか親子で協力して治療に専念するというのが少ないからです。

「そうですか。でも良かったですねー」という話をしていたら、娘さんの治療が終わった。
お父さんもちょっと調子を崩しているところがありましたので、お父さんの治療をしていたら、着替えを済ませた娘さんがやって来て、お父さんに何か話している様子でしたが、そのままどこかに行ってしまった。(笑)



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五十肩にも一穴整体鍼とコラ... | トップ | 韓国赤十字、8月に北朝鮮へ代... »
最近の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事