ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

禁煙外来ではどんなことをするのですか。スカルセラピーで禁煙補助をできないのですか

2016-10-19 16:46:34 | 診断即治療と虹彩学
ある病院の受付カウンターの横に「禁煙外来」のポスターが貼られていました。
暇だったので、看護師さんに聞いてみました。

「禁煙外来で禁煙できた人はたくさんいるのですか?」

すると看護師の方が答えてくれました。

「ええ、人それぞれですけど、皆さんいいみたいですよ」と言うので、

「そうですか、それなら私もやってみようかなー」と言うと、

「ああ、ぜひやってみてください。カルテを準備しましょうか」と、カルテを準備してくれた。

正直言って、どんなことをするのかわからないし、成功率もわからなかったのですが、言われるままにやってみました。
具体的には、禁煙の補助として、イライラを抑え、タバコが「美味しい」と感じなくする目的で、ドーパミンを分泌させる「チャンピックス」という薬を飲み、一酸化濃度を測定して、禁煙が上手くいってるかどうかを調べます。

カルテを書いた後に「一酸化濃度測定」というのがありましたが、それは酒気帯び運転を取り締まるときに風船に息を吹きかける方法と同じで方法で測定します。
なんとなく楽しいですよ!

その数値を見たときは、すごく興味が湧きました。
数値化されたら変化がわかりやすいからです。
私の数値は「34」だったと思います。
で、タバコを全く吸わない人は、0~6ぐらいです。

そして、看護師さん曰く、「おっしゃる通りの数字が出ていますね」だって!

それから2週間後に再検査があるのですが、その時は「13」でした。
そして2か月後の数値は「6」でした。
「6」とは、非喫煙者と同じ数値です。

いくつになっても褒められるのは嬉しいものです。
これがあるから張り合いがあって頑張れるのだ、と思いました。
しかし、残り一回でおしまいです。
ちょっと寂しい気もします。(゚c_,゚`。)プッ

しかし、これで禁煙が成功したなら、どこにでも行けるので、世界が広がる感じがします。
上本町の近隣で、禁煙をしたいと考えている方いましたら紹介しますよ。
そして、私も一緒に着いて行くので、数値の変化を見せてください。(笑)

それは冗談ですが、最近スカルセラピーのセラピーで、「これは脳幹に働いているのではないか」と思われるような方法がありましたので、今度の臨床実践塾でちょっと話してみて、興味がある人がいたら試してみようかと考えています。






このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NYダウ、米企業業績堅調を材... | トップ | 米原油在庫が増加予想に反し... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む