ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

腰痛と隠れ脳梗塞・・・臨床連載―10

2005-07-17 12:20:39 | 診断即治療と虹彩学


先日、この「画面」に異常が発生しましたが、gooブログのスタッフの方々の指導
により、正常に戻りました。

この場を借りて、gooブログスタッフの方々にお礼を申し上げます。
gooスタッフの方々、ありがとうございました。

また、見えにくい画面を、皆さんにお見せしたことをお詫び申し上げます。
閲覧して頂いた方々には、大変申し訳ありませんでした。



上の虹彩写真を見て頂きたいのですが、この方は一週間前に、「腰痛」を主訴に
初診で来られた方です。

その時は、治療直後はいいのですが、数分で再び腰痛が出るので、一瞬、私の
記憶にある「潜伏した重病」(ガンや脳出血)を想像しました。

*巨針で取れない腰痛は、多くがガンや脳梗塞でした。


しかし、病院でも検査しているとのことでしたので、そのまま検査結果を観て
から治療方法を検討することにしたのです。

そして、それから一週間して来院した時、

「病院での検査は、何もありませんでしたが、腰痛は治っていません」

と言うので、 虹彩分析 の結果に従って治療をしました。


治療は、前面への一般的な経絡治療と、背部への 巨針。
そして、百会に多壮灸をしたのです。




腰痛が取れました。
時間が経過しても再発しないようでしたので、治療は終わったのですが、本人
に「原因と治療」の説明をしなければなりません。


ここは辛いところです。


何が辛いかと言うと、虹彩分析で「隠れ脳梗塞」の話をしなければならないか
らです。


「脳神経専門の、 眞田祥一先生 によりますと、隠れ脳梗塞はめずらしいもので
はなく、40代で4人に1人、50代で3人に1人、60代で2人に1人、70代
では、ほぼ全員が隠れ脳梗塞と言うのですから、あまりびっくりする必要はな
いのですが、虹彩分析の結果からしますと、隠れ脳梗塞の可能性が高かったの
で、頭にお灸をしたのですが、これで腰痛が治るということは、やはり隠れ脳
梗塞を疑わないわけにはいかないのです」

「ええ、私・・・、手も足も何ともないのですよ!」

「そうですよ、脳には、いろんな分野がありまして、手足を動かす運動分野で
脳梗塞が起ると、手足に影響が出るし、言語中枢に梗塞が起れば、言葉がスム
ーズに出なくなるのです。ですから、腰と関係する腎臓や肝臓や腸や婦人科、
あるいは腰の筋肉や腱などに関係する分野で梗塞が起ると、腰痛が出るわけで、
脳梗塞になって腰痛が発生した人は多いのですよ」

「ええー、どうしましょう!病院で検査を受けたほうがいいでしょうか?」

「検査を受けるのはいいのですが、2~3週間前から急に腰痛が酷くなったこと
からしますと、多分、脳梗塞をしたみたいですね、と言われて、降圧剤はすで
に使っているので、脳循環代謝改善薬とかを出されるぐらいだと思いますよ。
でも、私としては、病院で検査を受けてもらったほうが、安心ですけど・・・」

「どうしましょう?」

「ですから、別に慌てる必要はないんですよ、脳梗塞が起っているとすれば、
2~3週間前の話で、今の状態で落ち着いているわけですから、これからは動脈
硬化の予防と治療を兼ねて、前回話をしたミネラルスープや納豆などを食べて
いれば、それでいいですし、その腰痛は頭のお灸で治ることもわかったのです
から、それでいいじゃないですか」




帰る前には、一生懸命に食事療法の話を聞いていた。


このタイプの腰痛は、非常に稀に診る腰痛です。
これを、一般的な腰痛と間違って鍼灸治療だけで治そうとすると、今度は大き
な脳梗塞を起すことになるかも知れないので、ちょっと怖いです。

かと言って、病院へ行っても、多くが投薬だけの治療になってしまいますので、
この段階での病院は、あまり意味のあるものではないと考えています。

病院へ行くよりも、家族に「豆腐シップ」のやり方でも覚えてもらったほうが、
よっぽどいいと私は考えています。




虹彩占いの器械の看板広告に使われている虹彩分析図は、当方に無断で使用されたもので、当方とは一切関係ありません。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イベントの準備・・・臨床連... | トップ | 住吉宮町遺跡のヒマワリ(ス... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰しています。^-^ゞ (sora)
2005-07-18 10:48:49
暑くなりましたねぇお元気ですか...

最近 起きると歩く時足の裏が痛い感じがする。

何処か悪いのかなぁって...

そうだハリックさんにとやって来ました。



豆腐シップチャンとメモしました。
あー、こんにちはぁ (hallick)
2005-07-18 13:36:52
soraさん、こんにちは、

ほんと暑くなりましたよねぇ、

景色の撮影も暑い時は、カメラも可哀相のように思うのではないでしょうか。(笑)



私は、研究会や講習のための資料作りと、講演のためのパワーポイント映像作成で、頭まで暑くなっております。(笑)



そんな時、清清しいsoraさんが訪ねて来てくれたら、嬉しい!



>最近 起きると歩く時足の裏が痛い感じがする。



多くは、腎臓に疲労が起って、血液循環が良くない状態の場合に起る症状です。

睡眠中は、脈拍も落ちますので、余計に血液循環が悪くなるからですが、起きて2~3歩も歩けば治るようでしたら、「腎臓の疲労」と考えて間違いありません。

原因は、多分、多分ですが、暑くなったせいで、冷たい飲み物が増えて、腎臓を冷やしたからか、クーラー等によって冷えたためだと思います。



たまたまですが、きょうか明日の記事に「足」のことを書く予定にしていましたので、そちらの図を参考にされたら、大体の原因が掴めると思います。



http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1c/bb/3e7e6db76ea54bb18105b2d9bcb38ca4.jpg



治し方は、「太もも踏み」か、「足浴」を2~3日続ければ良くなると思います。

太もも踏みは、こちら↓で、

http://www.iris-club.com/menu5.html#hutomomo



足浴は、こちら↓を参考にしてください。

http://www.iris-club.com/menu5.html#asiyoku

ありがとう ^-^ゞ (sora)
2005-07-18 14:09:22
私 クーラー大好きなんですよ。

クーラーの中で扇風機の風あたりたい人ですから...

昼間は一人ですから扇風機だけ...

誰か居ればエアコン付けてその中で 扇風機にあたってます。

夜は 今の所扇風機でアイスノン枕に寝ています。

腎臓の低下なんだぁ

足湯さっそくやってみますね。

生姜買って来なくては....



また 何かありましたら宜しくね。



ハリックさんも 暑いですから無理なさらない様に

ご自愛下さいね。
こちらこそ (hallick)
2005-07-18 23:38:26
soraさんは暑がりなんですねー、

クーラーの中でさらに扇風機とは、



いや、暑がりと言うより、これは贅沢病かも・・・(笑)

冗談です冗談!



soraさんこそ、撮影で炎天下などを歩いて、疲れを出さないように

ご自愛くださいね。

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事