ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

スカルセラピー(Skull therapy by myself)  「指紋が見える!」 体験談3

2016-09-04 08:12:04 | 診断即治療と虹彩学
指紋が見える


 画像クリックで「ご本人の体験談」が見れます 



この頭蓋骨療法は、いろいろな治療法やテクニックが混ざっていて、「頭蓋骨の部」だと、頭蓋JAA、クラニオセイクラル、クラニアルテクニックなどが主になります。
このようになると、名付けに悩みます。
他の治療法の名称を使うと問題があるし、他の治療法と混同させてご迷惑をかけてもいけない。

それで、そのままの名称として今日まで「頭蓋骨療法」と呼んでいたのですが、どうも「オジン臭い」感じがして好きになれませんでした。(笑)
そこで、「Skull=頭蓋(ずがい)骨、どくろ、(知力の意での)頭、頭脳」を、治療する療法という意味で「therapy=療法」とし、二つを合わせて「Skull therapy」(スカルセラピー)と呼ぶことにしたわけです。

幸い「スカルセラピー」とネットで検索してもヒットしませんので、ガチンコする可能性もありません。

そして、スカルセラピーを使って毎日治療しているのですが、私個人としてはかなり納得しています。
スカルセラピーの治療を受けた方々が、興味深いことを言ってくれるからです。

たとえば、きょうの動画の方は、強い近視の方ですが、「目を離しても自分の手の指紋が見える」と言い、「メガネをしていると違和感があるので、メガネをはずしたほうが目が楽です」と言っていました。
そして予約を取るためにカレンダーを覗きこんでいたのですが、メガネを跳ね上げて、カレンダーを見ていました。

お店をやっているのですが、遠慮深い方です。
「顔出しNG」ではなかったのですが、お店に当院と同じ業種の方も来るだろうから、その方々の気分を害したそこのお店に来なくなったらいけないと思い、顔は映しませんした。





このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八角墳について:講師:歴史家... | トップ | 世界が360°変わったような感... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む