ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

頭蓋骨療法の治療を受けたほぼ全員が「よく見えるようになった」と言う  体験談1 v(^◇^)v

2016-09-02 16:12:21 | 診断即治療と虹彩学
 頭蓋骨療法

 画像をクリックするとユーチューブに転送されます 



気温がちょっと下がったことが原因しているのか、最近急患が増えてきました。
夏の疲れが出やすくなってくる時期ですので、急患が増えて来るのです。

「急患」というのは、多くが心臓との関係が多いものです。
それは東洋医学で考えると、
春は肝臓、
夏は心臓、
秋は脾臓、
冬は腎臓に症状が出やすくなると言われている通りで、ほんとにそのような関連があります。

ですから治療師は、心臓への対処方法も勉強しておく必要があります。
心臓への対処方法というのは、視力とも関係があります。
視力を無理やり臓腑で分けると、
心臓と関係するのは多くが「近視」です。
「乱視」になるのは肝臓に少しだけ問題があるようです。
「遠視」は老眼ですので、動脈硬化と一緒で肝臓と腎臓です。

頭蓋骨療法をすると、それらの臓器も好転させるみたいです。
たとえば、明日か明後日に動画でアップしますが、70前の方で1.2から1.5に視力が上がって眼科医を驚かせた方がいます。

さて、写真の方のお話をしたいのですが、動画で撮影させて頂きましたので、動画で、ご本人の話し言葉で説明してもらう事にしました。





このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米製造業ISM指数予想下回... | トップ | 米8月雇用統計15万1,000 増で... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む