ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

夏に向けての暑さ対策(妊婦)・・・連載3

2005-06-10 09:10:58 | 診断即治療と虹彩学
体質の弱い人の虹彩

気温が上がってきました。
妊婦さんも夏に向けての対策が必要です。
気温上昇によって体調を悪化させる可能性のある人の特徴は、以下に集約でき、
虹彩の特徴としては、上の虹彩写真のように、大虹彩面が穴ぼこだらけです。

① 心臓系が弱い(心臓・小腸)(←東洋医学理論では心経は夏に弱い)
② 脾臓膵臓系が弱い(脾・膵・胃)(←同様に脾経は全臓器に関係する)

私は、治療方法を、できるだけ「単純化」や「家庭療法化」してしまうのですが、
それは、「治療よりも予防を重視」しているからです。

6月2 日に発売された≪はつらつ元気≫に掲載された「ゆるジャンプ」も、
「簡単過ぎてやる人が少ない」という笑ってしまう欠点があるのですが、試し
てみた人は、その効果にビックリしているようです。


例えば、大腸ポリープのある人が、軽い腹痛のある時、その場で50回ほどジ
ャンプすれば、痛みが消えるので、不思議に思うらしい。
しかし、その裏には、ちゃんとした理論と臨床と実績があるのです。

「夏の暑さを乗り切る」方法ですが、これも簡単に言うと、夏に強い人の真似
をすればいいわけで、夏に強い人の行動を観察しますと、以下に集約できます。

① 夏でも、好んで熱いのを食べる(体温と外気温の差が少ないので疲れない)
② 甘い物や果物をあまり食べない(体内を冷やさない、血液を汚さない)
③ 穀物が好き(体温を一定に保つ働きがある)
④ よく汗をかき、塩気をよく摂る(古い塩を排泄して新しい塩を入れる)

これらを実行するのですが、特に大切と思われるのは、①で、これが基本です。
アイス、冷たい飲み物、冷麺、冷や麦、冷や素麺、を食べると、体温と外気の
温度の差をコントロールするために、余分なエネルギーが使われるからです。


食事療法については、こちらを参考にしてください。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グリーンスパン議長、再利上... | トップ | 麦茶とハトムギ茶(妊婦)・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ro-rupannnna)
2005-06-10 11:48:31
麦茶は身体を冷やすが、はと麦茶は冷やさないと聞きました。その違いはなんでしょうか?(昔から夏に麦茶が飲まれていたのはそのせいだとも。)

ro-rupannnnaさんへ (hallick)
2005-06-10 18:27:54
こんにちは、

これは、とても大切なことで、記事として投稿したいと思いますので、

そちらのほうを参照頂けないでしょうか。

あわせて読む