ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

関西老舗の中堅事務用品メーカーL社株主総会風景(スケッチ&コメント)

2017-05-26 10:19:03 | スケッチ

L社株主総会風景

江嵜企画代表・Ken


創業昭和13年(1938)の事務用品メーカー、リヒトラブ社の株主総会が5月25日(木)午前10時から大阪市内農人橋ふもとにある本社ビル会議室で開かれ楽しみにして出かけた。会場の様子をいつものようにスケッチした。

当社は平成29年2月決算で売上98億円、営業利益3.8億円、純利益2.1億円、黒字転換した。製品原価率が改善する一方、新製品の開発努力が実った。新製品の「スタンドペンケース」が「2016年度日本文具大賞」優秀賞を受賞、メディアにも注目されたと説明した。

株主総会出席者にお土産に当のペンケースとクリップケースが配られた。スタンドペンケースは読んで字のごとく「立つ」ペンケースである。「ケースのキャップは、クマ、柴犬、黒猫など動物の顔で出来ている。ペンが15本入る。本体はシリコーンゴムでできている。上から押すとスタンドに変身する。」と配布されたパンフレットにあった。


事業報告などのあと恒例により質問の時間が用意された。この日は、例年、一番に手を挙げ、わが者顔で14~5分延々と質問するおじさんの顔がなぜか見えない。一呼吸おいて筆者が一番に手を挙げた。

当社が平成17年に企業進出しているべトナムについて質問した。配布資料に「海外での人件費は上昇したが人件費等製造コストの優位性は保たれているとある。現在、中学,高校卒の初任給はいくらか」と聞いた。担当役員さんが「大学新卒の初任給は2万3千円です。」と答えた。

2番目に質問に立った男性は「想定為替レートはどうか」と聞いた。担当の役員さんは「前期69期は1ドル=108円、為替は変動がつきものだが、今期70期は、1ドル=115円で想定している。」と答えた。議長は他にご質問はございませんかと促したが手を上げるひとはなくお開きとなった。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 示指が腫れたときの治し方―――... | トップ | NY原油バレル48ドル台へ急落... »
最近の画像もっと見る

スケッチ」カテゴリの最新記事