ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

巨針療法での治療期間 (8)

2007-08-27 14:36:24 | 診断即治療と虹彩学
(1)   (2)   (3)   (4)   (5)   (6)   (7)   (8)   (9)   (10)   (11)   (12)



鍼灸学校で習った鍼灸の治療方法は、
① 新患なら3日は毎日通院させなさい
② 3日を過ぎると、一日おきか2日おきに通院させる
③ 少し良くなっても、一週間に二回ぐらいは治療したほうがいい

というものだったように覚えています。
患者さんにすれば、たまったものではない。

私はこの教え方が好きではなかった。
人の時間やお金をこちらの都合で無駄に使わせてしまうと考えるからです。

その教えに抵抗するように、私はず~っと、基本は2~3週間に1回、重症な方でも一週間に1回の治療で対応している。

巨針 を使ってからは、免疫力をかなり高めてくれるので、さらに治療期間を延ばすことができるようになり、一ヶ月に一回の割合で治療に来る人は、更に多くなった。

これは、巨針で治療すると、治療効果の持続性が高いからそのような期間を設けることができるのですが、「鍼が怖い!」という人には、軽い、痛くない方法、或いは髪の毛よりも細い鍼で治療する時もあるので、そのような時には重症でなくても一週間に1回来てもらうことがあります。



東洋虹彩分析マップ(Copyright by Mitsuroku Shinjo,Ph.D.)


更に、 虹彩分析 を取り入れてからは、虹彩写真だけで体の状態を分析し、家庭療法だけで自宅で治療してもらう場合も少なくない。
ただ、虹彩写真やカルテのない方々に関しては難しいので、虹彩写真の撮れるところで虹彩写真を撮ってもらわないと、家庭療法の指導は難しい。


虹彩写真は、関西なら 当院 で、関東なら ヒロ歯科さん で分析用の写真が撮影できますので、体に悩みのある方は一度虹彩写真を撮ってもらったらどうかと思います。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐路に立つ世界と日本の生き... | トップ | TBSスタッフが食中毒=世... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うっひゃ~、ロコツ。。。 (polestar)
2007-08-27 17:24:43
>> 鍼灸学校で習った鍼灸の治療方法は、
>> ① 新患なら3日は毎日通院させなさい
>> ② 3日を過ぎると、一日おきか2日おきに通院させる
>> ③ 少し良くなっても、一週間に二回ぐらいは治療したほうがいい

こりゃあ大変だ・・・。
わたしの知人のお母さんが(85歳)腰が痛くて病院通いしていると聞いたので、西洋医学も悪くないけど針灸ってのもいいかもよ、と話をしたことがありました。
と、いうのも、別の知人が
「最近わたしと相性の良い針灸の先生を見つけた」
と言う話を聞きましたので、そのおかあさんにも西洋医より針灸の方が合うんじゃないかなぁと思ったんです。
相性の良い鍼灸師を見つけた知人に、どれほど相性が良いのかと尋ねたら
「腰が痛くて歩けなくて息もできない時に駆け込むと、息ができるようになって歩けるようになる」
との話・・・おいおい、そこまで酷くなる前になんとかせんかい・・・と思いましたが。

どういう時に西洋医にかかり、どんな時に針灸にかかるのか素人には区別が付かないです。

そりゃあhalick さんが近所に居れば迷わず推薦しますけど、日本中の患者さんがhalick さんの鍼灸院に行くことはできませんから、近くの鍼灸院のうち、どこへ行けばいいのか、どういう時に行けばいいのか、是非知りたいです!

ちなみに・・・知人のお母さんは西洋医学でしか治療したことのない華岡青州の妻みたい人です。
お医者さんの娘なので・・・針灸を奨めるハードルは高そうですが。。。
明治生まれのお医者さんみたい人は、今は西洋医学の現場にはいないかもしれないんですけどねぇ。。。
polestarさんへ (hallick)
2007-08-27 21:08:52
露骨ですね!
この記事はまずかったかな、と考えています。ヽ(__ __ヽ)←反省

でも、ある大きな理由があり、「それでもいいか」と考えていますので、そのままにしておくつもりです。

西洋医学と東洋医学の選択方法で簡単なのが、病院で病気の原因もわからなければ、治療効果も現れないという時には、東洋医学を訪ねたらいいと思います。

それと、運動系医学(腰痛や膝痛や五十肩等)や、生活習慣病に対しても東洋医学は強いので、そんな時は東洋医学がいいと思います。

基本的には、救急を要する病気(酷い事故や感染等)以外は、東洋医学で全て対応できますが、患者さん個人の哲学もありますので、最終的には患者さん個人の判断になると思います。
お返事ありがとうございました (polestar)
2007-09-01 15:22:53
>> 生活習慣病に対しても東洋医学は強いので、
>> そんな時は東洋医学がいいと思います。

素人目にもそう感じます。

西洋医の先生と比べて、社会的地位が低いのは納得いかないなぁ~。
裁判などで平民が納得するような、わかりやすい根拠を提出できないからでしょうね。
polestarさんへ (hallick)
2007-09-03 11:41:02
ありがとうございます。m(_ _)m

そう考えてくれる方がいるだけでいいのです。

たまには私も、こんな↑ことが言えるようになりました。
いろいろコメントを頂いておりますが、出かけなければなりませんので、帰ってからコメントを返させてください。

あわせて読む