ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

下腹(小腹)が痛い・・・臨床連載―51

2005-09-15 09:07:40 | 診断即治療と虹彩学
先日、革靴を履いて何時間も歩き続けたせいで、両足の小趾が靴ずれになり、
晩には、歩くのも苦痛になった。


小趾の先が白くなっていて、皮が浮いている

足の小趾は、膀胱経の経絡が流れています。
膀胱経と腎経は 表裏の関係 にあるので、膀胱経の異常は、腎経にも異常が
出やすくなります。


翌日も歩かなければならなかったので、靴屋さんへ行ったら、こんなのがあ
り、履いてみると具合がいいので、それを買って歩くことにした。


後ろがない靴と草履、あなたなら、どれを買いますか?


歩いていると、足の痛みは楽なのだが、
トイレに行きたいような、行きたくないような感じで、スッキリしない。

家へ帰る途中から、下腹(小腹)が張っていて、喉は渇いているのだが、
お茶も飲みたくない。
が、無理して(?)ビールを飲んだ。


翌日は、朝から下腹が痛いので、脈診をした。
腎虚が出ていたので、復溜に軽く針をしたら、スーッと下腹が楽になって
きて、トイレに行きたいような、行きたくないような感じも取れた。


内踝から、上へ指4本上がったところから、3分の1ほど下がり、さらに
後ろのほうへ、親指1本の幅ほど下がったところが「復溜」です


臨床現場では、直接「下腹が痛い」と訴える人は少なく、
「下痢」、「便秘」、「残尿感」、時々「生理ではないはずなのに、子宮の辺り
がおかしい」と言う場合が多いのですが、下腹は腎経の異常が現れるところ
ですので、四診(望、問、聞、切)やその他の診察で、何が原因かを調べる
必要があります。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空がきれいと空気もきれい | トップ | 膝痛と腸・・・臨床連載―52 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハイカラ (三節)
2005-09-15 15:44:39
このハイカラなぞうり、なんとエドウィンじゃないですか。ジーンズに合うように企画したものみたいですね。外人さんが好みそう。

三節さんへ (hallick)
2005-09-16 09:39:19
えっ!

細かいところまで見ているんですねー。(笑)

確かに、外人さんが好みそうです。

ちなみに、私も外国へ行くと外人ですので・・・。(笑)



でも、これは履けない。

あわせて読む